« 2019年1月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年2月の記事

2019年2月23日 (土)

モリイコ!あらかし隊 第10回

 風の強い朝でしたが、快晴の青空の下、第10回(最終回)のあらかし隊が始まりました!今日は、こなら隊の振替えの子もいて、全員で15名と賑やかな活動になりました。
森の中は春の陽気☆暖かくてお天気のよい森は歩いているだけでウキウキします。モリコ!活動では、毎回必ず森たんけんをするのですが、この一年で子ども達の何かを発見する目もレベルアップしました。

Adsc_0288

↑ボロボロななった木を発見。 ↓「この穴なんか、いそう!」とごそごそ。

Adsc_0279

「ハラン」の葉を見つけて、ササ舟作りをしたり、ドングリを葉っぱでくるんで小包にしたり、ふわふわの苔を触って「気持ちいいよ!」と教えてくれたり、次々と見つけて、自分で考えて行動する隊員達に感心しました。

Adsc_0290

みんな仲良しで、誰かが野鳥観察壁に登ったら、「私も!」「僕も!」と気がついたら全員登っていました。高いところからのジャンプも楽しそうでした。

Azds_6659

それから、野鳥観察壁にはカマキリの卵がいっぱい。今日だけでも5個は見つかりましたね。春になったら大好きなカマキリにたくさん会えるかな?

Azds_6647

こちらは、木の根っこで「トランポリン」!!根っこの上を踏むと跳ね返ってくるので、交代で何度も遊びました。自分達で遊びを思いついて、すごいなぁとまたまた感心。

Adsc_0356

こちらは、つるでターザンごっこ!

Adsc_0297

お兄ちゃんと松葉ずもうをしたよ!

Azds_6725

女の子達♪まだ、森に残っているフユイチゴの実を見つけて、みんなで食べました!

Adsc_0315

たんけんの最後は、くさはら広場でミッションを見つけ、センターまで帰ってきました。今日一つ目のミッションは『だれにえいようをもらっているのかな?』でした。森の中は様々ないきもの、植物がお互いにつながりあって生きているのですが、子ども達に分かりやすいように、カードゲームにしてみました。

Adsc_0378

今回使うカードの中で、全てのいきものの中で一番強いのはミミズなどの土の中の生き物やキノコや菌類達でこのゲームでは「分解者」という説明がありました。始め子ども達は「なんで?」だったのですが、「森たんけんで見た木がボロボロになっている姿は、実は分解者がいるからなんだよ!」と言う隊長からの説明を聞いて、「あ!そうなんや!」と気づいた子ども達。でも、これは知識だけでなく子ども達の実体験があったからこその理解なんですね。目で見た事、心で感じた事を知識につなげていけることがモリイコ!の魅力なんだと改めて気付かせていただきました。

Azds_6741

カードゲームのあとは、近藤薫美子さん作の『のにっき』と言う絵本を読みました。内容は一匹のイタチが死んでしまった後の姿を追った絵本です。命あるいきものが死んでしまうのは可哀想ですが、その後どうなっていくのか、虫や鳥などの気持ちになって描かれています。一年間、四季を通して自然体験をしていた子ども達にとって、いきもの達がどんな風に変化していくのか、とても興味があったようで、静かに絵本に見入っていました。いきものはどんなものも生まれては死んでいく。誰かのためになり、命はぐるぐるまわっているんだと覚えてくれていたら嬉しいです。

Adsc_0384

 お昼ご飯をしっかり食べた後は、あらかし隊最後のミッション『木を伐って、森をまもろう!』です。始めに「どうして木を伐るの?」かをパネルで説明。落ち葉かきをするのと同じく、光が当たらないと、大きな木の陰になった草や木の種は芽を出しても元気に育つことが出来ないことを教えてもらいましたね。「じゃあ、みんなまずヘルメットかぶるよ!」と言うと、「えッ!ヘルメット!」、「じゃあ、ノコギリ持つよ!」と言うと「えッ!ノコギリ!」と驚きとびっくりしたいい反応が返ってきました。

Adsc_0279_2

しっかり準備ができたら、リヤカーに乗って森まで出発です!

Azds_6768

今日は、5班に分かれて大人の男性の腕くらいある木を班で一本伐りました。案外簡単に切れると思っていた子が多く、「木って、こんなに硬いんや!大変やん…」と伐ってみてびっくりだったようです。なかなか伐れなくて、だんだん顔が暗くなってきた時もあったのですが、「でもこの木を伐ることで森を守れるんやもんな!」と自分に言い聞かせながら頑張ってくれていました。

Ap2230384

 

Adsc_0302

Adsc_0317

隊長達が手を出せば、簡単に切れますがそこはぐっと我慢。本当に無理なところだけ手助けをして子ども達で一本の木を伐り、薪にするまで頑張ってくれました。

Ap2233280

Azds_6818

みんなで協力し、経験をすることで、大きな自信がついたに違いないと思っています。そして、頑張った後はお楽しみの工作でした。自分達で伐った木の小枝を使い「色えんぴつ」を作りました。好きな太さ、色、長さ、世界に一つだけの色えんぴつ。小刀を使い、丁寧に仕上げました。思いっきりみんなに自慢して欲しいと思います!

Azds_6832

Azds_6843

今日で、今年度のモリイコ!活動が全て終了しました。
パワーポイントを作りながら、みんなとした事、他愛のないおしゃべりの内容、一人一人の最高の笑顔を思い出しながら一年を振り返り、本当にかけがえのない時間を一緒に過ごせたのだと改めて感じました。あらかし隊のみんなとの活動は、予想もつかないスペシャルな事に発展することが多く、隊長みんな本当に楽しかったです!そして、本当にありがとう!いつもじゃなくていいので、自分の周りにはいろんな自然やいきもの(もちろん友達も!)が、いろんな形でつながっているということを忘れないでいてくれたらいいなと思います。
最後になりましたが、保護者の皆様、一年間モリイコ!活動へのご協力、ご賛同いただきまして、本当にありがとうございました。お陰さまで無事、モリイコ!活動を終えることができました。これからも、子ども達に多くの自然体験を提供していけるように今年度の経験や学びを活かして、スタッフ一同ますます頑張っていきたいと思います。
それから、河辺いきものの森はいつでも来れるので、「森に行きたいなぁ~」と思ったら、是非ご家族みなさんで遊びに来てくださいね。みんなの笑顔に会える日を楽しみにしています。それでは、また会いましょう♪  くま

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月17日 (日)

モリイコ!ならがしわ隊 第10回目

今日でモリイコ!も最終回。
2月ですが、年末以外に雪が積もらず少し春のような日でした。
まずは、森たんけん。
梅の花が咲いているので、見に行きました。この木は何の木かな?と聞いてみると、さくら?うめ?と答えが返ってきました。花が手に届くところにあったので、匂ってみました。『いいにおーい♪』と言っていました。花をじっくり見てみると、裏に赤いがくの部分が『お花のような形になってる♪2つお花があるね。』と発見していました。

Dsc_0014

梅以外にもツバキの花が咲いています。つばきの花は、花がまるごとボロっと落ちます。
とても見つけやすく、よく拾います。花を割ってみると、『花びらがちょうちょの形、リボンの形になる!』と教えてくれました。

Zds_6408_3

水辺にいくと、長い枝がたくさん落ちていてつりのマネとして遊びました。今日の収穫は藻です。『いっぱいつれたー』と嬉しそうに、隊長のところに持ってきてくれました。子どもたちは藻がとても大好きです。

Zds_6389_2

ササ舟づくりにチャレンジ!一人が作り出すとみんなに連鎖して、作り出します。ならがしわ隊の子たちは毎回ササ舟づくりをしているような気がします。流せて遊べるし、楽しいですね。とても小さいササ舟を作ろうとしている子もいました。

P2173060_2

たんけんの途中に、木に止まっていた鳥を見ることができました。今の時期は、木に葉っぱがなく鳥を見やすいです。ですが、あの枝の上に鳥がいるよ!と言っても大人でもどこにいるのか見つけ出すのは困難。少し動きのある鳥だったので、どの子も見ることができました。

Zds_6399

ミッションを見つけることができたので、作業小屋で開けました。
ミッション①『森のいきもののつながりを知ろう!』です。
いきもののつながりは食物連鎖のことを指します。話だけでは難しいので、ゲームを通して学びました。

「植物を食べるのはだれ?」「イノシシ食べるのはだれ?」「オオカミはだれに食べられる?」なんていうのも話を交えて遊んでいきました。このゲームで一番重要なのは「分解者(ミミズ、菌類など)」です。この分解者は、「どんないきものでも食べる」ということを知ってもらいました。

ゲームで学んだあとに『のにっき』という絵本を読みました。
イタチが死んでしまって、そのあとどうなっていくかのお話です。
分解者がたくさん登場します。

Zds_6442

いきもののつながりを勉強したあとはお昼ご飯です。
みんなでなかよく愛情お弁当をいただきました。

午後からはまずはミッションさがし!
最後のミッション探しなので、いつもよりもやる気満々!
気合いが入りすぎて、いったんみんな素通りしてしまいました。

P2173090

ミッションを見つけ出し、最後のミッションを開けると
ミッション②『木を伐って森をまもろう!』です。
木を伐って森を守るとはどうゆうことなのか、子どもたちと一緒に考えました。今の時期は、葉っぱと落とす落葉樹が葉っぱがない状態なので、落葉樹のちかくの地面には日があたります。しかし、一年中葉っぱがついている常緑樹のちかくの地面は日があたりません。植物は日があたらないと成長できません。常緑樹を伐ることによって、地面に日があたり、新しい芽が成長し、草や若い新しい木が森に増えることになります。明るい森にはいきものがたくさん来るので、森を守ることにつながっていきます。なので、今回は常緑樹を伐りました。

ヘルメットとノコギりを装備して、木を伐る現場に向かいます。伐った木を持って帰ってくるのは大変なので、リヤカーを使いました。現場までは、特別に乗って移動しました。遊園地の乗り物のように楽しんでいました。

Zds_6485_2

現場に到着したら、隊長に話を聞いて木を伐りました。
ノコギリを使ったことはありますが、いつもと違う。

Dsc_0062

一本伐れたときは達成感でいっぱいです。
伐ったら終わりではなく、この木を薪、柴にするために伐ります。

P2170415

昔の人は、薪でご飯やお風呂を焚いていました。すごいですよね。
こどもたちは集中してがんばっていました。

P2170434

伐った木の先がおはらいするときの葉っぱみたいだったので、女神さまがみんなを応援してくれました。

P2170457

他にも、木をたたくと音がなることを発見し、楽器隊も登場。
素敵な音色を奏でてくれていました。

Zds_6533

みんなが頑張ったおかげで、地面に日が当たるようになりました。
植物が生えてくるといいなぁ。薪は一年間乾かして、来年使います。
最後に自分たちで伐った木で色鉛筆を作りました。小刀も何回も使ったからおてのもの!
太い枝を選ぶ子もいましたが、根気よく頑張りました。頑張った分だけ上手に使いこなすことができます。世界に1つしかない色鉛筆。大切にしてほしいです。

P2170493


ご家族の方にも来ていただきまして、モリイコ!の1年間を振り返りました。
どれだけ覚えていたかな?

P2170527

たくさんの活動を通して、できることが増えていって、隊長がいなくてもみんなでたんけんできて、笑顔をたくさん見れて、最後も笑顔で終えることができてうれしく思います。
これからもいろんなことに挑戦していってほしいです。

3年生はSには来れないですが、SSもあります。
森はいつでもあいているので遊びにきてくださいね。
1年間ありがとうございました。
隊長たちもみんなと活動できて楽しかったです。
また、会える日を楽しみにしてます。
隊長一同



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月16日 (土)

モリイコ!こなら隊 第10回目

昨年5月に始まったモリイコ!こなら隊は、今日で10回目を迎えました。
昨日までは寒かったですが、今日は7℃も最高気温があがり、とても過ごしやすい日でした!こなら隊最後の日に暖かかったのは、みんなのお陰だと思います。

さて、最後の活動は何をしたかというと・・・

01dsc_9883

まずは森たんけん。
写真はウメの花をかいでいるところです。「あ、いい匂い~」なんて言っていました。私もかいでみましたが、とてもいい香りがしました。

02dsc_9892

今日のたんけんは普段通らない場所を通りました。
川沿いに出ると、「みてみて!キレイに割れてる!」と縦に割れた石を見せてくれました。
ちょっと川沿いで遊んでから再び森の中へ。

03dsc_0317

フユイチゴを見つけて、一口ぱくっ。
「すっぱいけどおいしい」との感想をいただきました。今年は不作だったため、珍しいフユイチゴでしたが、なかなか甘いのは見つかりませんでした…

04zds_6260

くさはら広場ではキノコがたくさん生えていました。
何故か合掌する隊員。冬場にキノコが見つかるのはなかなかないので、ちょっとラッキー?

1つ目のミッションは「いきものの つながりを しろう!」です。
カエルはハエを食べる、ヘビはカエルを食べる・・・といったように、いきものは繋がっています。
今回はそれを知るためのミッションになります。

しかし、話しただけではとても難しい食物連鎖。
そこで、「たべちゃうぞ!」というカードゲームで知っていきました。

05dsc_0344

「何持ってる?」なんてお互いにカードを見せあったりしました。

このカードゲームで、「植物を食べるのはだれ?」「イノシシ食べるのはだれ?」「オオカミはだれに食べられる?」なんていうのも話を交えて遊んでいきました。
このゲームで一番重要なのは「分解者」です。この分解者は、「どんないきものでも食べる」ということを知ってもらいました。

06zds_6283

その分解者の働きを知るために『のにっき』という絵本を読みました。
この本は、とても分解者の理解に役立ちます。内容は、死んでしまった小動物のその後です。

読み聞かせの後はお昼です。

07dsc_0374

ストーブおかずを焼いて温かくしました。
おいしい!と言っていたので、冬限定のお弁当の楽しみですね!

08zds_6286

お昼休みには午前中に遊んだ、「食べちゃうぞ」で遊んでいました。
神経衰弱でも遊べるようで、自分たちで調べて遊んでいました。子どもってすごい!と思います。

午後からはモリイコ!最後のミッションです。
「木を切って 森を守ろう」です。木を切ることが森を守ることにつながるの?と思われると思いますが、実はつながるのです。
どういうことかと言うと、今回切る木は「常緑樹」といって一年中葉をつけている木です。葉っぱがついていると地面に日が当たらないため、木を切ることによって地面に日が当たるようになります。
すると、新しい芽が地面から出てきて、若い新しい木が森に増えるということになります。また、明るい森にはいきものがたくさん来るので、森を守ることにつながるというわけです。

木を切るために、のこぎりとヘルメットと軍手をしました。

09zds_6317

それでは、リアカーに乗って出発!
みんな楽しそうに乗っていました。「もっと早くしてー」なんて言われたので、ダッシュで押しましたが、もう体力の限界です…

10dsc_0407

さっきまでは笑いながらリアカーに乗っていた隊員も、のこぎりを持って木を切っています。その顔はまさに真剣。太くて固い木をがんばって切りました。
なかなかのこぎりで太い木を切る経験はしていないと思うので、大変だったと思います。

11dsc_0430

もちろん、木を切り倒すだけでは終わりません。
切った木はのこぎりの長さに合わせて切ります。そして、薪として使用します。
何回も何回も木を切るので、根気強く隊員のみんなにはやってもらいました。

12zds_6352

一人では大変なときも、仲間がいれば大丈夫。
10回もともに活動してきた仲なので、隊長が何も言わずとも手伝ってあげられます。
いつの間にかそんな風な光景ができているので、私も驚かされました。

13zds_6358

みんなががんばって切った木は薪置き場に置いていきます。

来年には乾いて薪として使うことが出来るようになるでしょう。楽しみです。

14zds_6369

片付けも終わっておやつ休憩。
ひな祭りが近いので、今回はひなあられです。
一つの皿にいっぱい入れてみんなで囲んで食べました。余ったものは「隊長たちにあげる!」といって、ひなあられを持ってきてくれました。

15dsc_9979

おやつの後は、切った枝で色鉛筆を作りました。
自分たちで切った木だから大事にしてくださいね!「もっと作りたい~」なんて言っていましたが、お片付けの時間になってしまったので仕方なく終了になりました。

最後はご家族の方も見ていただいたように、スライドショーで一年間の活動を振り返りました。
あんなことしたなぁ、とぼんやりとでもいいので思い出してくれたら嬉しいです。

モリイコ!の活動も今日で最後でしたが、最後の最後までみんなが笑顔だったのがとても喜ばしかったです。
3年生はSには来れないですが、SSなどもあります。
また、森はいつでも開いているので、時間があれば来てください。隊長たちに顔を見せてくれたら嬉しいです。

それでは、一年間一緒に活動してくれてありがとうございました!
また会いましょう!!

隊長一同

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 3日 (日)

モリイコ!Sくぬぎ隊 第10回目

 冷え込んだ朝でしたが、快晴のなか、モリイコ!Sの第10回目が行われました。また、今日は最終回ということで、ご家族の皆さんもお招きしての活動となりました。モリイコ!隊員達もご家族の方と一緒に森で過ごせるということで、とても嬉しそうな表情でしたね。 

 さて、いつものモリイコなら森たんけんから始まるのですが、今日は親子でデイキャンプをする予定だったので、まずは班分けから始めました。受付で渡した封筒を開けると、バラバラになった色画用紙が。組み合わせると…班の隊長の暗号が出てきましたね。

Azds_5584

少し緊張がほぐれたところで、今日のミッション発表!気になる中身は「お家の方にミッションを探してもらおう!」でした。子ども達が大好きなミッション探しをお家の方にも体験してもらいたかったので、ミッションの入った宝箱を子ども達にセンターに隠してもらいました。宝箱ミッションの中には、今日作る「カレーライス」のレシピが入っていました。作るメニューは、8回目の活動の時に隊員達にアンケートを取り決定しました。子ども隊はやっぱりカレーが大好きですね!

Adsc_0176

 レシピを確認したら、作業小屋に移動して、調理開始です!野菜を切ったり、冷た~い水でお米洗いを頑張ったり、みんなで分担しながら頑張りました。お家の方に切り方を教えてもらったり、隊員達を見守りながらお手伝いしてくださっている姿を微笑ましく見させていただきました。

Adsc_9511

Azds_5613

Azds_5617

Adsc_0236

 

 材料が準備できたら、次はたき火です。たき火に必要な小枝やスギの葉は、森をよく知っている隊員達にお任せして拾いに行ってもらいました。

Azds_5638

スギ葉が少し湿っていたので、火がつきにくこともありましたが、めげずにチャレンジできましたね。

Ap2032722

 ご飯を炊くのは、少しコツがいるのですが、どの班もとても上手に炊けていましたよ!

Azds_5666

Adsc_0290

 カレーの仕上げは隠し味に牛乳を入れて完成です☆

Azds_5688_2


お昼前から少しずつ冷えてきたので、熱々のカレーライス、とても美味しかったですね。

Azds_5718

真っ黒になったお鍋の後片付けも、班のみんなで行いました。お鍋もピカピカになって、とても気持ちよかったです。素晴らしい!

Ap2032758

 午後からは、くぬぎ隊最後のミッションです。ミッションの内容は「もりを活かし、もりであそぼう」でした。これまでの活動も森があるから楽しめましたね。森の楽しさをお家の方にも知っていただきたいので、最後の森たんけんは隊員達に「好きなところ&行きたいところ」を地図を見ながら案内してもらいました。

Adsc_0162_2

 地図には、謎の目玉のマーク。そして、その場所につくと隊長のカバンからアイテムが。そう、「め○○し、ウォーク」は「めかくしウォーク」のことだったんですね。目隠しをすることで、足の感覚や手触り、耳から聞こえてくる音が一気に増します。木や葉を触ってみたり、親子で手をひっぱりながら大盛り上がりで楽しまれていました。この目隠しウォーク、どこでも出来るので是非またチャレンジしてみてくださいね。

Adsc_0177

Adsc_9590

 森の中では、ツルで縄跳びをしている親子も。素敵☆

Adsc_9631

 こちらは、センター前の伐採した木の年輪を数えています。結果は80歳~100歳の木だったと教えてくれました。100歳近く森を守ってくれた木。伐ってしまうのは少し残念だと思われるかもしれませんが、伐って終わりじゃないのが、くぬぎの木なんです。暫くしたら、木の周りから新しい芽がたくさん出てきます。これから、若く生き返る姿も楽しみにしていくださいね!

Adsc_9642

倒れた木で木登り!アスレチック気分で楽しかったね。

Adsc_0232

森たんけんの後は、毎年、恒例になっている「竹の薄切り競争」をしました。ノコギリと竹一本で大人も子どもも一緒に楽しめる竹の薄切り競争のチャンスは2回!慎重に慎重に切りながら挑戦されていました。
ちなみに今日の大人の部・第一位は1.2mm。子どもの部・第一位は2.22mmでした!

Adsc_0273

Azds_5819

最後のミッションの後は、みんなで一年間の振り返りをしました。思い出の写真を見ながら、盛り上がる隊員隊。本当に仲良しで、毎回最高の笑顔を見せてもらいました。もうこのメンバーで活動することがないのだと思うと淋しくもあり、そして最高のメンバーだったな!と思いながら隊員達を微笑ましく見ていました。

Adsc_0288

モリイコ!Sは、モリイコ!よりも小刀やノコギリ、たき火をしたりスペシャルな活動がたくさんありましたね。四季を通じた、10回の活動の中で、隊員それぞれにいろんな力がついていると思います。森だけでなく、身近な場所にも自然がたくさんあるので、これからも、自然を楽しめる目や心を磨いてもらえたら嬉しいなと思います。
 最終回のモリイコ!Sの活動にはご多用の中、親子一緒にご参加くださいましてありがとうございました。皆様にとって、今日の活動が素敵な思い出になっていれば幸いです。そして、何よりも保護者の皆さまには、モリイコ!Sの活動にご賛同いただき、温かく見守ってくださったお陰で私たちも安心してプログラムを組み、お子様達に多くの自然体験をしていただけましたこと、スタッフ一同心より感謝しております。
 今後のモリイコ!活動が未来を担う子ども達にとって、大切な場所になっていくよう更に頑張っていきたいと思います。 一年間、お世話になり本当にありがとうございました。また、いつでも「森にいこ!」って遊びに来てくださいね。隊長みんなで待っています。  くま

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 2日 (土)

モリイコ!Sあべまき隊 第10回目

モリイコ!Sあべまき隊最終回は、とても良い天気に恵まれてスタートすることが出来ました!
最終回の今日は、家族でモリイコ!ということで、親御さんに兄弟姉妹も参加しました。
いつもは10人の活動も、今日はなんと30人ほど!すごい数です。

まずは、班決めをしました。

01dsc_0154

受付のときに渡された封筒を開けると、中には何かが書かれた画用紙が。それをつなげても家族だけでは足りません…
周りを見てみると、「あ、これ同じ色!」と言って画用紙を合わせていました。

そして画用紙が一枚に戻ると、隊長を表す暗号が書かれていました。私の暗号は・・・明日も同じ暗号なので秘密です♡

班が決まったところでミッション発表です。
家族参加の最初のミッションは、「お家のかたにミッションを探してもらおう!」です。
いつもは隊長が隠したミッションを隊員が探していますが、今日は違います。今日は隊員が隠したミッション(宝箱)を、ご家族が探します。

モリイコ隊員が隠す時間は30秒。短い制限時間でしたがどの班もいい感じに隠せていました。
そして探すのですが面白いことが。参加してたお兄ちゃんがモリイコ隊員である弟が隠した宝箱をすぐに見つけてしまいました(笑)
「弟が隠した場所を一発で見つけるとは、さすが兄弟」というと、「恥ずかしい…」とはにかんでいました。

02p2022587

見つけた宝箱の中には、今日のお昼ご飯の作り方がありました。
「やったー!カレーカレー!!」とすごい喜んでいる子がいました(笑)

03p2022589

レシピを確認したあとは実際に調理です。
ピーラーで皮をむいたり、包丁で切ったり。5回目にも調理をしましたが、皮をむいたりはしなかったので、ちょっと難しくなっています。
しかし、家族の方と一緒だったためかすごく楽しそうにしていました。

04dsc_0176

お父さんの包丁さばきを見たり

05zds_5418

お母さんと一緒に皮をむいたりしました。

調理ができたら火をつけるためにたき火をします。
たき火は7回目にひとりでやっているので余裕なはずです!

たき火の時はだいたい枝やスギの葉を用意していましたが、今日は家族で拾いに行きました。
隊長もついていきましたが特に助言はしませんでした。「何を拾えばいいか教えてあげ~」というと、「細い枝、中くらいの枝、太い枝、スギの葉っぱ」と早口で言っていました。
「これは?」といって太いのを見せると「それはちゅうくらい」とお父さんに教えていました。

06dsc_0240_2

拾ってきた枝は同じ太さにわけて置きました。
ちゃんと覚えていて、それを教えることができていました!今日は親御さんだけでなく隊長たちも、モリイコ隊員の成長を感じられた日になったかと思います。

07dsc_9365

拾ったスギの葉はどうやらちょっとしめっていたようで、なかなか火がつきませんでした。なので、「最初はスギの葉だけにして火がついてら枝をいれていこう」と言うふうに言ったらばっちり火をつけられていました。

08dsc_9382

カレーがいい感じに煮立ったらひき肉を入れるのですが、「どうやろう?」となったのでお父さんが見本を見せてくれました。「お父さんやって~」となっていたので、なんとなく家での雰囲気も見えました(笑)
いつもとは違うモリイコ隊員の一面が見られてちょっとラッキーでした。

ごはんもカレーもいい感じになったところでウインナーを焼きました。

09dsc_0288

炭火でじっくりでもいいし、直火で焼いても美味しいです。

10p2022614_2

「いただきます!」
ごはんが完成したら班で食べました。
作業小屋だったり、センター前だったり、くさはら広場だったりと班それぞれの場所で食べました。今日は天気も良かったので外で食べれたのは良かったなと思いました。

午後はまずはミッション探しから。

11p2022623

モリイコ!S最後のミッション探しは親兄弟も参加です。
みんないつも以上にやる気満々でした!
お姉ちゃんは「私が見つけるのはちょっとなぁ…」と気を利かせていました。さすが年上。

最後のミッションは、「森を活かし、森で遊ぼう」です。
ということで、まずは人気プログラム「竹のうす切り競争」です。
ルールは簡単。どれだけ竹を薄くのこぎりで切ることができるかを競うゲームです。

13zds_5514_2

これが意外と大人の方が本気になってくれます。
かなり集中して1mm台を記録したりしました。私はうす切りが苦手なのですごいと思います。

12dsc_9428
薄さを測ってもらう時はどきどき。
自分の記録はどれくらいなのかと、不安そうな顔でのぞき込みます。
2回挑戦できるのですが、1回目より2回目の方が薄くなっているので、少しの時間でのこぎりの使い方がうまくなっていたようです。
ちなみに最薄記録は、大人1.3mm、子ども2.75mmでした!すごい!勝てる気がしない…

うす切り競争が終わったら、モリイコ!S最後の森たんけんです。

14p2022649

地図とたんけんカードを持ってたんけんへ。
隊長もついていきますが特に何かをするわけではなく、隊員に任せてたんけんしました。

15zds_5530

ふわふわしたものやきらきらしたものなど、たんけんカードの内容のものを見つけました。
冬の森はぱっと見何もないように見えますが、少し探してみると実は色々なものが見つかります。そんなところも伝わったらいいなと思います。
ちなみに写真は、ふわふわしたものかな?

探すだけでなく挑戦もあります。

16zds_5538

これは、「目隠しウォーク」といって、目隠しをして誰かに手を引いてもらい歩くネイチャーゲームです。
人間は視覚からの情報がほとんどなので、目を隠すことにより普段は気づかない音や匂い、触覚などに気づきます。
例えば、「あ、地面って意外とふわふわしてる」とか「これ何触ってんの~?」みたいになったかなと思います。
隊員同士がやることもあれば、

17zds_5548

親が子を引っ張ることもあります。
そしてもちろんその逆もあります。
親が子を引くのは良いですが、子に引かれるのはちょっと怖い…なんて経験を今日した方もいるのでは?
正しく引っ張ってくれるのも信頼ですが、変な方に引っ張るのもそれは信頼の証なのかなと私は思います。

あ、そうそう。今日たんけん中に「ウサギ」を見た班があったそうです。うらやましい。
冬は雪が降るとその上に足跡が残ります。今日見た人もいるかな?その足跡を見ると「やっぱりウサギも森にいるんだな」とは思うのですが、なかなか本物に出会うことはありません。
今日見れたのは、しかも昼間に見れたのは超ラッキーだったと思います。モリイコ!S最後に神様がくれたプレゼントかな?

たんけんが終わったら恒例のスライドショーです。
全10回の活動を振り返りました。1回目はよもぎだんご、2回目は虫研究・・・などなど、活動を思い出してくれたかなと思います。
そして最後のノート返却。

18zds_5569

「一番の顔」は望月隊長の一存で決めました。異論は受け付けません(笑)
さて、長いようで短かったモリイコ!Sの活動でしたが、どうでしたでしょうか?なかなか家族でデイキャンプに行く時間がないと思うので、今日が良い思い出になってくれたらと思います。

あ、そうだ。話し忘れたのですが、お申し込みいただいたDVDやフォトブックは、今回の活動も含めますので3月中にお送りいたします。住所変更等ありましたら教えてくださいね。また、アンケートのご協力もよろしくお願いいたしますm(-_-)m

最後になりますが、一年間ありがとうございました!
隊長も一緒に楽しめた一年間となりました。またいつでも森に来てください。月曜日は休館日なのでお休みですが、それ以外はいると思います!
それでは!また会える日を楽しみにしています!

もちづき隊長

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年5月 »