« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月の記事

2019年9月28日 (土)

第5回 モリイコ!あらかし隊

まだまだセミの声がする森は夏なのか?秋なのか?
毎年いつまで鳴いていたかな~?と思いながら、不思議な感じです。
涼しくなると、キリギリスやコオロギたちがきれいな音色を聞かせてくれます。


モリイコ!始まる前に、さっそくいきものをつかまえました。
コクワガタのメスです。みんなテンションが上がってとても大きな声で報告して
くれました。ほかにもハサミムシも見つけました。
捕まえたあとは、みんなで観察。
ムシが苦手だった子も慣れてきて、捕まえられるようになってきました。

01dsc_8253

みんなが集合したので、森たんけんに行きました。
カナヘビはみんな大好き♪
カナヘビがいると子どもたちの輪が自然とできます。
この時期のカナヘビは大きくなったものはとても素早いのでつかまえにくいです。
捕まえることができるのはさすがです。


02dscf8528

カマキリもたくさん出会いました。
今日はカマキリを絶対捕まえるねん♪と言って捕まえられたときはとても喜んで
いました。カマキリはカマが大きいので、怖いイメージがありますがつかまえようと
しなければ、手に乗って腕を登ってきてくれます。
そんなかっこよく、かわいいカマキリは子どもたちも大好きです。

03zds_3191

たんけんの途中でミッションを探して、開けました!
今日のミッションは『どんぐりで あそぼう! つくろう!』です。
秋の恵みどんぐりを拾って、ドングリ工作をしました。
ドングリはたくさんのいきものたちのご飯になってます。
この森ではタヌキやアカネズミのご飯です。
アカネズミは冬を越すためにたくさんのドングリを集めます。
みんなが取り過ぎたら、アカネズミのご飯がなくなるので、残しておこうね。と説明しました。

05ap9286745

モジャモジャ帽子のドングリがたくさん落ちています。
子どもたちの手は小さいので、すぐいっぱいに!
こぼれないように運んでいる姿はとてもかわいかったです。
緑のドングリを見つけて、これはやわらかいからだめ!と隊長から聞いたよいドングリ
の見分け方を覚えていて、目利きをしていました。

04dscf8506

ドングリを拾えたので、作業小屋に戻って工作です。
コマ、やじろべぇ、ドングリカーを自分で選んで作りました。

ドングリカー
タイヤも色を塗ってかっこよくしていました。

05dscf8603

コマ
コマ対決!何度も勝負して、遊んでいました。
このコマめっちゃまわるやん!とお互い褒めあっていました。

06p9286775

やじろべぇ
一人でも遊べるし、二人、三人でも乗せて遊べます。

07dscf8568

08dscf8590

ドングリカー
息を吹くとどんどん進みます。

09dscf8655

たっぷりと時間をとったので、たくさんお気に入りのものを作りました。
お昼ごはんはくさはら広場で食べました。
お昼休みはススキの葉っぱ同士を結んで、家を作って遊んだり、シェルターの上
からドングリの帽子を投げて帽子でキャッチして遊んでいました。運動会あとなので、
運動会の応援のように、大きな声を出して誰かの応援をしてくれていました。

お昼からはまず、ミッション探し!
今日のミッションは特別隊長のM隊長がミッションを隠してくれました。
むずかしいとのことで、みんな『ヒントは?』『誰が近い?』ヒントをもらって
ヒント『みんなのひざより下』と聞いて、みんなハイハイしながら隅々まで
見てくれたので無事ミッションを見つけることが出来ました。

11p9286803

午後からのミッションは『ノコギリをつかって こうさくをしよう!』です。
はじめてのノコギリ!説明を真剣に聞いて、ペアを組み協力しながらノコギリを
使いました。

『いい粉が出ているから、上手に切れている証拠やね。』と子どもたち同士素敵な声かけながら、
ノコギリを使っていました。


12zds_3291
どうやって切るんだろう!
いつもより真剣な顔がたくさん見れました。

13dsc_8288
ホットボンドも使って、工作をしました。
ひこにゃんやカニ、雪だるまなどさまざまな作品を作っていました。

11zds_3324

切るのが楽しくなって、作品を作らず、ずっと木を切っていた子がいました。
『僕はずっと切るねん!』と工作時間いっぱい切っていました。
集中力がすごくて、びっくりしました。

雪だるま完成☆

12p9286817

2人組のペアで、ネイチャーセンターに飾る作品を作ってくれました。
一生懸命切ってくれた木を森に置こうと思ってくれた気持ちがとても素敵だなと
感じました。

今日は1日工作DAY!
お家でも遊べるものもあれば、飾って華やかになるものの!
一生懸命作ったので、大切にしてほしいなと思います。

次回のモリイコ!あらかし隊は、10月26日(土)です。
今よりも季節は秋に進んで、少し涼しくなっていると思いますので、体調管理をしっかりして来月も元気に来てくださいね。
最後に、モリイコ!ノートにも貼らせてもらいましたが、次回はおはしは持ってこなくて大丈夫です!
元気なみんなに会えるのを楽しみにしてます。

にしむら

| | コメント (0)

2019年9月22日 (日)

第5回 モリイコ!ならがしわ隊

昨日の雨が引き続き降っているかと思ったら、晴れ間が広がっていたのでちょっとラッキーな一日の始まりでした。

全員集合するまでの空き時間は、どんぐりピンボール的な感じで、作業小屋で遊んでいました。

第5回目のモリイコ!は、朝からたんけんに行きました。前回は染色をするためにたんけんは午後からの珍しい回でしたね。
01zds_2949
今日は晴れていたので、蚊やメマトイが元気に森の中を飛んでいました。そのため、虫除けが必要なので蚊取り線香を付けました。
「マッチつけたい!つけたい!」と言っていたのでつけてもらうことに。怖かったかどうかはわかりませんが、上手に付けていました。
蚊取り線香を装着できたら森たんけんへ出発!「今日はどっちから行くの?」と早くたんけんへ行きたい様子。しかし作業小屋を出たところでカナヘビを見つけると・・・
02_dsc0022
「あっ!カナヘビッ!!」と言ってダッシュで追いかけました。
丸太の裏に逃げ込まれ、あえなく逃げられてしまいました。残念。しかし、たんけんは始まったばかりなので、カナヘビハントのチャンスはまだまだあります!
03_dsc0039
水辺に入ったところで草遊び。オオバコずもうをして遊びました。
たまに枝を持ってきたりしましたが、奇跡的に一度だけオオバコで枝を折ることができました(^ ^)v
水辺では、カニをたくさん見つけたり、ささ舟を作ったりしました。

水辺ではミッションも探しました。
今日のミッションは「どんぐりで あそぼう! つくろう!」です。内容はどんぐりを拾って工作をします。
どんぐりはこれから拾うのですが、拾っていいどんぐりと悪いドングリがあります。
ちなみに、工作に使えないのは「緑色のもの」「ぼうしと一緒のもの」「穴の空いているもの」「去年のもの」です。さらに、道の上にあるどんぐりは秋の遠足で来る子たちのために残しておき、モリイコ!隊員は草の中に落ちているものを拾います。
04dscf7903
他にも、どんぐりを食べるアカネズミが河辺いきものの森にいるので、ネズミのために残してあげるように説明を加えました。
説明する前に、「どんぐりを食べるいきものがいるんだけど~」と言ったら「ネズミ!!」とよく知っていました。いつ説明したか、ちょっと覚えていなかったのですが、子ども達の記憶力はすごかったです。
05_dsc0067
どんぐりを拾いながらもたんけんを楽しんでいました。
野鳥観察壁に上って遊んでいたら「あ~!あれなに!?」と言って指を指しました。指先には、クモの糸(?)で垂れ下がった木の枝がありました。触ったりしても全然落ちなかったので、かなり丈夫な糸だったようです。
06dscf8037
くさはら広場で念願のカナヘビをゲット!
どんぐりに乗せてみたり、なでなでしてみたり。くさはら広場にはたくさんの子どもカナヘビがいたのでつかまえる練習ができました!

たんけんから帰ってきたらどんぐり工作です。
こま・やじろべえ・どんぐりカーを作りました。昨日はコマが人気でしたが、今日はドングリカーが人気だった気がします。
作るだけでなく、色を塗ってオリジナリティを出すこともできます。みんなきれいに塗ったり、かわいい絵を描いたりで完成が楽しみでした。
07_dsc0090
「たいちょ~。手にインクついた~。」と、む~っとしながら言われましたが、「洗えば落ちるから」というとしぶしぶ納得して戻っていました。しかし、数分後「またついた~」と同じ顔で言われてしまいました(笑)
作ったもので遊ぶこともしました。
08dscf8155
隊長も加わってコマ勝負!
みんな良い勝負ができました!

どんぐり工作の後はお昼ごはんを食べました。
今日は天気も持ったので、あずまやとシェルターに分かれて好きな方で食べました。
食後は、午後の活動が始まるまでは工作の続きをしても良し、遊ぶも良しという自由時間でした。私はちょっと作業小屋で準備をしていたのですが、「た~いちょう~、た~す~け~て~」という何とも悲壮感漂う声が聞こえてきました。
09zds_3082
何かと思って見て見たら、服に大量のひっつき虫が。あ~、これはたしかにイヤだ…
本当に大量に付いているので取るのも気が遠くなりそうでしたが、みんな手伝ってくれたのでなんとか取れました。

午後からのミッションは、「ノコギリをつかって こうさくをしよう!」です。
「ノコギリ使ったことある人?」と質問したら過半数が手を挙げたのでちょっと驚き。この森のイベントで使ったことがあるという子も何人かいました。
今回は、センダンという比較的柔らかい木を練習として用意しました。ノコギリの使い方や持ち方、片付け方などを色々説明して、覚えるのが大変かな?と思いましたが、多少のケガはありましたが上手に使えていました。

10_dsc0025
説明の後は、自分で準備です。
ノコギリはカゴの中、切り台は小屋の後ろ、切る木はここ、などなど。切り台は今後も使うことが有ると思うので、しっかり場所を覚えておいて欲しいです!
11dscf8274
最初は2~3人組になってもらって、ノコギリの練習として切れ目の入った木を使用しました。グループの子が全員切ることができたら、好きなように活動します。
工作しても良いし、もっと太い木を切っても良いし。

木の太さも色々あります。練習用の木より細いものや、大人の腕より太いものもあります。
14dscf8304
1人でこの太さを切るのは大変だろうな~と思いつつも、弱音を吐くことなく切りきっていました!
12dsc_8188
切った木はグルーガンでひっつけたり、色を塗ったりしました。
見本で、カニ・ひこにゃん・フクロウを見せましたが、みんなあまり見本は気にせず、自分の作りたい物を作っていました。
作りたい物が決まっているのはすごいなと思います。私が見本を作った時は、何を作ろう?と結構な時間悩みました。

13dsc_8192
ノコギリで切るような太い木ばかりではなく、細い木もあります。
そんな細い木は剪定バサミで切りました。しかし、片手で切るのが大変な太さもあるので、そんな時には下に向かって両手で持って切ってねと説明しました。
「ふん~!!」と思いっきり力を入れて切ろうとしてもなかなか切れず、「変わるよ!」と友だち同士協力して剪定バサミで切っているのが印象的でした。
約2時間の工作の後は片付けです。
自分の作品をカバンの横に置いたら、ノコギリや切り台などの使った道具を片付けます。
それが終わったら、机の上と床を掃除しました。
15dsc_8216
20分ほど掃除の時間を取っていたのですが、みんなきれいにテキパキと掃除をしてくれたので、10分ほどで掃除が終わりました。
作業小屋がすごくきれいになり隊長は嬉しいです。きっと学校でもちゃんと掃除をしているんだなと思いました。

みんなが早く掃除を終わらせてくれたので、早めにあいさつができました。
時間があまったので、帰る準備が終わった子から余った時間で作品の修理などをしていい時間にしました。
16dscf8357
「たいちょう。できた~」と見せてくれたのは、かわいいネコさん?でした。
おしりにどんぐりぼうしが付いているのが良い味出しています。本人もすごい気に入っていました。

次回のモリイコ!ならがしわ隊は、10月20日(日)です。
今よりも季節は秋に進んで、少し涼しくなっていると思いますので、体調管理をしっかりして来月も元気に来てくださいね。
最後に、モリイコ!ノートにも貼らせてもらいましたが、次回はおはしは持ってこなくて大丈夫です!持ってきてしまっても使わなければ良いだけなので気にしないでくださいね。それでは!

もちづき

| | コメント (0)

2019年9月21日 (土)

 第5回 モリイコ!こなら隊

つい最近まで暑いくらいだったのが嘘のように肌寒くなり、ちょっと体調が気温の変化についていけないのではないかと心配になってきました。
しかし、みんな元気に来てくれたようで、ちょっと安心しました。
01dsc_7908
一番乗りで来て、雨も降っていたのでいきものさがしも出来ずに暇をしていたら、森の保全をしてくれている方が面白い種を持ってきてくれました。その種は「カラコギカエデ」というもので、投げるとくるくる回って落ちていきます。
それをキャッチしたりして遊んでいました。
(写真の中央上に見えるのが種です)

全員揃ったらモリイコ!スタート。前回は染色をしたため午後から森たんけんをしましたが、今日は朝からたんけんへ。雨が降っていたので「え~」とか言われるかなと思いましたが、みんなすんなりと森たんけんへ行ってくれました。
02dsc_7922
出たらすぐにいきものを捕まえてきました。
「バッタの木がいる!!」と言われて理解できないで見てみると、茶色いショウリョウバッタを捕まえていました。なるほど、たしかにあの細い身体は木に見えなくもないですね。面白い発想です。
03p9216599
夏の忘れ物を発見!
おそらくミンミンゼミの抜け殻でしょう。昨日も森では元気よく鳴いていましたが、今日は鳴いていませんでした。この寒さに負けてしまったのでしょうか。
04dsc_7945
秋と言ったらどんぐりも欠かせません。「どんぐりの帽子がぴったりはまった~」とご満悦の様子。
逆さまにしてもはずれません。でも、指を降ったら流石に外れました。
05zds_2779
雨の日ならではの遊び。
竹を揺らすと葉っぱについていた雨粒が落ちてきます。「トトロみたい」とちょっと喜んでやっていましたが、急に傘に大量の雨が降ってきたので私は「おぉっ!?雨降ってきた!?」と近くにいた子と早足で避難してしまいました(笑)
06dsc_7956
たんけんの途中で雨も上がり、傘がちょっと荷物に感じているとそんなことも気にせず草花遊びをしました。
今回はオオバコずもうをしました。隊長はちょっと太めのものを選んだので奇跡の7連勝をしました!みんな「隊長に勝ってやる」と本気でオオバコを選んでいました。そして8戦目で敢え無く敗退。10連勝を目指していたのですが、無理でした。
みんなオオバコずもうにはまったのか、10分くらいオオバコずもうをしていました。

ちょっと進んだところでミッション探しです。
そして見つかったミッションは「どんぐりで つくろう!あそぼう!」です。
ただ、遊ぶためのどんぐりは今から拾うことになりますが、色々とルールがあります。
まずは、秋の遠足で来る子のために道の上などの簡単に見つかるどんぐりは拾っちゃだめなこと。森に住むアカネズミのためにもどんぐりを残しておかなければいけないので、用意した箱の半分くらいまでにすることを話しました。
そして、どんなどんぐりを拾えばいいのかも説明しました。緑色のものやどんぐり虫の穴があるもの、去年のどんぐり、帽子つきのものは工作には使えません。なので、拾わないようにしてもらいましたが、緑のものは色がきれいなのでどうしてもというのであれば拾ってもOKにしました。
07zds_2789
今年初のどんぐり拾い!
拾えて嬉しそうな顔をしています。人間は不思議なもので何歳になっても何かを拾うのって楽しいですよね!本能ってやつでしょうか?
いっぱい拾ったら工作です。

今回作れるのは、こま・やじろべえ・どんぐりカーです。
穴を開けたり、爪楊枝や竹串を切ったりするのは隊長がしますが、どんぐりにさしたりは自分でしてもらいました。
08zds_2812
また、作るだけでなく色塗りもしました。
こまを赤と青とを交互に塗ることで、回したときに紫になったりするので、色塗りは結構面白いです。
09dsc_8019
やじろべえも普通のものは手が2つですが、写真のやじろべは手が8このものを作っているところです。
数が多くなるにつれてバランスが難しいですが、上手にできていました。
午前中はどんぐり工作をして終了。お昼ごはんを食べてから午後のミッションです。ちなみにお昼ごはんは、寒いから作業小屋で食べる組と、寒くても外で食べる組にわかれました。

午後のミッションは「のこぎりをつかって こうさくをしよう」です。
「のこぎり使ったことある人」の質問に何人か手が上がりました。小学生でも使っている子は使っているんですね。私は使ったことなかったです。
10zds_2886
使ったことがある子もいましたが、復習のためにのこぎりのレクチャー。
切るときはどこを押さえればいいのか?二人で組んで切るときの切り方は?などを説明しました。
まず初めにやることは、練習用の木を切ることです。この練習用の木というのは、予め切れ目を1/3程度入れておいたものになります。樹種はセンダンというもので、柔らかい木なので練習にはもってこいです。
11zds_2896
説明ではちょっと怖がっていた子もしっかりと押さえられていたり、自分で切っていました。実際に切ってみて楽しかったのか、「木を切るのが楽しい!!」と言っていました。楽しいと思ってもらえて良かったです。
工作の道具はのこぎりだけではありません。
12dsc_8040
のこぎりで切るには細い木などは剪定ばさみで切りました。
写真の枝は微妙な太さでしたが、剪定ばさみでは切ることはできずにのこぎりで切ってもらいました。
細い枝は押さえるのが難しいので剪定ばさみで切ったほうが安全かつスピディーに切ることが出来ます。
13p9216670
できあがった作品を見せてくれました。
見本の中にフクロウがあり、それを手本に上手に作っていました。
どんぐりの色塗りに使ったものはポスカです。かわいたら重ね塗りもできるので重宝しています。
かわいいフクロウが二羽できましたね!
14zds_2917
木と木をくっつけているのはグルーガンです。
すぐくっつく代わりにすぐ取れるので扱いに要注意です。少しの衝撃で取れてしまいます。

工作に満足した子は午前中に作ったどんぐりコマで遊びました。
誰が一番長く回せるかや、逆向きに上手に回せるかなどをしていました。
15zds_2927
最後は片付けをしました。作品をかばんの横に置き、使った道具をすべて片付け、掃除をして終わりです。
みんなテキパキ掃除をしてくれたので早く終わり、時間が少し残りました。あいさつを早々に済ませて、工作の続きをしたい子、クズのツルを使った縄跳びをしたい子、コマで遊びたい子などそれぞれの時間を過ごしました。
最後に聞いたら、ほとんどみんなが工作が好きだったようでした。やっぱり何かを作るのって楽しいですよね。

次回のモリイコ!こなら隊は10/19(土)です。
ノートのお知らせにも貼らせていただきましたが、お箸は持ってこなくて大丈夫です(なんでだろ~?)。
秋もどんどん深くなり少し寒くなっていると思いますので、体調の方にも気をつけてください。
それでは、また来月も待ってます。

もちづき

| | コメント (0)

2019年9月 8日 (日)

第5回 モリイコ!Sあべまき隊・くぬぎ隊合同

9月7日(土)に、モリイコ!Sあべまき隊・くぬぎ隊合同の活動を行いました。毎年この時期は、夏の夜の自然の楽しさを伝えるために、夜の森プログラムを行っています。先月に引き続き、合同の活動&モリイコ!2年目以降の子ども達なので、森にも仲間にも慣れていて不思議と連帯感があり、出だしから仲良く活動が始まりました☆

今回はお昼から集合して、まずは全員でいつもの森たんけんから。センター前の高木を更新のため伐採してからは、太陽の光が良く当たるので、開けた場所には一気に草が生えてきました。草が生えると、そこに集まる小さな虫達。すると、今度は大きな虫達がやってきて、命の営みが始まります。去年のこの場所と比べるといきもの達がとても増えています。草があればいきものがいることを知っている子ども達は身近な草むらで次々といきものを見つけていました。

2p1016380

こちらは、落ちたばかりのドングリ。今年の初物です!つやつやでキラキラ☆ドングリ拾いが楽しそうでした。

1_dsc0137

そして、こちらも子ども達の人気者。大人になった大きなカマキリを見つけました。森の中では、チョロチョロ動く赤ちゃんカナヘビもたくさんいましたね!つつくとケムリのように胞子が出てくるキノコを見つけたり、子どもの数が多い分、発見もたくさん!あちこちで「〇〇見つけたん!」「隊長ー!見て見て~!」と誇らしげに捕まえたいきものを見せてくれる子ども達でした。

3_dsc0153

最後は、くさはら広場で今日のミッションを見つけ、センターに戻ってきました。今日のミッションは「たき火でよるごはんをつくろう!」でした。

4p1016406_20190908132601

真夏並みに暑かったので、みんな汗だく…。今日は、N隊長お手製の美味しいプリンのおやつを食べて、少し休憩しました。

5zds_2436

休憩の後は、いよいよご飯作り開始です。お腹が空くまでに、頑張ってつくるぞ~!
メニューは「チキンナゲット丼とほうれん草とベーコンのスープ」でした。今回はたき火班と料理班に分かれて準備を始めました。子ども達が包丁を持って食材を切ることもすごいのですが、モリイコ!のもっとすごい所は、火付けのために柴刈りから始めるところですね。どの木がよく燃えるか、どんな太さの木が必要か、体験しながら覚えていき、だいたいは子ども達だけでできるようになってくる姿は、とても頼もしいです!

8dsc_7523

たき火の準備が整ったら、マッチを擦って火をつけます。

9zds_2451

木を足していき、うちわで扇ぎ、どんどん火を大きくします。

10zds_2470

料理班は、エプロンと三角巾をつけ、レシピをみながら手順を確認しました。

6_dsc0188

みんなで手分けしながら、譲りあいながら(ここがすごい!)野菜を切り分けていきました。

7p1016427

大きなたき火の準備ができたら、お鍋を火に掛けていきます。ガスコンロではないので、ほっといたらどんどん火が小さくなります。火加減をみながら、時折木をくべていきます。暑い日のうえに、火のそばはもっと暑いのですが、みんな頑張っていて、感心しました。

11dsc_7536

「もっと扇がないと、お鍋ぐつぐつしないよー」と言うと、煙たいし、暑いけど…みんなで「うぉー!」と頑張って扇いでくれました!

12_dsc0211

さぁ、お料理班も終盤です。「チキンナゲット丼」の具材に卵を回し入れて、一煮立ちさせれば完成です!

13p1016457

みんなで協力して、手際よくできたお陰で、なんと予定より30分も早く晩ご飯が出来上がりました!
お天気も良かったので、青空のもとみんなで晩ご飯をいただきました。とても美味しく出来上がり、お腹いっぱいになったね。

14zds_2503

さて、モリイコ!隊員は食べたら終わりではありません。料理の終わった後のお鍋の底は真っ黒けなんです…。最初のお鍋のようにピカピカになるまで、金タワシでゴシゴシ磨きます。ちゃんと洗えてるかどうか、隊長チェックをクリアできるまでピカピカに洗ってくれました。後片付けも自分達でできてえらい☆

15dsc_7553

お片付けが終わった後は、くさはら広場でもう一度、虫つかみ。子ども時分に暗くなるまで外遊びって、素敵な体験だなぁと思います。

18zds_2536

上手につかめるようになったね!

17zds_2526

ここからは、今回のクライマックス「夜の森たんけん」です。
夏から秋に移り変わるこの時期は、夜の虫の音がとても美しいですね。子ども達にも、鳴く虫を知って欲しく、プロジェクターを使ってどんな虫がどんな声で鳴いているのか紹介しました。

19dsc_7568

その後は、隊長が事前に捕まえておいた鳴く虫達を実際に観察しました。

21_dsc0245

夜の森たんけんは4チームに分かれて行きました。各班、虫を見つける時以外は極力使わない約束でランタンと小型のライトを持って移動しました。月が明るかったので、しばらくすると暗がりに目も慣れてきましたね。私の班は「ちょっと、みんなはぐれたらあかんで、全員手つなご!」って一人の子が言ってくれて、「うん、そうしよ!」って6人手をつないで真っ暗な森をあるきました。暗がりの中、危ないかも?と思ったりもしましたが、みんなを気遣い、みんなで行こって言う心意気と団結力に頼もしいなぁと思いながら、いつもと違う活動の中で、子ども達の違う一面や成長していく姿を見れることは、とても嬉しいことだと思いました。

暗い森の中では、ガチャガチャ鳴く「クツワムシ」を見つけて、見事捕まえることができた班もいましたよ。また、今年は森のあちこちで、ホタルの幼虫がピカピカ光っている姿もたくさん見ることができました。こんな時期にホタル!?って驚かれるのですが、陸上性のホタルが森には住んでいるんです。夜になると、葉の上に上がってくるようで、昼間では見えないいきものも子ども達知ってもらうことができて良かったです。

20zds_2545

夜の森を歩く経験って、毎日森に来ている隊長達でもなかなかしないことなので、子ども達にとっては大きな階段を一つ上がることができた体験になったんじゃないかな?と思いました。ちょっと怖かったけど、夜の森とても楽しかった♪って、誇らしげに笑顔で帰っていった子ども達でした。
今回は夜8時半までの活動だったので、子ども達もずいぶん疲れていたと思います。ゆっくり休んで、まだまだしばらく暑い日も続きますが、お家でも元気いっぱい自然の中で遊ぶ体験もしてもらえたらなと思います。来月は、もっとドングリも落ちて、秋らしくなっているのでしょうね。次回もみんなと森で会えることを、楽しみにしていますね♪  くま

 

 

| | コメント (0)

2019年9月 7日 (土)

第5回 モリイコ!Sあべまき・くぬぎ合同

今日は、毎年恒例!モリイコ!Sあべまき・くぬぎ隊合同で「夜の森たんけん」を行いました。
いつもと違いお昼からの集合。夜までみんなと過ごせることにウキウキしながら森にやってきてくれましたよ。
昼間の森たんけんに晩ごはん作り、最後は夜の森をたんけん☆昼間の森とは違う様子にちょっぴり怖いながらも、楽しんでくれたようでした。

詳しい活動の様子は、明日のブログでご紹介いたします。
モリイコ!Sのみんな、今日はいつもより疲れたと思うので、ゆっくり休んでくださいね。
保護者の皆様、夜遅くまでご協力いただきまして、ありがとうございました。  くま

_dsc0245

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »