« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月の記事

2018年12月22日 (土)

モリイコ!あらかし隊 8回目

ぐっとさむくなったり、温かい日が戻ってきたり、忙しいですね。
今日は暖かい1日となりました。
モリイコ!8回目のミッションは3つ。
まずは『ミッション1『たき火スペシャル!ファイヤーサークルに大きな火をつけよう』です。
ですが、前日から雨がたくさん降っていたので、半ドラに火をつけました。
たき火台では火を起こしたことのある子どもたち。とっても大きな木につけることはできるでしょうか?たき火に必要な物は?と聞くと「木」「マッチ」「うちわ」などポンポン出てきました。
帽子と軍手をして、大きなたき火にみんなでチャレンジです。
リーダーを決めなくても、自然と3年生がリードしてくれました。
『スギの葉を持って、ここに火をつけた方がいいよ。』と体調が何も言わなくてもアドバイスが飛び交います。

Pc221574

みんなで協力して、火をおこしたらあっという間に大きな火をつけることができました。
このみんなの火を使って、焼き芋を焼きます。まずは、灰を温めてからではないとお芋は入れられないので次のミッションへ。

Pc221582

ミッション2『森をプレゼントをしよう!』です。言葉だけ聞いても??という表情。
クリスマス前なので、森の素材(木の実、枝、葉っぱなど)を小さな瓶に入れて、プレゼントを作りました。まずは、材料探し!森の中へ探しに行きました。
今の森はたくさんの実がなっていて、赤い実や紫の実、青い実などいろんな色の実を見つけました。人気だったのはとても色のきれいなムラサキシキブと、森のスーパーボールです。

Dsc_0810

森のスーパーボールは、ジャノヒゲの実で青色をしています。皮をめくると、半透明の実が出てきます。その実を固い道に落とすと跳ねるのです。青色の色がとてもきれいだし、遊べる素敵な森の遊び実です。ジャノヒゲは細い草で集まって生えるのでモシャモシャしています。その草をかき分けて探すのも、おもしろいですよね。

Dsc_7568

森のいろんなところをよく見ている子どもたちなので、冬なのにセミの抜け殻を見つけました。同じ道を歩いているのに全く気づきませんでした。すごいです!

Dsc_7573_3

材料をとってきたので、瓶に森を詰めました。きっちりレイアウトを考えて作成する子、お気に入りの実を入るだけ入れる子、水草が浮いていたのを見つけて水槽のそうな瓶を作る子。どれも個性的で素敵なものが出来上がりました。

Dsc_0828

できあがったら、ラッピング。
協力して、仕上げていきました。

Pc221626

誰にあげようかな?メッセージを書いているときが一番真剣でした。
帰ってからちゃんと渡せたかな?

お昼ご飯をモリモリ食べて、みんなで鬼ごっこをしました。
お昼からはまず、お芋の準備をしました。新聞紙でお芋をくるんで、水につけて、アルミホイル!温まった灰の中に、入れました。1時間くらいかかるので、次のミッションへ。

Dsc_0877

お昼からはミッション3『森にプレゼントをしよう』です。

モリイコ!でお世話になっている森へのプレゼントは『落ち葉かき』です。

落ち葉かきをすると、たくさん積もっていた葉っぱがなくなり、地面に光が当たります。その地面から眠っていた植物たちが芽を出し、育ってきます。草や花が育つと、バッタやチョウチョが来て、バッタを食べるカナヘビやカマキリが来て、カナヘビを食べる鳥が来てと、とても生き物が増えていくのです。

このことを子どもたちに説明してから落ち葉かきを行いました。

この河辺いきものの森は、ちょうど20年前から里山保全をしている森です。
木を伐ったり草刈りをしたり、落ち葉かきをしたりといった保全作業を続けていることで、こうやってモリイコ!でも虫を掴んだり、カラフルな実がたくさんなっていろんな活動を行うことができています。

すぐに落ち葉かきをするのではなく、前回も登場したフクロウ長老からお手紙が!

森の中に隠してある落ち葉かきのアイテムを探しに行くミッションを与えられました。今回は子どもたちだけで、森へ回ります。いつもは隊長しか持たない無線を持って森へ出発!

Dsc_0906

無線がうれしくて、何でも気になったことを話したくなっていろいろ報告してくれました。

Dsc_7658

途中で不安になったら、場所確認。
どの班もアイテムを全部見つけて、集合場所に来てくれました。

Dsc_7656

Dsc_7670

落ち葉かきの場所へ行き、落ち葉かき開始!

地面がしっかり見えるまで、落ち葉をかきました。なかなか地面は見えてきません。何回も何回も落ち葉かいて集めました。集めた落ち葉は『カブトムシのベット』へ。この場所に落ち葉を集めて腐葉土にしています。

 

Dsc_0938

隊長来てと言われて見に行ってみると、白い繊維のようなものが!よ~くみないと気づかないので、見つけた子どもはすごいです。子どもにこれ何やと思う?と聞くと、『根っこ』という答えが。これはキノコの菌糸でした。落ち葉を分解してくれる菌糸!落ち葉をかいてみないと見えない世界を見ることができました。

Dsc_7696

Pc221693

最後に焼けたお芋を食べて終わりました。
早いものでモリイコ!も残り2回です。今日で2018年の活動はおしまいになりました。

次回は1月!元気いっぱいのみんなに会えますように。

それではみなさまよいお年を!
にしむら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月16日 (日)

モリイコ!ならがしわ隊 第8回目

寒い日が続いて、今日はぐっと冷えた朝になりました。
霜が降りていて、落ち葉がパリパリに。
テントの屋根に溜まっていた雨水が凍っていました。

Dsc_7190

いつものミッションは森へ探しに行きますが、隊長の服の中から飛び出してきました。
ミッション1『たき火スペシャル!ファイヤーサークルに大きな火をつけよう』です。
おやつの焼きいものために火をつけます。

今まで、たき火は2回してきましたが、たき火台以外のところに火を起こすのは初めて!
しかも、みんなの足の太さより太い木に火をつけることに。
たき火に入れる順番は?と聞くと、スギの葉、小枝、ちょっと太い枝、大きい枝とポンポンポンと出てきました。さすが、モリイコ!隊員です。

マッチで火をつけるときも、木を持ち上げたらいいんじゃない?と意見が出てきて、協力体制がしっかりとできていました。

Dsc_7216

マッチの火が、スギの葉、小枝、ちょっと太い木に順番に火がついていきました。
白い煙が出ていたら、酸素不足なので、うちわで扇ぎます。
みんな同じ方向から扇ごう!と隊長が言わなくても声が出てきました。

最後は大きな木につけることができました。
焼きいものためにはもっと燃やして灰を熱さないといけないので、次のミッションに進みます。

Azds_3811

ミッション2『森をプレゼントをしよう!』
言葉だけ聞くと、森をどうやって?と子どもたちの頭は?でいっぱい。
クリスマスも近いので、森の実や葉っぱ、枝などを瓶の中に入れてハーバリウムをプレゼントにします。子どもたちはハーバリウムはわからなかったみたいですが、最近流行っています。ハーバリウムはもともと植物標本で、専用のオイルに実や葉っぱを浸けることで色や形が長持ちさせることができます。

説明の後、森へいきました。前回のモリイコ!で実を探しているので、実を見つけるのはおてのもの!木になっている赤い小さい実、たくさんの草の葉っぱの下にある青い実、かわいい小さい草やハートの葉っぱなどたくさん拾って瓶に詰めました。

Dsc_7258

実が高くて手の届かないところは背の高い小学生の子が手伝ってくれていました。回を重ねる毎に子どもたち同士の助け合いが増えてきて嬉しく思います。

Dsc_7254

あの実がほしい!と自分達で考えて、長い枝を持ってきました。無事実をとることができました。苦労してとった実はお気に入りの実になったとおもいます。よく足下をみると同じものが落ちていましたが、同じものでもこれ!という輝いているものがあったのかなと感じました。

Pc161404

瓶の中に森を詰めます。葉っぱをちぎって、スノードームのようにする子や、実と枝の配置をきっちり考えて詰める子などどれも世界に一つだけの素敵なものになりました。

Dsc_7284_2

プレゼントなので、渡す相手を考えます。家族のみんな、お父さん、お兄ちゃん、弟、妹、一人にしか渡せないのでうーんと時間をかけて考えている子もいました。メッセージつきです。お家に帰って渡せたかな?

Dsc_7293_2

お腹もペコペコになってきたので、お昼ご飯です。
大きな声でいただきますをしたあと、もりもりお弁当を食べました。

お昼からはまず、焼きいもの準備!
お芋を切って、新聞紙で巻いて、お水へ、アルミホイルを巻いたら準備完了!

Dsc_7318

みんなで一斉にお芋を灰の中へ入れました。
1時間くらい灰の中でじっくり焼きます。

Dsc_7325

お昼からはミッション3『森にプレゼントをしよう』です。
森にプレゼント?今日のミッションは??がいっぱいです。

モリイコ!でお世話になっている森へのプレゼントは『落ち葉かき』です。

落ち葉かきをすると、たくさん積もっていた葉っぱがなくなり、地面に光が当たります。その地面から眠っていた植物たちが芽を出し、育ってきます。草や花が育つと、バッタやチョウチョが来て、バッタを食べるカナヘビやカマキリが来て、カナヘビを食べる鳥が来てと、とても生き物が増えていくのです。

このことを子どもたちに説明してから落ち葉かきを行いました。

この河辺いきものの森は、ちょうど20年前から里山保全をしている森です。
木を伐ったり草刈りをしたり、落ち葉かきをしたりといった保全作業を続けていることで、こうやってモリイコ!でも虫を掴んだり、カラフルな実がたくさんなっていろんな活動を行うことができています。

すぐに落ち葉かきをするのではなく、前回も登場したフクロウ長老からお手紙が!

森の中に隠してある落ち葉かきのアイテムを探しに行くミッションを与えられました。今回は子どもたちだけで、森へ回ります。

Dsc_7338

隊長がいないのは初めてなので、ドキドキしながら森へ向かっていました。班ごとに違う場所を指定しているのに、全班同じ方向へ・・・

出だしは心配でしたが、無事全班アイテムを見つけることができました。

Dsc_7343

 

Pc161470

落ち葉かきの場所へ行き、落ち葉かき開始!
地面がしっかり見えるまで、落ち葉をかきました。なかなか地面が見えてこない~と言って頑張っているとそこには冬眠していたカエルがいました。落ち葉の下は暖かいのですね。
保全作業ですが、普段使わない道具と目に見えて葉っぱが溜まっていくのが面白くて、袋はすぐいっぱいになりました。何回も何回も落ち葉を集めました。集めた落ち葉は『カブトムシのベット』へ。この場所に落ち葉を集めて腐葉土にしています。

Apc161509

落ち葉を入れている袋は『いじこ』『つんだめ』『ひっこ』など地域によって呼び方はさまざまですが、昔使われていたもので、もみがら入れにしたり、薪を入れたりしていたものだそうです。実際使われていた方にお話しを聞くと、赤ちゃんのときや小さいこどものとき、親御さんが田んぼ仕事の時期は、中に入って田んぼに連れていかれたそうです。ゆりかごのようなものだったかもしれませんね。

モリイコ!隊員もこのとおりすっぽり入れます。
入って遊んでいました。小さいところにはなぜか入りたくなりますよね。

Pc161526

落ち葉かきも頑張ってくれたので、落ち葉で遊びました。
みんなでベットを作るぞ!と決めて、落ち葉を集めてベットにしました。
まだや!まだや!と竹で叩いてみたり、フカフカになるようにこだわっていました。

Pc161560_2

最後はホクホクとろとろの焼きいも食べて終わりました。
体を動かしたあとの焼き芋はいつもよりおいしいね。

Dsc_7446

早いものでモリイコ!も残り2回です。今日で2018年の活動はおしまいになりました。
次回は1月!元気いっぱいのみんなに会えますように。

それではみなさまよいお年を!
にしむら


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月15日 (土)

モリイコ!こなら隊 第8回目

朝からあられが降ったりと、凍えるような寒さの中、今月のこなら隊の一日が始まりました。

今日のミッションは隊長のお尻ポケットの中に!
いつもとは違うミッションの登場の仕方に戸惑いながら発表されたミッションは「たき火スペシャル!ファイヤーサークルに大きな火をつけよう」

これまでにモリイコでは2回、たき火をしてきました。
でも、それはいつも焚き火台を使ってのたき火。

今回は焚き火台よりももっと大きな火をつけます。
本当はセンターの前のファイヤーサークルに火をつけたかったのですが、あられも降る中だったので、ドラム缶を使って、大きな火をつけました。
焚き火台は空気が入りやすいように設計されているので、いつもよりちょっと難しいですよ!

たき火のやり方覚えてる?と聞くと、「覚えてる!」と、とても良い返事が帰ってきました。
じゃあ、余裕かな?と思っていたのですが、いざ、ドラム缶を目の前にすると、…といった様子。はじめに火をつけていたのは何だったっけ?と聞いても返事が帰ってきません!

少し心配になりましたが、だんだん思い出してくると、準備はあっという間。

Zds_3444

ちゃちゃっと、杉の葉っぱの上に細い枝から太い枝まで積まれて行きました。

そして、着火!

Dsc_6949

まずは火ばさみ部隊がマッチから、杉の葉っぱ、枝と上手に火をパスできるようにサポートしてくれました。
そして火がだんだん大きくなってきたらうちわ部隊の出番!と交代交代しながらどんどん火を大きくしていきました。

Pc151320

火が大きくなってきたところで薪も投入

Zds_3497

最後はうちわ部隊が力を合わせて薪にもバッチリ火をつけることができました。
無事1つ目のミッションをクリアすることができたので、今日はおやつに焼芋を食べることができます!
でも、そのためにはもっと燃やして灰を熱さないといけないので、次のミッションに進みます。

次のミッションは「森をプレゼントしよう!」

こどもたちは口々に「森を売るってこと!?」
「え?森”に”プレゼントしようの間違いちゃうんー?」

どういうことかというと、森の素材で手のひらサイズのハーバリウムを作ります。
ハーバリウムとは、最近インテリアとして流行っていますが、もともとは植物の標本のことです。専用のオイルに実や葉っぱをを浸すことによって普通はすぐに形や色が変わってしまう植物を、長持ちさせることができるのです。

今の時期の森はカラフルな実なんかもたくさんあるので、小瓶の中にそんな今の森を詰め込んで、誰かにプレゼントしよう!ということです。

ミッションの内容を聞いて誰にプレゼントしようかなー?と考える子どもたち。
パパにあげる!という子や、お兄ちゃん、サンタさんや自分にあげる!という子もいました。

森へ行くと、赤や紫、ドングリなどいろんな実を次々と見つけていました。

Zds_3527

前回のたんけんで鳥の気持ちを手に入れたからか、隊長が言わなくともたくさん実を見つけられていました。
他にも枝や、「森といえば苔やろ~」といって、苔を集めたり。
隊長たちもどんな小瓶が出来上がるのかわくわくしました!

とってきたものたちを小瓶に詰め込んで行きます。

Zds_3549

実をプカプカ浮かべたり、バランスを考えながら順番に入れたりしていきました。

そして、オイルを入れたら最後はラッピング。

Zds_3547

この辺は押さえておいたり協力しながら、素敵な贈り物を仕上げていました。


森のプレゼントが出来上がったところでお昼ごはんを食べて、ずっと待ち遠しかったおやつの準備。

灰を混ぜるのもみんなが手伝ってくれたので、バッチリお芋を焼く準備が整いました!

Pc150150_2

お芋をそのまま焼くと丸焦げなので、濡らした新聞紙とアルミホイルに包んで熱々の灰の中へ並べました。後は1時間ほど待てば焼芋が完成するはずです!

焼けるまでの間はまた新たなミッション。
お次は「森にプレゼントをしよう!」
今度は森にプレゼント!一体何をするのでしょう。

この河辺いきものの森は、ちょうど20年前から里山保全をしている森です。
木を伐ったり草刈りをしたり、落ち葉かきをしたりといった保全作業を続けていることで、こうやってモリイコ!でも虫を掴んだり、カラフルな実がたくさんなっていろんな活動を行うことができています。

今日はそんな保全作業の中の一つ、落ち葉かきをすることで、森にプレゼントをします。
まずは落ち葉かきをするとどうして森の保全になるのか、隊長と一緒に考えていきました。
そして、どうやって落ち葉かきをするのか教えてもらい、さて落ち葉かきだ!といったところである人(?)から手紙が…

手紙の送り主は前回も登場した森の長老。

Zds_3633

なんと、落ち葉かきの道具たちは森のなかに隠されているので探してほしいとのことでした!

班に分かれて地図を頼りに道具を探しにいくこどもたち。
今回は隊長はついていかずにこどもたちだけで森の中へ出発しました。

早速真逆の方向に進む班もいたので心配しましたが、無事どの班も道具のところまでたどり着くことができました。

Zds_3641

Dsc_7086



どの班も道具を見つけてくることができたので、みんなで揃って落ち葉かきに取り掛かりました。

Zds_3662

森を守る保全作業ですが、落ち葉かきなんかは落ち葉を集めていくと、どんどん見えてくる土や集まる落ち葉が面白かったり、体を思い切り動かして作業できるので結構楽しいです。
こどもたちも張り切って作業していました。

Pc150188

集めた葉っぱはこの地域では「つんだめ」などと呼ばれるわらのかごにどんどん入れて運びます。

運んだ先は竹柵の中。

Zds_3715

この森では「カブトムシのベッド」と呼ばれて、この中に溜まった腐葉土はいきものの住処になったり、畑の肥料になったりしています。

あっという間につんだめ10杯くらいの落ち葉を集めることもでき、そろそろ焼芋もできあがる頃なのでお片付けをして、センターに戻りました。

結構大きなお芋を1人1個焼いて、半分は家族の人におすそ分けで持って帰りました。
さすがにおやつで食べるのは残りの半分を、さらにもう半分くらいにした量で十分かと思っていたのですが、ほぼみんな、ぺろりと平らげてしまいました。

Zds_3771

思い切り体を動かして作業した後の焼芋の味は格別だったんじゃないかな?

今日も盛りだくさんの一日でしたが、今年度のこなら隊も残す所あと2回。
そして2018年の活動はこれでおしまいです。来年も元気なみんなに会えるのを待っています。良いお年を!
次は来年の1月19日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 2日 (日)

モリイコ!Sくぬぎ隊 第8回目

今日は朝からスカッとした晴れ間が広がりましたが、気温は低かったですね。

10時頃にはだいぶ暖かくなったので、モリイコ日和となりました。

先月の終わりくらいから河辺いきものの森のモミジは見頃を迎えました。たんけんに行く前に「モミジを見に行こう」と言っておきました。また、「普段は台風の影響が残っている地区なので立ち入り禁止なんだよ」と言うと、ちょっとだけ楽しみな雰囲気になっていた気がします。

というわけでたんけんスタート。
秋晴れ?と言っていいのかわかりませんが、トレイルからの景色がキレイそうだったので、まずはトレイルへ。

01zds_2920

始まったばかりなので元気いっぱい!あの長い階段も楽しそうに上っていました。
私は下でみんなが降りてくるのを待っていました。「望月隊長~」と声がするので上を見ると、手を振る姿が!
みんながすごく小さくなっているように見えました。

森の中は宝の山です。
いきものは持って帰ってはいけませんが、落ちている実や枝などは持って帰ってもOK
「これパチンコみたい~」と打つそぶりを見せてくれました。

02zds_2967

パチンコの玉は実です。
今の時期は「ジャノヒゲ」という青い実ができはじめているので、がんばって見つけていました。他にもどんぐりがまだ落ちていますね。

03dsc_0531

今日はなかなかいきものが見つかりませんでしたが、一匹見つかりました。
「擬態してた~」と見せてくれました。図鑑で同定したわけではないのでなんとも言えませんが、「キノカワガ」かなと思います。
「どの木が一番(擬態して)わからないかな~」とみんなで考えていました。
前回のモリイコ!Sでカモフラージュゲームをしたからかな?しっかり森を見る目が養われていますね。

04zds_2996 今回の目的地のモミジの林。ちょっと倒れた木が多くて「THE森」みたいな雰囲気になっていましたが、みんなあまり気にしていない様子。桜の木が倒れているのを見て、「台風21号すごかったもんね」とか「いつ台風来たっけ?」なんて話していました。(9月上旬に上陸したんですね。だいぶ昔に感じます…)
そしてキレイなモミジを何枚も拾って見せてくれました。ちょうとオレンジと赤のグラデーションの時期なので、とても見栄えがいいです(単に私が好きな色なだけかも知れませんが)。

05dsc_1211

手に持っているのは椿の実です。開く前に落ちてしまったので、まだ緑色でした。そして、虫があけたのか小さな穴がいくつかあいていました。
「これ顔みたい~(笑)」と見せてくれました。そして次見たときには、髪の毛や帽子までついて、完全な顔になっていました!
子どもの想像力は豊かで、考えもしない方法で遊んでいるところを見ると感心します。いいですよね。

たんけんが終わったらミッションです。
ミッション1は「森に生えている竹を伐ろう」です。河辺いきものの森は保全活動が始まる前までは竹林となっていました。そのため、森の入り口からセンターまで30分もかかっていたそうです。
というわけで、成長の早い竹を森の中に広がらないためにも定期的に切るのですが、みんなにもお手伝いをしてもらうために、竹を伐ってもらいました。

06dsc_0569

竹伐りは危ない作業になるので必ずヘルメットをかぶります。初めてヘルメットをかぶるので、大きい子にはお手伝いをしてもらいました。
そして班に分かれて1本の竹を伐ります。伐る竹は自分達で決めます。どういう竹を選べばいいのかは、クイズ形式で覚えてもらったので、意外とすんなり決まりました。

そしてノコギリでぎこぎこ開始!

07zds_3095

一人では大変な作業でも、班のみんなとなら頑張れる。
「のこぎり曲がってる」とか「ちょっと貸して」とか、協力して伐れていました。竹を倒すときも「倒れるからちょっとどいて~!」と倒れる方向にいる子達にしっかりと声かけしてくれていました。

伐れた竹は班全員で作業小屋の前まで持ってきました。
長いのでとても重たく、全員で持っても大変でした。「おもたい~」なんて言いながら運んできましたが、何とか持ってこられました。
持ってきた後は休憩したいところですが・・・

08dsc_1230
竹の枝払いです。今回伐った竹は、4年生のやまのこ学習の工作に利用します。なので、枝をとる必要があります。枝をとるには、枝の付け根に切れ目をいれて逆側に引っ張るとポキッと簡単にとれます。
枝がとれた後は竹の長さを3mにします。ただ、1本だけ30cmの竹を作りました。この30cmはおやつの前にあるものを作るために使います。

竹の処理が終わったらお昼休憩です。だいぶ寒くなってきたので外で食べたい子は外で、中で食べたい子は中で食べました。

午後からは第二のミッションです。
第二のミッションは「森の枝で柴を作ろう!たき火」です。
内容はいたって簡単。森の中に行ってきて枝を拾ってくるだけ。ただ、自分達でたき火をするのにも使うので、自分達の分も拾ってきてもらいます。

しかし、拾うのに手だけでは柴を作るのは大変です。そこで一輪車を貸すのですが、ただ貸すだけではつまらないので隠しておきました。
まずはそれを探してもらってから枝を拾いに行ってもらいました。

09dsc_0618

一輪車を見つける前にこの時期にしてはめずらしいものを見つけました!
森のアイドル、カナヘビです。もう冬眠していてもおかしくないのですが、まだ動いていました。暖かかったから起きてきたのかな?

10zds_3189

一輪車の在処は地図の切れ端に示しました。地図の一部なので、森の地図と見比べてみんなで探していました。
「こっちの方が近いよ~」とか「こっちであってる」とかの声が森の中に響いていました(笑)
無事見つかったかな?

11dsc_1221

見つかりました!ちょっと難しいかな?と思ったのですが、さすがはSのみんな。バッチリ見つけてくれました。
実は今回のミッションですが、探すものはもう一つあります。それは宝箱です。中にはおやつの引換券が入っています。この宝箱の在処は一輪車に張ってあります。さて見つかるかな?

12pc021199

宝箱を探しながら枝拾い。
たき火に使う枝はどんな大きさかなぁ。と考えながら拾ってくれていれば嬉しいです。太いのだけでは火がつかないし、細いのだけではすぐ消えてしまう。
しかし、しっかり色々な太さの枝を拾ってきてくれました!

13dsc_1259

こちらは「宝箱ゲット!」の写真。この宝箱を見つけるまでには素敵なドラマが。
最初に宝箱を見つけた子が、宝箱を見つけるのを楽しみにしている子のためにあえて見逃しました。すると、楽しみにしていた子が見つけることができました。その後なんと、見つけた宝箱を、見逃した子に「はい!」と渡したそうです。
とても素敵な話ですね!お互いが譲り合って協力して、最後はみんなで「やったー!」が生まれる。そんな機会が多くなってくれればと願います。

14pc021213

枝を持ってきてたら次は柴作り。
紐を下に置いて縛ります。ここも協力して縛ることが出来ていました。
柴が作れたら今度はたき火!前回のモリイコ!Sは一人でたき火をしたので、どの班もぱぱっと火をつけることができました!
みんなしっかりと身についているようで安心しました。

火が炭につく間に今度は30cmの竹を使って串作りです。

15zds_3268

小刀も何度も使っているのでばっちりな串ができました。
これでおいしいおやつが食べられますね!

16dsc_6833

今日のおやつはたき火でウインナー!
串に刺してたこさんウインナーの足が徐々に開いていくのを見ながら焼きます。
「これでいいかな~?」と聞かれたので、「うん。だいじょうぶだよ。もう少し焼いてもいいと思うけど」と言うと、「じゃあもう少し焼こう!」と焼いていました。
おいしそうなウインナーを前に我慢して焼き続けるのは大変ですが、みんな美味しそうなウインナーができていました。
「おいし~」とか「熱いけどおいしい!」。「超おいしい!」など、一人一人表現は違いましたが、どうやらみんな美味しく焼けたようです。

今回のおやつはウインナーだけではありません。
クリスマスも近いのでなんと・・・

17dsc_0752

カップケーキも用意しました!
クリスマス気分を早取りしてくれたら嬉しいです。それにしても、カップケーキを初めて焼いて食べたのですが、かりっとして美味しかったです!

そして最後は年末の挨拶をして終わりました。みんなの顔がたき火で少し上気して赤かったのが、冬の訪れを告げている気がしました。

次回のモリイコ!Sくぬぎ隊は、1月6日(日)です。年明け最初の日曜日なので冬休み中に風邪などひかないように気を付けてね!
さすがに雪は降っていないと思いますが、寒くなっているので暖かい格好で来てくださいね。

それでは、今年も色々お世話になりました。よいお年を!

もちづき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 1日 (土)

モリイコ!Sあべまき隊 第8回目

寒い日が続いたり、と思えば暖かくなったり。ちょっと体につらい天気が続いていますが、みんな元気に森に来てくれました!

まずはいつも通り森たんけんへ。

01dsc_6338

秋の落ち葉の下にあるモグラの穴を発見!葉っぱの下に隠れているのに見事見つけ出しました。
何をするのかと思って見ていると、「モグラさんにあげる~」と小さなドングリを穴に入れていました。「これも!」といたずら顔で言っていたので何を入れるのかと見てみると、石でした。「それはダメ!」と止めて事なきをえました(笑)

秋はだいぶ進んで冬に近づいてきましたが、森の中にはドングリがまだ残っていました。

02zds_2619
「みてみて~」とドングリや青い実(ジャノヒゲ)を見せてくれました。
特にジャノヒゲが人気だったので、手にいっぱい持っているのを見せてくれました。

他にも水辺でカナヘビを見つけたり、作業小屋にもカマキリがいました。まだまだ冬眠していないいきものを見つけられてラッキー!カマキリはちょっと高い場所にいたので届かず、しかしカナヘビは捕まえられていました!

秋と言えば「紅葉狩り」。今年は台風の影響で木がたくさん倒れてしまい、森の中に通行止めがたくさんあります…
しかし隊長がついていたので、特別にモミジの林に紅葉狩りに行きました。

03dsc_6366

モミジがいい感じに色づいていたので「おお~」となっていましたが、ちょっと興味がそこまでないのかな?といった反応でした。
台風の影響で倒れたサクラの木を見た方が「おお~!」となっていました。「これ生きてんの~?」と興味津々。
「まだこの木は根っこが地面についているから、来年は目の前で桜の満開が見られるかもね~」なんて話していました。

たんけんの後はミッションです。
今日のミッションは「森を守ろう!」です。
第一ミッションは竹伐り。生えている竹を伐ります。竹はすぐに成長してしまうので、伐らないと森の中がすべて竹林になってしまいます。
そうならないためにも、定期的に竹を伐ります。

竹の伐り方をクイズ形式で勉強してから行ったためか、みんな上手に竹選びから出来ていました。

伐れた竹は作業小屋の前に持って行って、枝払いをします。

04dsc_6419

「何で後ろオレだけなの!?」と持ち方を途中で変えたり、「これ引っ張った方が軽くない?」と自分たちで色々考えて運んでいました。

05zds_2718_2

作業小屋の前についたら枝払いです。
竹伐りの工程で一番大変なのがここだと私は思っています。枝の付け根をギコギコと切って、ある程度切れたら反対に倒します。するとパキッとキレイにとれてしまいます。
最初の内は苦戦していましたが、慣れてくるとぱぱっとやれるようになりました。

06dsc_1169

枝払いが終わったら竹を3mの長さに揃えます。ただ、1本だけ30cmの竹を作ってもらいました。
太い竹を伐った班はこれが大変そうでしたが、「疲れた~」と切り終わった後はちょと満足そうにしていました。

07dsc_1171

3mに切り終わった竹は、竹置き場に置きます。自分より背の高い竹をがんばって運ぶのは大変そうでしたが、だれからも「手伝って~」という言葉は聞こえませんでした。
モリイコ!Sも8回目ということなので、だいぶ成長したなぁ~と思いました。

08dsc_6450

そして、使った道具の手入れもお願いしました。
ノコギリは使った後に掃除しておかないと、切れカスが溜まってそこからノコギリがさびてしまいます。ちょっと面倒くさそうでしたが、やり始めると楽しそうな顔をしていました(笑)

午後からは第二ミッションです。
次の森を守るお仕事は「柴作り」です。柴は放置しておくと踏んで顔に当たったりするので、回収しています。また、柴はたき火に使えるのでたくさんの柴を作ってもらいました。
ただ、普通に柴を作るだけではつまらないので、道具をかくしたり、おやつとの引換券をかくしたり、ちょっと遊び形式にしました。

09zds_2769

台風の影響で立ち入り禁止ゾーンが増えてしまったので、あまり入らない場所にかくしたため、ちょっと難しめな宝探しになりました。
しかし、みんな見事道具を見つけ出しました!

10dsc_6491

そして一輪車にさらなる暗号が!!この暗号を読み解くことによっておやつがもらえます。
ちょっと暗号が難しかったようですが、気付いた時の「!!」という顔がとても印象的でした。
「ここはあそこだからこっち!」と地図を見ながら元気よく向かいました。

11zds_2786

柴を拾ったり、なぜか竹を拾ったり。
森の中に放置されている切られた竹を持ってきてくれました。「そのうち持ってこないとな~」と思っていた竹なのでとても助かりますm(-_-)m

12dsc_0429

「ここにあった~!」と宝箱を見つけて大喜び。みんなに隠されていた場所を教えてくれていました。
すごく嬉しかったようで「僕が宝箱見つけたんやで~」と違う班の私にも教えてくれました(笑)

全班が揃ったら柴作り。
拾ってきた枝を紐でまとめました。早く終わった班は、他の班を手伝ってもらいました。
そして、せっかく柴を拾ってきたので、自分達でもたき火をしました。

13zds_2844

前回一人でたき火をしたので、どの班もすぐに火がつきました。

14dsc_6593

が、枝を入れすぎてケムリがすごくなっていました。
三人でがんばって扇いでケムリをなくしました。
どの班も火が大きくなり、炭に火がつけられるようになったので、炭に火が移る間に午前中に切った30cmの竹を割って串を作ります。

15zds_2865

小刀も久しぶりではありますが、みんな結構上手に使っていました。久しぶりだったのでちょっと心配でしたが、さすがはモリイコ!Sといった感じでした。

そしてお楽しみのおやつは・・・

16dsc_0487

ウインナーです。
肉汁が落ちるくらいカリカリに焼くのが私は好きですが、みんな(早く食べたい・・・)と思っているようで、「もう食べても大丈夫!?」と何度も聞かれます。生焼けはちょっとまずいので、「ここまだ焼けてないよ」と教えると、え~?と早く食べたそうにしていました(笑)

そうそう今日は12月になり、クリスマスに近いということもありおやつがもう一つあります。

17zds_2907

じゃじゃ~ん!カップケーキです!
「え?焼くの?」と最初は言っていましたが、焼いていました。カップケーキを焼いて食べる機会はあまりないと思うので、みんなの思い出になればいいなと思います。

次回のあべまき隊は、年明けの1月5日(土)です。
もう完全に冬になっているので、体調に気を付けて下さい。

今思い出しましたが、最後のあいさつに年末のあいさつを忘れていました・・・
失礼を承知でここで言わせてもらいます。今年も色々お世話になりました。よいお年を!

もちづき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »