« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月の記事

2019年10月26日 (土)

第6回 モリイコ!あらかし隊

昨日は雨降りでしたが、今日は無事晴れてあらかし隊の活動でした。

まずはいつものように森たんけんに出発。
Zds_4077 今日は、2,3歩進むごとにカマキリだ!こんなところにもカタツムリがいる!きのこ見つけた!と次々と発見があり、なかなか前に進まないくらいでした。

カタツムリは誰かが言いだしたツムツムという愛称がみんなに広まり、「またツムツムやー!」「ツムツム3兄弟そろった!」とカタツムリを見つける度に盛り上がっていました。
Dscf0007 本当に今日は大きいものから小さいものまで、たくさんのカタツムリがいました。

キノコもたくさん。
こちらはとっても小さなキノコを見つけました。
Dsc_9484 よーく見ると、なんと葉っぱからちょこんと生えています。

Zds_4109 大きな葉っぱのオオバギボウシは傘になりました。

さて、今日のミッションは班に分かれて森に隠された宝箱を探すところから!
Dsc_9513 隊長から渡された暗号をみんなで読み解きます。

隠された場所が分かったらみんなでレッツゴー!
森の中をあちこち歩き回って探していました。
Dscf0134 班には4歳さんから小学生までいるので、面倒見が良い子は小さい子の手を引いてくれたりして、頼もしかったです。

見つけた宝箱の中から出てきたミッションは
「こがたなでおはしづくり!」
まずは隊長から小刀の使い方を聞き、竹を割ってお箸の材料を作って削っていきました。

はじめはやっぱり力の加減や小刀の角度なんかもわからないので、小刀を使いながら練習していきます。
Dscf0210 器用な子は、じっくり丁寧に、大人顔負けのおはしも作っていました。

Zds_4121 完成!今日はこのお箸を使ってお弁当を食べました。

お昼からはまた新たなミッション
「たきびにちょうせん!」
まずはモリイコ!たき火をする時に使う道具を確認。
マッチを使うので、最初にマッチの使い方を覚えます。
レベル1~4までチャレンジしながら、ちょっとずつマッチに慣れていきました。

Dscf0252 こちらはレベル1のマッチリレー。
マッチを付けた瞬間のボッと大きな火は怖いので、自分で擦る前に隊長の付けた火をパスしていくことで練習します。

Zds_4153 こちらはレベル3マッチのたいまつ。
自分が擦ったマッチを上に向け、火が消えるまで待つミッション。
じわじわと消えていく火をじっと見守りました。

マッチに慣れてきたら、いよいよたき火です。
たき火のつけ方の説明をきいて、たき火に使う材料を森の中へとりに行きました。

Zds_4166 枝はパキッと折れるのが乾いていてよかったね。

Dsc_9655 最初の火付けに使うスギの葉っぱを束ねて、スギ葉の花束!と言って持ってきてくれました。

材料が手に入ったらまた班に分かれて、実際にたき火をつけていきました。

たき火は準備が大事なので、隊長の準備オッケーの合図が出るまで火をつける事ができません。
Dsc_9665 パキパキ枝を折ってたき火台に入るように準備したり、足りない道具があると考えたりしてオッケーが出たらようやくマッチを擦って火を付けていきます。

Zds_4187 そして、白い煙がモクモクと出て火が消えそうな時は班のみんなで協力してうちわで扇ぎました。

大きな火になったら合格!せっかくなので、この火でおやつを食べます。
おやつには竹の串が必要なので、午前に覚えた小刀を使って削りました。
Dsc_9697 「さっきいっぱい練習したから簡単にできた!」という子もいました。

おやつは何かというと・・・
Zds_4224 たこさんウインナーでした
みんなが付けた火で炭を熾して、こんがり焼いて足が広がった熱々のウインナーを食べました。


今日のモリイコ!も初めての体験もいっぱいで盛りだくさんでしたが、小刀やたき火は、これからのモリイコ!で使います。
しっかり覚えておいてくださいね!


(わた)

| | コメント (0)

2019年10月20日 (日)

第6回 ならがしわ隊

秋晴れでとても気持ちの良いお天気!
早いもので、6回目になりました。
朝一番に「隊長見て見て♪」と顔より大きな葉っぱを見つけてきて見せてくれました。
森には一本しかない木の葉っぱで見つけた子のお気に入りになっていました。
ほかにも、「みどりのドングリ見つけてきたよ♪」と手いっぱいに持ってきたり、秋を感じました。

子どもたちに今日何回目かわかる~?と聞いてみると、「6回目~」と返事が返ってきて
しっかり数えていることにビックリしました。

みんなが集まったので、森たんけんに行きました。
コオロギやカマキリがたくさん!
帽子にのせたカマキリのマネをしてあそんだり、
Adsc_9138_20191020184101

コオロギをなでなでしてみたり、センターからとても近い場所ですが、サワガニや
カタツムリなどいきものをいっぱい見つけることができました。

A_dsc0256

隊長がいきものたちの動きを見るためのカメラを仕掛けました。
夜のいきものたちの映像を見ることができました。
カメラの前を、タヌキ、イタチ、キツネが横切っていくのが、見えました。
「うわぁー」とみんな興味津々!
「この方向に向かっていったな」と隊長が話すと、「みんなでパーティーしてるんちゃう?」と
かわいい答えが返ってきました。
昼間はなかなか見ることのできないいきものたち。
子どもたちにも、第1回目でこんないきものがいるよ!と説明しているのですが、
本間にいるんだ!昼間は森のどこかで静かに眠っていることを感じれたかな?

Adsc_9157

みんなと一緒にたんけんするのはここまで!
ここからは班ごとにミッションを探しました。
この森の地図を見るのは初めて!今自分がどこにいるのか、みんなで確認して
ヒントを頼りにミッション探しに向かいます。
隊長はついていきますが、こっちだよとは言いません。
ミッションの筒に入っていたのは、暗号文!
まずは読んでみるとちんぷんかんぷん。
みんなであーでもない、こーでもないと話あいをしていました。

Adsc_9163

たまに地図で場所確認。
こっちであっているのかな?みんなで仲良く確認しています。

A_dsc0284

箱の中には次の箱の場所の手がかりが!

Adsc_9174

たんけんの始めにススキで作った巫女さんのお祓いの棒はお気に入りなので、
ミッション探しのお供に。

A_dsc0294

どの班も無事ミッションを探してこれたので、午前中のミッションが分かりました。
「こがたなでおはしづくり!」です。

こがたな?って何という顔でみんなが見つめてきました。
小刀はナイフのことで、今日は竹のお箸を作りました。
どう使ったらいいのか説明を聞いたあと、小刀を使っておはしを作りました。

はじめはコツが分からず、難しいのですが段々慣れてきて上手に
おはしを作ることができました。

Apa207163

おはしの削りカスはやきそばと言って、おままごとが始まりました。
やきそば屋さんのソースは「お好み焼きソースです」とこだわっていました。

A_dsc0314

お昼ご飯は自分で作ったおはしでいただきました。
洗ってしっかり乾かすと、ずっと使える物なので、大切にしてほしいです。

Adsc_9237

お昼休みに「カナヘビつかまえたい!」と言って、一緒に探しにいくことにしました。
はじめは、やさしくつかまえようと指3本で捕まえようとして逃げられていました。
もっと手でバンとカナヘビを押さえないと捕まえられないよというと、思いきって手で
捕まえることができました。捕まえたあとの、カナヘビを見つめる顔がとても嬉しそうでした。

Apa207178

たんけんで見つけたドングリ帽子のふたごちゃん。枝にくっついていました。
自分で考えて、「けん玉にしたい!拾ってきたドングリで玉にしようかな?」と
おもちゃを作っていました。
ドングリ帽子からけん玉にする発想がすごい!

A_dsc0325

お昼からのミッションは「たき火にちょうせん」です。
まずは、マッチの練習を行いました。
レベル1~レベル4までミッションにして、マッチに慣れる練習をしました。


Adsc_9267
初めてマッチをする子も何人かいました。
ドキドキしながらマッチを練習していました。
マッチに自信がついたのか、「隊長何本までならいいの?」とやる気満々の
声が聞こえてきました。

A_dsc0260

森にある木、スギを使って火を起こします。
たき火の説明を聞いた後、たきぎを拾いに森へ行きました。
パッキと音のする枝がいいので、みんな1本1本折って確かめていました。 Adsc_9283
カゴにいっぱい集まったので、班ごとにたき火!
隊長の説明をしっかり思い出して、火をお越しました。
火バサミでスギ葉を持ちあげて、マッチの火を付けます。

Apa207223

白い煙が出たら、うちわの合図!
みんなで息を合わせて、扇ぐと大きな火になります。

Adsc_9308

Apa207235

一生懸命火を起こしたので、この火を使ってたこさんウィンナーを焼きました。
じっくり焼く派、足が開いてきたらすぐ食べる派。好みはいろいろ。
「今まで食べたウィンナーの中で、一番おいしい♪」と言ってくれていました。

Adsc_9374

小刀、マッチ、たき火と初めて経験したことばかり!
たき火はこれからも使うので、火のおこし方、マッチの仕方などしっかり覚えておいてね♪

また、元気なみんなに会えるのを楽しみにしています。

にしむら

 

| | コメント (0)

2019年10月19日 (土)

第6回 モリイコ!こなら隊

秋らしくやっと涼しくなり、虫の鳴き声もコオロギやキリギリスに変わってきました。
カマキリがたくさんいて、お腹の大きなカマキリがたくさん!
さっそくカマキリを捕まえて、手に乗せていました。
カマキリは手から肩、背中などくっついてきてくれるので子どもたちも大好きです。


Adsc_8868
今日は朝から雨!雨の時にしか楽しめないものがあります。
くさはら広場では雨粒のついた草がたくさん!
たくさん雨粒がつらなっていたので、数えてみると18もあり、みんなびっくり!


雨粒を指の上に上手にみずまんじゅうを作れるかやってみました。
みずまんじゅうを上手に作ることができ、
「こっちにもめっちゃ小さい粒あるで~きれいやな!」と発見していました。

Azds_3865

他にもくさはら広場には、イナゴやコオロギがたくさんいて、捕まえようと頑張っていました。

ドングリもたくさん落ちていますが、他にもたくさんの実がなっています。
今の時期、子どもたちの手には、実がいっぱいになります。

Adsc_8897

みんなと一緒に回るたんけんはここまで!
班ごとに分かれて、地図と手がかりをもとにミッションを探しました。
森の地図を見るのははじめて!
「いまどこー?」「ここにいるならあっちやな!」と班のみんなと協力して探します。

箱を見つけると次の箱のありかが入ってあります。

Adsc_8915

ミッション探し中に大きなカタツムリを発見!
隊長でもこのサイズはなかなか見ません。雨の日だから、活発に動いてみんなの
前に現れてくれたのかな?

Azds_3876

隊長はついていきましたが、こっちだよ~とかはいわず、見守っていました。
みんな同じ場所にいくと思っていたのか、始めに動き出した班についていくと違う方向へ。
「めっちゃいったり、きたりしてるわ~」どこかワクワクして嬉しそうな答えが返ってきました。

Azds_3890

最後の箱には、ミッションのかけらが合わせてみるとあれ?足りない。
〇〇おはしづくりだけ出てきていたので、〇〇の部分の少しだけ見えている
文字を予想して、「こなでおはしづくり!」と言っていました。
「こなはさとうでおはしを食べると甘いねん!」とかわいい答えがかえってきました。
みんな集まったので、合わせてみると

こがたなでおはしづくり
でした。

Apa196979

こがたな?って何?という顔でみんな隊長を見てきました。
こがたなはナイフのことで、竹のおはしを作りました。
小刀の使い方をしっかり聞いた後、自分のおはしをナタで割っておはしづくりスタートです。

Adsc_8957

はじめは「隊長できひん!」と言っていた子も、だんだん慣れてきて爪楊枝のような
箸先になっている子もいました。
いつもは使わない道具にみんな真剣です。

Adsc_8984

Adsc_8989

 

上手におはしができたので、ご飯にしました。
いただきまーす!お箸は洗ってしっかり乾かせば、ずっと使えるものなので、
これからもおうちや学校で使ってくれると嬉しいです。

Adsc_9017

お昼休みもカマキリに夢中!
こなら隊はなわとびのツルが大好きで、くさはらまで取りにいきました。
その途中にカマキリを見つけて、カマキリの綱渡りを観察しました。
とてもこのカマキリが気に入ったみたいで、お昼の間ずっとかわいがっていました。

Azds_3932

お昼からのミッションは「たき火にちょうせん」です。
まず始めにたき火をするときに、必要なものを考えました。
マッチ、着火剤、まき、みず、火ばさみなど・・・・
おうちでいろいろ経験しているのか、よく知っていました。
モリイコ!のたき火では着火剤は使わず、森のあるもので火を起こします。

まずは、マッチの練習です。
レベル1~レベル4までのミッションを用意して、マッチに慣れていきました。

Azds_3971

Adsc_9042

レベルを1つクリアするごとに子どもたちの顔つきが変わってきていました。
レベル1クリアするごとに、ホッとした表情になっていました。
マッチの使い方もわかったところで、次は火のおこし方を聞きました。

たき火は森にあるものを使うので、新聞紙も使いません。
緑の葉っぱ、枯れた葉っぱ、スギの葉っぱどれが燃えやすいかクイズを出しました。
いつもは答えが割れるのですが、みんなスギの葉でした。
スギの葉は草木染めにも使った葉っぱです。
みんなにも馴染みのある葉っぱだったから、答えを知っていたのかな?
スギの葉っぱを入れたあとに、細い木を入れて、その後太い木を入れてなどどうやって
火を起こすか説明したあとに森へたきぎを拾いにいきました。

Adsc_9052

たき火にいい木は、乾いている木です。パッキと音のする木がいいよというと
みんなしっかりおって確認していました。スギの葉は、染色には緑の葉っぱを
使いましたが、たき火では茶色の葉っぱが適しているので、茶色の葉っぱを
探しました。

Azds_3980

たきぎがそろったので、たき火にちょうせん!
拾ってきたスギ葉も薪も表面が濡れていたので、乾燥している薪、スギ葉と交換してもいいよ!と
言ったのですが、みんな自分達でとってきたものでチャレンジするとのこと!
マッチの練習で自信がついたようで、「マッチしたい!」とみんな言っていました。

Adsc_9065

濡れていたスギ葉はなかなか付かず、乾いているスギ葉を下に入れてやってみたり、
いろんな方法を試しながらみんなで協力してたき火を付けました。

Azds_3991

うちわで扇ぐと火がとても大きくなるので、みんな頑張ってあおいでくれます。
反対側から写真を撮っているので、隊長が燻製になる~!というと、みんなにやっとしてさらに
うちわのパワーが倍増!!

Adsc_9071

頑張ってつけた火でウィンナーと焼きますというと
「お弁当にも入ってた」とテンション下がっている子がちらほら。
たき火のウィンナーはひと味違うから、食べてみようよ!と誘って串を作りました。
みんなお箸を作っているからすぐに串も出来上がりました。

ウィンナーはたこさん型!焼けてくると足が開いてきます。
おはなみたい~!とテンション上がっていると、大雨が降ってきて屋根から
雨が落ちてきました。傘を差しながらのたき火がなんかおもしろく、楽しさが増しました。

Azds_3996

たき火で焼いたウィンナーはとても良い匂いがしてきて、みんな早く食べたくて、食べたくて、
まだ?まだ?と何回も聞いてきてくれました。テンション下がって子もおいしい♪と満面の笑顔に
「いつもはレンチンやから、せっかくやしじっくり焼くわ!」とこだわり派もいました。

自分達で起こしたたき火で、串も自分で作って、みんなと食べるおやつは最高やね♪

今日は、小刀とマッチ、たき火を経験しました。たき火はこれからもするので、しっかりと
覚えていてほしいです。

次回も元気なみんなに会えるのを楽しみにしてます。

にしむら

| | コメント (0)

2019年10月 6日 (日)

モリイコ!S くぬぎ隊 第6回目

秋晴れの今日、くぬぎ隊の活動が行われました。

朝のあいさつをすましたら、早速森たんけんへ。

いつものようにバッタやカマキリ、カナヘビを見つけながらネイチャーセンター裏をすすみ、木道にさしかかったところで発見!

01dsc_8618
↑ヘビの抜け殻~!!

3つほどに分かれていましたがつなげるとだいぶ大きなヘビだと思います。
ウェ~っという気持ち悪いといった声や、触りたい!という声、実際に触ってみるとツルツルしてる!という様々な声が聞こえました。

その後も、普段あまり目にしないものを見ました。

02dscf9357
↑双眼鏡の先にあるのは、木の上に作られたスズメバチの巣です。
肉眼でも巣は確認できるのですが、双眼鏡をのぞくととても大きく中の様子まで見られます。
初めて森に来る子に、いきなりハチの巣をみてもらうと、きっとビックリして怖くなって「森なんて行きたくない」となりかねないのですが、ここは15回以上森に来ているSの子たち、ハチも森の一員ということを知った上で、真剣に観察していました。

でも、ちょっとこわかったね~

木道おわりで今日のミッション探し。
今日のミッションは「自分で作っちゃおう! やきいもを焼こう!」です。

一から自分達で焼きいもを焼くため、
①薪拾い
②ファイヤーサークルの火付け
③お芋掘り
④掘ってきたお芋を焼く
で、ミッション達成!

03zds_3615
↑薪だけでなく、森のたき火には欠かせない、スギ葉を枝から取っています。なんだか綱引きのようです。

スギ葉だけでなく、細い枝から太い枝まで、一輪車いっぱいに拾いました。みんなで拾えばあっという間でした。

04zds_3622
↑今日だけ特別にファイヤーサークルの中に入れます。
拾ってきた葉っぱを入れて、その後枝をいれて準備OK!

05dsc_8641
↑マッチで着火です。
今日は4人が火付けに挑戦しましたが、湿ったスギ葉も多かったためかなかなか火が付かずに苦戦しました。
そのうちの1人の火が全体に燃え移って、着火成功!

拾ってきた枝をすべて入れてたき火は完成です。
たき火の管理は、I隊長にお任せし、みんなは次の段階、お芋掘りへ出発!

森の隣にあるお芋畑で、芋のつるきり、マルチはがしなどを協力して行い、手や移植ごてをつかって掘っていきます。

07dscf9491_20191006174701
↑「芋通しが根っこでつながっているから、この芋とこの芋は親戚やねん!」

09dsc_8654_20191006183601  
↑「お芋見えた~~!」

08dsc_8659_20191006183501
↑「よいしょ、よいしょ! あと、ちょっと!」

10dscf9508
↑「とれたーーー! いっぱいやで」

お芋が出てくる度に「あった!」「こっちの方がいっぱいやで」「あはは~」とにぎやかな声。
お芋を掘っている子ども達の表情はみんなニコニコ笑顔で、こちらもつられて笑顔になりました。

掘り終わった後少し畑のいきもの探しをしていて、さぁ帰ろうかとしたとき・・・

11dscf9540
↑またしてもヘビ!今度は生きている子どものヘビで、水の中をウネウネ動いて移動しています。
うわーっとみんなで水路をのぞき込んで観察しました。
S字を描きながらウネウネという言葉がぴったりの動きで進んで行きました。

お芋掘りが終わったら、お昼から焼きいも用とお家に持ち帰る用のお芋を洗い、お昼ご飯にしました。

ゆっくりお昼の自由時間、たくさん走って、笑って過ごしたので、みんな少しお疲れモード。

それでもまだまだモリイコは続きます。

12dsc_8705
↑お昼からは、いよいよお芋を焼きます。熱々の灰の中に放り込み、約1時間じっくり焼いていきます。

焼きいもを焼いている間にもう一度森たんけん&ミッション探しへ。
13zds_3712
↑地図で「野神さん」を探して進みます。

今の季節、森にはたくさんのドングリが落ちるのですが野神さんに落ちるドングリの大きさは別格!通称「神様ドングリ」と呼ばれるドングリを探しに行きました。

その途中で見つけたカマキリを、ケースに入れていたら・・・

14zds_3737
↑わぁ!なんと二組のカップルが誕生しているではないですか! ちょうど、オスがメスの後ろに回り、メスにアプローチしている所も見ることができました。これで、来年もオオカマキリが森で見ることができるかな。

ドングリを拾った後は、「どんぐりコロコロころがそう!」という第二のミッションで、工作時間。

15zds_3758
↑発泡スチロール板にプスプスと爪楊枝をさして、迷路やピンボールのようなものを作りました。

刺し方も、等間隔に刺していく子、勢いよく刺す子など、それぞれ個性がでて面白かったです。

16zds_3781
↑作ったら、すぐに遊ぶ! 友だちの作った物でも遊ぶ! むっちゃ楽しい!
みんなで交換し合って遊んだり、自分で試して改良したり、工夫して工作と遊びをしていました。

この工作は、ドングリ以外のものを転がすこともできるし、イラストを増やしてもいいし、爪楊枝ならお家でも身近にあるものなので、作り直したりもすることができるので、ぜひもっと自分がワクワクする、どんぐりコロコロにしていってくださいね。

工作が終わったら、最後のおまちかね「焼きいも!」

17zds_3809
↑おいしい~!
自分で掘ったお芋、美味しい、美味しいとみんな言ってくれていました。

隊長も食べさせてもらったけど、本当に美味しかったね!

お家に持って帰ったお芋も、ぜひ家族の人と楽しく調理して食べてくださいね!

今日は盛りだくさんな内容でしたが、一つ一つすることがわかりやすかったからか、ゆったりした感じで一日が過ぎていったように感じます。

まだ少し残っている夏っぽさと、秋が混ざった季節でしたが、次回は11月。
もしかしたら上着が必要な季節になっているかもしれません。
風邪などひかず、また元気いっぱいで11月も来てくださいね! (やま)

| | コメント (0)

2019年10月 5日 (土)

第6回 モリイコ!Sあべまき隊

さわやかな風が吹いたと思ったら暑くなったり、秋が近づいては遠ざかるような今日この頃、モリイコ!S あべまき隊の日です。
前回、前々回とくぬぎ隊と合同だったので大人数でしたが、今日は少人数でまったりとした一日になりました。

こどもたちは森に着くなり、さっそく虫探し。バッタやチョウチョ、カマキリなど秋の虫もたくさん!

Dscf8882
「隊長ー!つかまえたよー!」
と走ってきた手のひらの中には黄色いチョウチョが。
丁度送りに来られていた保護者の方もいたので、みんなで「おー!すごい」と言った、その次の瞬間。目に入ったのは全身にびっしりと付いたくっつきむし・・・。「うわー!!こっちはもっとすごい!!」
隊長もここまでびっしりなのは初めて見ました。
しばらくみんなで協力してくっつきむし取りをして、みんなが揃ったので森たんけんへ。

くさはらにはみんなが好きないきものがたくさんいたのであっちでもこっちでも「あ!いた!」「つかまえた!」「にげられた~」と追いかけ回していました。
Dscf8917
こちらは小さな赤ちゃんのカナヘビをつかまえました!

木道を歩き出すと、隊長が小声で
「ちょっとみんなに見せたいものがあるねん」と。
Dscf8943
木道から見える高い木の上の方に、スズメバチの巣ができているので、双眼鏡を使ってそーっと観察しました。

Dsc_8398
クモもたくさん。大きなクモの巣にかかったチョウチョが食べられているところでした。
「ひどい!クモやっつけたい!」「でもクモも生きてるんやし・・・」と自然の世界の営みを覗いてしまいドキドキ

もう少し歩いたところで今度はミッション探し。
今日のミッションは「やきいもをやこう!」
しかも、ただ焼きいもを焼くと言っても今回はたき火から芋掘りまで、全部自分達でやっちゃいます。

ということで、まずは薪拾いから。
何が要る?と聞けば、すぐにスギの葉っぱ!枝!と返事が。この調子ならバッチリ焼きいももできそうです!
ちょうど近くに、折れ枝を処理して置いてあった枝の山なんかもあったので、「これ持っていく?」と聞くと、「いや、森の中で拾う!だってその方がモリイコっぽいやん」と言われてしまいました。何でも自分達でやってみよう!というモリイコ精神が根付いているんだなと嬉しく思いました。
Dscf8984
焼きいもを焼く火をつけるので、細い枝から太い枝までたっぷりとセンターまで運んで来ました。

運んで来たスギの葉っぱや薪をファイヤーサークルに順番に置いていき、マッチで着火しました。
Dsc_8407
ほどよい風の助けもあり、あっという間に大きな木にもどんどん火がついていき、大きなたき火にする事ができました。

火もつけられたので、次はお芋を掘りに芋畑へ。
お芋のつるを切ったりマルチを剥がしたりもみんなで協力して行い、一人1株ほどお芋を掘って行きました。
Zds_3452
移植ごてでお芋を傷つけてしまわないように、お芋の場所を確認しながらちょっとづつ掘って行きます。
「ココほれワンワン!」と言いながら掘ったり、お芋が見えてくると「うんとこしょ!どっこいしょ!」とかけ声をしたりしながら掘っていました。
Dscf9088
抜けたー!

Dscf9077
ちょうど良い大きさのお芋がコロコロとついていました。
掘ったお芋は、センターに帰ってから持って帰るお芋と焼くお芋を選んで、お昼ご飯を食べることにしました。

くさはら広場でお昼ご飯を食べて、いきものつかみをしたり、〇〇拾いをしたりしていました。
その〇〇拾いとは・・・
Zds_3521
どんぐり帽子!
確かに、ドングリがたくさん落ちればどんぐり帽子もそれだけの数あるわけですが、あっという間にたくさんに集めていました。
帰る頃には800個!

午後一番は、焼きいもの準備。新聞紙とアルミホイルにお芋を包みました。
Dsc_8504
くるんだお芋は、みんなが付けたたき火で温めたファイヤーサークルの中へ放り込みました。

Dsc_8508
1時間ほどじっくり焼くので、その間もう一度森たんけんへ。

Zds_3547
たくさん落ちているケヤキの葉っぱでシャワーにして楽しんだりしました。

途中でミッションも発見。
「ドングリをコロコロころがそう!」
ということで、とりあえずドングリを拾って、センターに戻りました。

作業小屋に戻って今度は転がす装置作り。
発泡スチロール板にプスプスと爪楊枝を刺して作りました。
Dscf9255
点数制にしたり、迷路にしたり、絵を描いたり好きなように作ってきます。
Zds_3566
みんな結構無心に爪楊枝をプスプスと刺して作っていました。
Zds_3572
さぁ転がるかな?

またお家でも家族とドングリやビー玉など転がして遊んでみてください。

最後はみんなでまったりと焼きいも食べました。
今日のモリイコのテーマは「自分達で作っちゃおう!」ということで、焼きいもにコロコロ装置に、色々作ったり食べたり、モリイコ!S らしく何でも自分達でしました。お芋に装置にとお土産がいっぱいでしたが、またお家でも食べたり遊んだりしてくれるとうれしいです。

(わた)

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »