2019年度 Sくぬぎ隊

2019年11月 3日 (日)

第7回 モリイコ!Sくぬぎ隊

早くも7回目!!
モリイコ!Sも残すこと3回となりました。
今日もまずは森たんけんへ。

たんけんに出発して、まず橋から川を見て見ると、タイコウチや~!と橋の上から
見つけていました。タイコウチ2匹とカエル1匹。
わー!サワガニがいる~♪よく見てみるととても大きなサワガニがいました。
隊長でもなかなか見るとこができないサイズのサワガニだったので、みんなは少し怖がっていました。

Apb037554

シェルターに向かうと、アリジゴク祭や~!とみんな一斉に穴を枝でつっついて
アリジゴクを探しました。穴はたくさんあるのですが、なかなか本体を見つけるのは
難しく、私は見つけたことがありません。
いた~!と1人の子が見つけていて、みんなで観察しました。

隊長が作ったアリジゴクがいそうな穴は、これ違うよ~!大きすぎるよ~!と
すぐにばれていました。よく観察できている証拠ですね。

Apb037562

黄色や赤、オレンジなど、さまざまな色の葉っぱが紅葉して落ちています。
子どもたちの小指くらいの葉っぱからみんなの顔くらいの葉っぱ。
隊長その葉っぱ貸してみて!といわれて渡すと、葉っぱのお面に大変身。

Apb037579

クモの巣にいろんなものをひっつけて遊んでいました。
ドングリもひっかかているのにはビックリです。

Azds_4439

秋の森はドングリ以外にも木の実がたくさん!
むらさきの実、黒い実、チョコビーのような種など、ドングリの帽子に
実を入れてつぶして、スープにするねん!といって料理開始。
これもトッピングして、など、秋の森の特製スープが出来上がっていました。

Apb037584

秋の森をゆっくり回って、秋を感じました。
ミッション『めざせ!たき火名人』です。

まずは、マッチの練習!レベル1~レベル3まで挑戦しました。

レベル1 マッチのリレーをしよう!
レベル2 マッチをすってみよう!
レベル3 マッチをはんぶんまで燃やしてみよう!

マッチの練習を1からするのは久しぶり。
ドキドキしながら、挑戦してくれていました。

Adsc_0301

たき火もレベル1レベル2があります。
いつもはみんなでたき火をしますが、1人でします。
レベル1は 新聞紙から森で作った薪でつけてみました。子どもたちは初めて。
隊長が火のつけ方を説明。マッチの火をどこにつけたらよい?と聞くと、
木のさきっちょ?新聞紙のところがいいんちゃう?いろんな意見が出てきたので、
どっちも試すことに!木のさきっちょでは、火がつかないので新聞紙やな!目で見て納得していました。

Azds_4449

みんな無事合格!
レベル2は スギ、たきぎを使ったたき火?モリイコ!Sのみんなだから、濡れた木でやってみました。
準備を完璧にしてから行う子や、準備半ば始める子などさまざま。
途中でじょうろの雨が降ってくると、それにも耐えれる上手なたき火をつけていました。

Azds_4462

お昼ご飯は、シェルターの上で食べました。
そのにカマキリが!どうやってシェルターに来たんだろう・・

午後からのミッションは『自分でつくっちゃおう!森のうんどうかい』
うんどうかい?森のうんどうかい?
森をぐるっと回ろう!借り物競走したい!いろいろなアイデアが出てきたので、
班ごとに分かれて考えました。

一つのチームは、かりもの競争とドングリリレーの2つからかりもの競争に決まりました。
準備の時間がたくさんあったので、いろいろなお題を考えることができました。
なかには、これは難しいんやない?ってものも・・・
もう一つは、30個の中から選んで、もりのいきものつかみ競争に決まりました。
30個もアイデアが出てくるのはすごい!!


Adsc_0336

考えたあとは、準備もしました。カマキリ3匹、コオロギ1匹、黄色の葉っぱ1枚
色違いの葉っぱ2枚、など秋らしいものがたくさん出てきました。

Azds_4513

かりもの競争チームから!
説明もみんなも前で自分たちでしました。
いつも大きい声でお話ししたりしているけど、前に立つと少しはずかしい・・・
いつもとは違う、みんなの頑張っている姿を見ることができました。


Adsc_0346

カードを引いて森へ探しに行きます。
こんな無理やー!といいながらよろこんで走っていきました。

Azds_4530_20191103185701

見つけたものは、隊長がチェック!結果は6-6同点でした。

Adsc_0356

森のいきものつかみきょうそうは、色ごとに得点が違います。
みどりは5点、茶は1点、くろは10点、モリイコS特別カード100点
特別カードは、ちょうちょやトンボ、秋らしくないいきもの
マイナスは花や葉っぱ-1点

Azds_4548
いきもの見つけたけどとれへん!となると、みんなで協力!

Azds_4556

密かに隊長チームも参戦。結果はぶっちぎりで隊長チームが勝っていましたが、
葉っぱについているカタツムリ、なぜかケヤキの葉っぱが入っていて隊長チームだけ
マイナスポイント。説明を聞いていたのに、いきものの点数に目を向けていたので、うっかりでした。

 

かまたまみつけたでーー!と教えてくれて、かまたま?カニカマ?なんのこと?ってなっていると
カマキリの卵やで!と教えてくれました。よーくみてみると、お母さんが卵を産んでいることに気がついた子がいました。
みんなで出産シーンを見ることができました。
森のカマキリは出産ラッシュです。

Azds_4541

Azds_4544

最後に隊長からの種目!1つはさがしもの競争でみんなと考えたものと似ていたので、
ドングリキャッチも提案してみました。両方やりたーいということだったので、両方チャレンジ。
まずは、ドングリキャッチ!帽子を使って上手にキャッチしていました。
上手い子は一人でなんと16個も!

Azds_4566

最後はさがしもの!無線とカメラを持って子どもたちだけで、森へ探しにいきました。
アイテムがあると、みんなやる気満々!
森をぐるっと走ってさがしてきてくれました。

Azds_4595

いっぱい体を動かしたので、最後におやつを食べました。
森のきまぐれシェフ特製の大学芋です。
お芋はこの前みんなが掘った畑の芋です。みんなでおいしくいただきました。

Adsc_0402

午前中はどうやったら、火がつくかな?と頭と使って、午後からは体を
たくさんつかって森を楽しむことができました。
みんなで考えた運動会はとても盛り上がり、何回もやりたーいとなっていました。

次回は12月!もっ~と寒くなっています。
体調に気をつけて、みんな元気に来てね。

にしむら

 

| | コメント (0)

2019年10月 6日 (日)

モリイコ!S くぬぎ隊 第6回目

秋晴れの今日、くぬぎ隊の活動が行われました。

朝のあいさつをすましたら、早速森たんけんへ。

いつものようにバッタやカマキリ、カナヘビを見つけながらネイチャーセンター裏をすすみ、木道にさしかかったところで発見!

01dsc_8618
↑ヘビの抜け殻~!!

3つほどに分かれていましたがつなげるとだいぶ大きなヘビだと思います。
ウェ~っという気持ち悪いといった声や、触りたい!という声、実際に触ってみるとツルツルしてる!という様々な声が聞こえました。

その後も、普段あまり目にしないものを見ました。

02dscf9357
↑双眼鏡の先にあるのは、木の上に作られたスズメバチの巣です。
肉眼でも巣は確認できるのですが、双眼鏡をのぞくととても大きく中の様子まで見られます。
初めて森に来る子に、いきなりハチの巣をみてもらうと、きっとビックリして怖くなって「森なんて行きたくない」となりかねないのですが、ここは15回以上森に来ているSの子たち、ハチも森の一員ということを知った上で、真剣に観察していました。

でも、ちょっとこわかったね~

木道おわりで今日のミッション探し。
今日のミッションは「自分で作っちゃおう! やきいもを焼こう!」です。

一から自分達で焼きいもを焼くため、
①薪拾い
②ファイヤーサークルの火付け
③お芋掘り
④掘ってきたお芋を焼く
で、ミッション達成!

03zds_3615
↑薪だけでなく、森のたき火には欠かせない、スギ葉を枝から取っています。なんだか綱引きのようです。

スギ葉だけでなく、細い枝から太い枝まで、一輪車いっぱいに拾いました。みんなで拾えばあっという間でした。

04zds_3622
↑今日だけ特別にファイヤーサークルの中に入れます。
拾ってきた葉っぱを入れて、その後枝をいれて準備OK!

05dsc_8641
↑マッチで着火です。
今日は4人が火付けに挑戦しましたが、湿ったスギ葉も多かったためかなかなか火が付かずに苦戦しました。
そのうちの1人の火が全体に燃え移って、着火成功!

拾ってきた枝をすべて入れてたき火は完成です。
たき火の管理は、I隊長にお任せし、みんなは次の段階、お芋掘りへ出発!

森の隣にあるお芋畑で、芋のつるきり、マルチはがしなどを協力して行い、手や移植ごてをつかって掘っていきます。

07dscf9491_20191006174701
↑「芋通しが根っこでつながっているから、この芋とこの芋は親戚やねん!」

09dsc_8654_20191006183601  
↑「お芋見えた~~!」

08dsc_8659_20191006183501
↑「よいしょ、よいしょ! あと、ちょっと!」

10dscf9508
↑「とれたーーー! いっぱいやで」

お芋が出てくる度に「あった!」「こっちの方がいっぱいやで」「あはは~」とにぎやかな声。
お芋を掘っている子ども達の表情はみんなニコニコ笑顔で、こちらもつられて笑顔になりました。

掘り終わった後少し畑のいきもの探しをしていて、さぁ帰ろうかとしたとき・・・

11dscf9540
↑またしてもヘビ!今度は生きている子どものヘビで、水の中をウネウネ動いて移動しています。
うわーっとみんなで水路をのぞき込んで観察しました。
S字を描きながらウネウネという言葉がぴったりの動きで進んで行きました。

お芋掘りが終わったら、お昼から焼きいも用とお家に持ち帰る用のお芋を洗い、お昼ご飯にしました。

ゆっくりお昼の自由時間、たくさん走って、笑って過ごしたので、みんな少しお疲れモード。

それでもまだまだモリイコは続きます。

12dsc_8705
↑お昼からは、いよいよお芋を焼きます。熱々の灰の中に放り込み、約1時間じっくり焼いていきます。

焼きいもを焼いている間にもう一度森たんけん&ミッション探しへ。
13zds_3712
↑地図で「野神さん」を探して進みます。

今の季節、森にはたくさんのドングリが落ちるのですが野神さんに落ちるドングリの大きさは別格!通称「神様ドングリ」と呼ばれるドングリを探しに行きました。

その途中で見つけたカマキリを、ケースに入れていたら・・・

14zds_3737
↑わぁ!なんと二組のカップルが誕生しているではないですか! ちょうど、オスがメスの後ろに回り、メスにアプローチしている所も見ることができました。これで、来年もオオカマキリが森で見ることができるかな。

ドングリを拾った後は、「どんぐりコロコロころがそう!」という第二のミッションで、工作時間。

15zds_3758
↑発泡スチロール板にプスプスと爪楊枝をさして、迷路やピンボールのようなものを作りました。

刺し方も、等間隔に刺していく子、勢いよく刺す子など、それぞれ個性がでて面白かったです。

16zds_3781
↑作ったら、すぐに遊ぶ! 友だちの作った物でも遊ぶ! むっちゃ楽しい!
みんなで交換し合って遊んだり、自分で試して改良したり、工夫して工作と遊びをしていました。

この工作は、ドングリ以外のものを転がすこともできるし、イラストを増やしてもいいし、爪楊枝ならお家でも身近にあるものなので、作り直したりもすることができるので、ぜひもっと自分がワクワクする、どんぐりコロコロにしていってくださいね。

工作が終わったら、最後のおまちかね「焼きいも!」

17zds_3809
↑おいしい~!
自分で掘ったお芋、美味しい、美味しいとみんな言ってくれていました。

隊長も食べさせてもらったけど、本当に美味しかったね!

お家に持って帰ったお芋も、ぜひ家族の人と楽しく調理して食べてくださいね!

今日は盛りだくさんな内容でしたが、一つ一つすることがわかりやすかったからか、ゆったりした感じで一日が過ぎていったように感じます。

まだ少し残っている夏っぽさと、秋が混ざった季節でしたが、次回は11月。
もしかしたら上着が必要な季節になっているかもしれません。
風邪などひかず、また元気いっぱいで11月も来てくださいね! (やま)

| | コメント (0)

2019年9月 8日 (日)

第5回 モリイコ!Sあべまき隊・くぬぎ隊合同

9月7日(土)に、モリイコ!Sあべまき隊・くぬぎ隊合同の活動を行いました。毎年この時期は、夏の夜の自然の楽しさを伝えるために、夜の森プログラムを行っています。先月に引き続き、合同の活動&モリイコ!2年目以降の子ども達なので、森にも仲間にも慣れていて不思議と連帯感があり、出だしから仲良く活動が始まりました☆

今回はお昼から集合して、まずは全員でいつもの森たんけんから。センター前の高木を更新のため伐採してからは、太陽の光が良く当たるので、開けた場所には一気に草が生えてきました。草が生えると、そこに集まる小さな虫達。すると、今度は大きな虫達がやってきて、命の営みが始まります。去年のこの場所と比べるといきもの達がとても増えています。草があればいきものがいることを知っている子ども達は身近な草むらで次々といきものを見つけていました。

2p1016380

こちらは、落ちたばかりのドングリ。今年の初物です!つやつやでキラキラ☆ドングリ拾いが楽しそうでした。

1_dsc0137

そして、こちらも子ども達の人気者。大人になった大きなカマキリを見つけました。森の中では、チョロチョロ動く赤ちゃんカナヘビもたくさんいましたね!つつくとケムリのように胞子が出てくるキノコを見つけたり、子どもの数が多い分、発見もたくさん!あちこちで「〇〇見つけたん!」「隊長ー!見て見て~!」と誇らしげに捕まえたいきものを見せてくれる子ども達でした。

3_dsc0153

最後は、くさはら広場で今日のミッションを見つけ、センターに戻ってきました。今日のミッションは「たき火でよるごはんをつくろう!」でした。

4p1016406_20190908132601

真夏並みに暑かったので、みんな汗だく…。今日は、N隊長お手製の美味しいプリンのおやつを食べて、少し休憩しました。

5zds_2436

休憩の後は、いよいよご飯作り開始です。お腹が空くまでに、頑張ってつくるぞ~!
メニューは「チキンナゲット丼とほうれん草とベーコンのスープ」でした。今回はたき火班と料理班に分かれて準備を始めました。子ども達が包丁を持って食材を切ることもすごいのですが、モリイコ!のもっとすごい所は、火付けのために柴刈りから始めるところですね。どの木がよく燃えるか、どんな太さの木が必要か、体験しながら覚えていき、だいたいは子ども達だけでできるようになってくる姿は、とても頼もしいです!

8dsc_7523

たき火の準備が整ったら、マッチを擦って火をつけます。

9zds_2451

木を足していき、うちわで扇ぎ、どんどん火を大きくします。

10zds_2470

料理班は、エプロンと三角巾をつけ、レシピをみながら手順を確認しました。

6_dsc0188

みんなで手分けしながら、譲りあいながら(ここがすごい!)野菜を切り分けていきました。

7p1016427

大きなたき火の準備ができたら、お鍋を火に掛けていきます。ガスコンロではないので、ほっといたらどんどん火が小さくなります。火加減をみながら、時折木をくべていきます。暑い日のうえに、火のそばはもっと暑いのですが、みんな頑張っていて、感心しました。

11dsc_7536

「もっと扇がないと、お鍋ぐつぐつしないよー」と言うと、煙たいし、暑いけど…みんなで「うぉー!」と頑張って扇いでくれました!

12_dsc0211

さぁ、お料理班も終盤です。「チキンナゲット丼」の具材に卵を回し入れて、一煮立ちさせれば完成です!

13p1016457

みんなで協力して、手際よくできたお陰で、なんと予定より30分も早く晩ご飯が出来上がりました!
お天気も良かったので、青空のもとみんなで晩ご飯をいただきました。とても美味しく出来上がり、お腹いっぱいになったね。

14zds_2503

さて、モリイコ!隊員は食べたら終わりではありません。料理の終わった後のお鍋の底は真っ黒けなんです…。最初のお鍋のようにピカピカになるまで、金タワシでゴシゴシ磨きます。ちゃんと洗えてるかどうか、隊長チェックをクリアできるまでピカピカに洗ってくれました。後片付けも自分達でできてえらい☆

15dsc_7553

お片付けが終わった後は、くさはら広場でもう一度、虫つかみ。子ども時分に暗くなるまで外遊びって、素敵な体験だなぁと思います。

18zds_2536

上手につかめるようになったね!

17zds_2526

ここからは、今回のクライマックス「夜の森たんけん」です。
夏から秋に移り変わるこの時期は、夜の虫の音がとても美しいですね。子ども達にも、鳴く虫を知って欲しく、プロジェクターを使ってどんな虫がどんな声で鳴いているのか紹介しました。

19dsc_7568

その後は、隊長が事前に捕まえておいた鳴く虫達を実際に観察しました。

21_dsc0245

夜の森たんけんは4チームに分かれて行きました。各班、虫を見つける時以外は極力使わない約束でランタンと小型のライトを持って移動しました。月が明るかったので、しばらくすると暗がりに目も慣れてきましたね。私の班は「ちょっと、みんなはぐれたらあかんで、全員手つなご!」って一人の子が言ってくれて、「うん、そうしよ!」って6人手をつないで真っ暗な森をあるきました。暗がりの中、危ないかも?と思ったりもしましたが、みんなを気遣い、みんなで行こって言う心意気と団結力に頼もしいなぁと思いながら、いつもと違う活動の中で、子ども達の違う一面や成長していく姿を見れることは、とても嬉しいことだと思いました。

暗い森の中では、ガチャガチャ鳴く「クツワムシ」を見つけて、見事捕まえることができた班もいましたよ。また、今年は森のあちこちで、ホタルの幼虫がピカピカ光っている姿もたくさん見ることができました。こんな時期にホタル!?って驚かれるのですが、陸上性のホタルが森には住んでいるんです。夜になると、葉の上に上がってくるようで、昼間では見えないいきものも子ども達知ってもらうことができて良かったです。

20zds_2545

夜の森を歩く経験って、毎日森に来ている隊長達でもなかなかしないことなので、子ども達にとっては大きな階段を一つ上がることができた体験になったんじゃないかな?と思いました。ちょっと怖かったけど、夜の森とても楽しかった♪って、誇らしげに笑顔で帰っていった子ども達でした。
今回は夜8時半までの活動だったので、子ども達もずいぶん疲れていたと思います。ゆっくり休んで、まだまだしばらく暑い日も続きますが、お家でも元気いっぱい自然の中で遊ぶ体験もしてもらえたらなと思います。来月は、もっとドングリも落ちて、秋らしくなっているのでしょうね。次回もみんなと森で会えることを、楽しみにしていますね♪  くま

 

 

| | コメント (0)

2019年8月18日 (日)

第4回 あべまき隊・くぬぎ隊合同

良い天気の日が続いており嬉しいですが、熱中症が心配になってきますね。
今日は比較的過ごしやすい気温だったので、子ども達も元気に活動していました。

第4回目のモリイコ!Sは、あべまき・くぬぎの合同での活動!計18人で活動しました!

まずは、恒例のミッション探し。
しかし、今回はミッションを探すのではなく釣りました。
01_dsc0300
折り紙で折ったカニを一人一匹つりました。
ちなみに、ブルーシートは川のつもりです。川に入ったらダメ!というルールにしました。
02_dsc0313
カニの裏には文字がついています。
この文字をつなげると、今日のミッションになります。

そして、今日のミッションは「かにをしろう!かにのおうちをつくろう!」です。

まずは、カニを知るために〇×クイズをしました。
ただ、普通にするとつまらないので、〇や×に移動するときは「カニのまねをしながら移動する」ということにしました。「カニのまねをしなかったら正解でも不正解扱い」というと、恥ずかしがりながらもカニのまねをしていました。
03_dsc0318
しかし、途中から楽しくなったのか、ノリノリでカニのまねをするようになりました。
ちなみに、隊長はカニの頭とはさみを装着しました。
04dsc_6663
カニの頭とはさみを机におくと、「かぶりたい!かぶりたい!」とかぶって遊んでいました。
クイズが終わったら、カニの家をつくるために石や枝などの「家の材料」と「住んでもらうカニ」を探しに行きました。
探しに行くときは全員で行くと多いので、4班にわかれて行ってきました。
08zds_1654
森に行くと出会ったのは、スズメバチ。死んでいるとはいえ、針は生きているので触ってはいけません。
ちなみに、持っているバケツにカニの家の材料を、隊長が持っているバケツにカニをいれました。
07dsc_6669
カニを見つけるために水辺に入りました。
明るいところはなかなか見つからなかったのですが、近くの橋の下に行くとたくさんのチビカニがいました!
05_dsc0368
これはチョウの羽を拾ったところ。
帰ってきた時に「たいちょ~う。チョウの羽拾ったの~」と嬉しそうに見せてくれました。
見せてもらったのはアゲハチョウの羽で、とても綺麗な形で残っていました。
ここの森では、いきものは持って帰ってはいけませんが、いきものの一部を拾ったらそれは持って帰ることができるので宝物にしてほしいです。

家の材料とカニをつかめたら、作業小屋でカニの家づくりです。
カニの家を作る前に、1班に1コの霧吹きを渡して体に吹きかけて涼んでもらいました。
06dsc_6710
「へへへ~かけてやる~」って顔で近づいてきたので、目つぶって覚悟を決めたら冷たい水が顔に!
冷たくてすごく気持ちよかったです!これは熱中症対策として高得点な方法です。
09_dsc0386
こちらはカニの家を作っている様子。
石を入れたり、草を入れたり、竹を入れたり。班によって様々な家ができました。
10zds_1704
色々入っており、カニもきっと喜んでいるはず。
竹を入れた班は、ちょうどカニが筒の中に入っており、「カニのベッド!」といっていました。
子ども達の自由な発想が見られて、工作は見ているこちらも楽しいです。

カニの家を作り終えたらお昼ごはん。
今日は暑かったので、お弁当はレクチャールームで食べました。
クーラーが効いていて涼しかったのですが、カニつかみの時にずぶ濡れに濡れた(濡らされた?)私は、クーラーがあまりにも寒すぎたので太陽の下で食べました。暑かったです…

お弁当を食べたら、今日はおやつをつくりました。
11_dsc0298
おやつはゼリーです。
いつもはもらうだけのおやつですが、今日は作りました。上手に出来るかな?
13dsc_6796
おやつが作れたら、水には入れる格好にきがえて水のいきものつかみ!
一人ひとつの網をもって水の中に入りました。

「これなに~?」とつかんだいきものを聞かれました。
「これはドンコだね~」とか「おっ!ギンヤンマのヤゴじゃん!」と隊長らしく答えていたのですが、すごい迷ういきものを持ってこられました。「小さいオケラ?大きなモンカゲロウ?」としか答えられなかったです…
結局あのいきものは何だったのでしょうか?今でもわかりません。

いきものつかみを終えたら、着替えをして作ったゼリーを食べました。
14_dsc0342
上手につくれていました!
みんなおいしいそうに食べていました!
いきものつかみで動き、体が熱くなっていたので、冷たいゼリーがすごくおいしかったです。

つかまえたいきものは水槽に移しました。
15dsc_6836
「カニが魚食べてるっ!」「食べられた魚がタイコウチに吸われてるっ!」と、自然の光景を見られて興奮していました。
みんなが水槽の前からいなくなってから、カニが魚を両手にもっていたり、タイコウチがドンコを襲ったりと、さらなる光景が見られました。
自然ってすごいなと思います。
16zds_1771
最後のあいさつが終わった後は、お迎えが来るまで自由時間。
ヨウシュヤマゴボウの実をつぶして出した液体をマニキュアにしたり、鬼ごっこをしたりととても楽しそうにしていました。

お迎えが来たら、作ったカニの家を見せたり、つかまえた魚を見せていました。
カニの家は一つ一つ違くて面白かったし、魚はみんなが協力していっぱいつかまえていました。
カニの家や魚を見られた方は、是非感想をお子さんに聞かせてくださいね。

次回のモリイコ!Sは、今回同様合同での活動になります。
また、活動時間が13:30~20:30と午後からの活動になります。お昼ごはんはお家ですませてきてくださいね。
次回はお迎えの時間が遅くなりご迷惑をおかけしますが、なかなか体験できない夜の森が体験できますので、ご理解ご協力の程よろしくお願いいたします。

最後になりますが、また次回も元気にモリイコ!Sにきてくださいね。

隊長

| | コメント (0)

2019年6月30日 (日)

モリイコ!S くぬぎ隊 第3回目

今日はどんより曇り空。予報は雨です。そんな中でもモリイコ隊員はみんな元気に森に来てくれました。

今日はいつものモリイコ!とは違いいきなりミッション発表!
なぜかというと今日はお弁当は持ってこず、みんなでお昼ごはん作るからです。

今日のお昼ごはんは何を作るのかというと…

P6300245
今日のメニューはピザ!ミッションは「すみびでピザをつくろう」です。

そしてピザづくりの道は長い…やることが多く大変です。

まずは、材料をボウルに入れることから始まります。

Dsc_5265

小麦粉とドライイーストの粉物を入れたら、オリーブオイルに砂糖、ぬるま湯を入れます。


そしてしゃもじで混ぜていくと、次第に固まっていきます。

Dsc_5307
ある程度固まればしゃもじではなく、今度は手でこねていきます。手につかなくなり、生地がつるつるになったら完成です。

完成した生地は丸めてひび割れがあまりない状態にしたら、ボウルにラップをかけて放置します。
時間を置いて発酵させ膨らませます。

生地をこね終わったら、ピザのトッピングの材料を切ります。

Dsc_5321

ピーマン・パプリカ・タマネギ・シメジ・・・などなど、たくさんの具材を切りました。
手をきることなく無事にすべての具材を切ることができました。

材料が切れたら生地をのばしていきます。

Dscf4265
一人が伸ばして、一人がおさえて、協力して行いました。
ピザと言えば◯型。今日はどんな形でもいいよ~と言っていましたが、まん丸が一番むずかしいよと言うと、まん丸に挑戦している子達が多かったように思えます。

次はピザを焼く窯作り。まずはたき火です。
前回のモリイコ!Sでもたき火をしているので、今回は特にたき火の説明をしなかったのですが、みんなしっかりとできていました。
_dsc2315
たき火は3班に分かれたのですが、どの班も今日は雨で湿気が多くて、杉の葉っぱへの着火が上手くいかず…

Dscf4294 でも班の中で「こうしたらどう?」「ここに火をつけよう!」など相談し何度もチャレンジして火をつけることができました。

そして今回は炭火でピザを焼くのでここに炭を投入し、みんなに扇いでもらいました。
_dsc2322
ピザ焼きには炭が多く必要なのでたくさん炭を入れたのですが、みんな扇ぐのが上手!あっという間に着火しました。

その後、ブロックやレンガ、鉄板で作り、簡易ピザ窯の完成です!
ブロックもレンガも鉄板も全部が重いので、暑い中たき火をし、重いものを運んでと大変でしたがみんな楽しそうにしていました。

窯が完成したら次はトッピングです。ピザ作りの工程もあと少し!

トッピングのお約束は
・一人で材料を使いすぎないこと
・材料を残さないこと
です。これらを守れば、どんなふうにトッピングしてもだいたいOKです!

Dscf4393

綺麗にならべたり、豪快に乗せたり!

Dscf4402
星の中に顔ができていたり!

ここまでできたら、あとは焼くだけ。

Dscf4447

窯をよ~く見てみるとチーズが溶けてる!トマトが鉄板にくっついた!など発見があります。
どのピザも「お~、美味しそう!」と嬉しそう。早く焼けないか待ち遠しいです。

今日のお昼はピザと一緒にT隊長特製の野菜スープ。
Dscf4469

今日は星型のキュウリが入っています!さぁ自分の器に☆のきゅうり入ってるかな~

Dsc_5426

ピザが焼けたらみんなでいただきまーす!

Dscf4509
本当に熱々!でも熱いけど「美味しい~~~」

汗をかきならも、できたて熱々をみんなで次々に食べて、今日は作った8枚のピザすべて完食しました!
とっても美味しかったです。ごちそうさまでした。

お昼休み、外は土砂降りの雨。
子どもたちはそんな雨でも大はしゃぎでびしょ濡れになって遊んでいました。
全身濡れた子もいたので、お着替えをして午後からの活動スタート。

午後からは第二のミッション。「モリイコ探偵団 虫たちのこどもを探し出せ!」
今までモリイコやSラボで虫をつかまえたことはありますが、虫のこどもに注目したのは今回が初めてだと思います。
と言いつつも、外はまだ雨降り。
今日はいきものは捕まえられないかもしれないし、とりあえず今日はまだ森探検に行ってないので、ゆっくり雨の森探検しにいこうといって、班にわかれて森探検スタート!

かっぱに傘に長靴に、隊員たちは雨の森へ行く装備もバッチリです。

Dsc_5494

雨の中でもたくさんの虫たちを捕まえてきてくれました。

P6300254

捕まえてきたイモムシがうんちした!
みんなで観察したらとっても楽しい発見があります。

P6300264

図鑑を使って虫たちの名前や大人の姿を調べました。

Dscf4541

水辺でつかんだヤゴたちはオニヤンマ。
大中小といましたが、オニヤンマの一生は3年~4年と言われているので、ヤゴの1年生、2年生、3年生だったのかもしれませんね。

他にも、バッタ、アリジゴク、カマキリ(オオカマキリにハラビロカマキリ)、クサキリの子ども、ヤブキリ、ダンゴムシ、ヤマナメクジなどいろんないきものも見つけました。

雨の一日でしたが、みんなが帰る頃には晴れ間も見られました。
今日は一日いろんなことをしたので、家に帰ってたくさんお話をしてあげてください。
また、雨で濡れてしまった子もいたので、温かいお風呂でゆっくり疲れをとって明日からまた元気に過ごしてくださいね。

次回のくぬぎ隊は、8月18日(日)になります。いつものモリイコ!Sとは違って、くぬぎ隊との合同になります。
すでに夏休みに入っている時期なので、風邪などひかないように気を付けてください。
それでは、次も元気なみんなに会えるのを待っています!

やまきた

| | コメント (0)

2019年6月 9日 (日)

モリイコ!Sくぬぎ隊 第2回目

徐々に暑くなり体調が心配になってくる日が多くなってきましたが、隊員は元気に来てくれました。
早く来た子はセンター前でいきもの探しをしていました。見つかったのは、ハサミムシに大量のアリの卵、そしてコクワガタのメスです。

全員集まったら、まずは森たんけん。
すでにいきものを見つけているので目が森に慣れているはずなので、きっとたくさんのいきものが見つかるでしょう。
01zds_9443
一番に見つかったのはタケノコ。
生えたての小さいものもあれば、自分の身長よりも大きなタケノコもありました。
また、タケノコの皮がとれたばかりの竹は白い毛が生えてふわふわしており、触ると跡がつきました。隊長の名前を書いたりして遊んでいました。
02zds_9460
「たいちょう、たいちょう。これで遊ぼう!」
持ってきたのは「シャクトリムシ」でした。シャクトリムシで遊ぶというのは、シャクトリムシの糸を持って、次の人が糸をつかんでシャクトリムシを受け取る、といった感じです。先に落とした人が負けになります。
普段は2回くらいで糸が切れるのですが、今回はずっと続いたので同点(だと思いたい)です。
03zds_9473
水辺ではたくさんのいきものを捕まえました。
サワガニにトンボに生まれたてのカマキリがいました。
「カマキリほしい!カマキリほしい!」と頑張って小さなカマキリを茂みの中で捕まえていました。
04dsc_3819
こちらはカタツムリを見つけたところ。
小さなカタツムリと、小さな小さなカタツムリの2匹を見つけました。

たんけんの後はミッションです。
今日のミッションは「Sラボ!つかまえた虫を研究して図鑑をつくろう!」です。
05dsc_3852
図鑑の作り方を聞きます。
絵を描いて体長や体温などを測ったり、いた場所をかいたり、オススメポイントをかいたり。
どんな図鑑が完成するのかな?

でもその前に。
まずは研究対象のいきものを捕まえに行きます。
06dsc_3857
何つかまえた?何匹つかまえた?などの会話がありました。
チョウを上手にカップでつかまえたり、一つのカップにたくさんのバッタやカニなど、同じ種類のいきものを入れたり。
みんなお気に入りのいきものを探していました。
「トンボとカナヘビがほしい!」と言っていましたが、なかなかトンボは見つからず…
見つかっても、動きは早いしなかなか止まってくれないし…結局トンボは捕まえられませんでした。が、カナヘビは何匹か捕まえることができました!しかも結構大きくてしっぽが長いやつを。
07zds_9520
大きめのガを捕まえました。
虫網を用意していたのですが一部の子しか使っておらず、使っていない子に聞いてみると「カップだけで捕まえられるやつでいい」と言っていました。そのカップでチョウやガを捕まえるんだからすごいなぁと思います。

08dsc_3865
「こんなにつかまえた~」
とカップに入っているいきものを見せてくれました。
テントウムシやチョウ、ダンゴムシなど色々な種類のいきものがいました。

午前中はいきものを捕まえて終わり。お弁当を食べた後に研究は始まります。
09zds_9545
どんな風に研究したのかというと、写真の様にファーブルという顕微鏡を使用したり、虫眼鏡を使ったり、体温を測る特殊な道具を使いました。
拡大すると普段見えないものが見えるので、みんな楽しそうにしていました。
10zds_9567
道具を使わずに目だけで観察することもできます。
ここにこんな模様があるとか、こんな色をしているなど、目に見える特徴を描いていました。
11dsc_3977
完成したらみんなで集合写真です。
お気に入りのページを見せたり表紙を見せたり、子どもにより様々です。
でも全員上手に描けていたので、全部のページを写真に撮りたいくらいでした!
写真を撮った後は捕まえたいきものを逃がしました。

図鑑が完成したら終わりではなく、第二のミッションが今日はあります。
第二のミッションは「たき火をおぼえているかな?」です。
12dsc_3991
たき火に必要なものをおさらいしてから森の中へ。
拾ってくるものは、スギの葉・細い枝・太い枝の3種類。
たき火台2台分なので結構な量を拾いました。長い枝はたき火台に入るくらいに、その場で短くしました。
「思いっきり枝を折ろうと踏んづけたら足が痛くなった~(笑)」と言っている子も。みんなたき火が好きなので、ちょっとテンションが上がっていました。
13dsc_3997
「私は仕分けする係なの」といって、持ってきた枝やスギの葉を仕分けていました。
「これはちょっと濡れてる」とか「これって太いよね?」など、結構シビアな評価をしていました。
14p6095241
始まりから結構がやがやしていたくぬぎ隊でしたが、たき火の時はちょっと静かになっていました。
みんな集中してたき火をしていました。
準備ができたら体調にマッチをもらい来るシステムにしており、OKをもらったらマッチがもらえるというものです。
「隊長マッチちょうだい!!」といわれたので確認すると、柴の予備が用意されておりません。なので、これではあげられないなぁというと、「わかった!枝がたき火台から少し出ている!」「周りが汚い!」と自分達で色々とダメな場所を見つけてくれました。「周りが汚い」と言って枝を片付け始めていたので「逆!逆!」と言うと、少し考えてから「予備だ!」と自分達で答えに行き着きました!
モリイコ!で何度もたき火を経験しているので、徐々に身に付いているのが窺えるのは、隊長としてもとても喜ばしいです。

そしておこしたたき火を使っておやつ作りです。
今日のおやつは、バニラアイスに焼きリンゴをのせて食べました。
焼きリンゴは下の写真のように作ります。
15dsc_4030
アルミホイルにバターと砂糖とリンゴを包んで、たき火台にポイッ。4~5分後には良い感じの焼きリンゴの出来上がりです。
作る前は「本当においしいの?」「うわ、まずそう」など好き放題言っていましたが、食べてみると美味しかったようです。
16zds_9601
「うわ、まずそう」と言っていた張本人は余程気に入ったのか、「次のモリイコもこれで!」と言っていました(笑)
焼きリンゴはあまり食べる機会もないので味の想像が出来ずにいたのでしょうが、実際に食べておいしかったから撤回したのでしょうね。おいしかったようで何よりです!

次回のモリイコ!Sくぬぎ隊は6月30日(日)です。
お昼ごはんをつくるのでお弁当はいりません。たき火を使って調理するのでお父さんお母さんに説明しながら、しっかりとたき火の復習をしておいてくださいね。
梅雨が開けてさらに暑くなっているのか、梅雨の最中でじめじめしているのかはわかりませんが、体調に気を付けて次回も元気いっぱいに来てください。

もちづき

| | コメント (0)

2019年5月 5日 (日)

モリイコ!Sくぬぎ隊 第1回目

昨日に引き続きとても良い天気になりましたね。ちょっと暑くて体力をもってかれそうでしたが、子ども達は元気に走り回っていました!

9時頃に受付に来てもらったので、早く来た子は暇かな?とも思ったのですが、大丈夫そうでした。
なぜならいきものつかみに出かけたから。
01_1
暖かくなった森にはたくさんのいきものがでてきます。カナヘビにカエル。冬眠していた子たちがどんどん姿を見せてきて、とてもにぎやかな森になっています。
そんなこんなで、全員集合!レクチャールームでモリイコ!Sスタートです。

初めに、隊長達の自己紹介をしました。その後にモリイコ隊員の心構えを確認。全員一度は聞いたことあるのですが、4つもあるのでなかなか覚えているのは難しい。
しかし、くぬぎ隊の面々は、4つとも全て言えていました。
人やいきものが嫌がることはしない、あいさつをする、仲良くミッションをクリアする、隊長の言うことを守る。この4つを守ることで、楽しいモリイコ!の時間が過ごすことができるのです。

さて、心構えを再確認したところでいよいよ自己紹介タイムです!
「小さい子からがいい!」とか「大きい子からがいい!」とかで決まりそうになかったので、一番に来た子から自己紹介をしました。
「え~!?オレじゃん!!」とすごく良いリアクションをしてくれました。
全員の自己紹介が終わったら、全員で森たんけんに行きました。冒頭にも書いたように、今の時期はたくさんのいきものがいるので、何に出会えるか楽しみです。
02_1
こちらはカラスノエンドウの豆です。別名ピーピー豆。
「豆だけ集める!」と言って豆をたくさん集めていました。以前隊長はカラスノエンドウを天ぷらで食べました。それ以来「カラスノエンドウの豆ってどんな味がするんだろう?」と気になっていたので、遂に生で食べてみました。お味は意外といけました。もっとえぐいのかなと思ったのですが、思いの外「豆」でした。
隊員たちも食べている子がいましたが、「辛い!」とか「メロンの味がする」とか言っていました(笑)

03_1
こちらはピーピー豆の笛に挑戦。中身の豆を取り出して口にくわえて息を吹くとなるのですが、とても難しい…
大人でもなかなかならせないし、できたての豆だったのでまだ膨らみ具合が足りていなかったのかも知れないですね。

森の中に入っていくと、地面にでている根っこを発見。
04_1
「トランポリン!」と言って根っこからジャンプをしました。
みんな続いてジャンプするのですが、根っこは意外と頑丈だったのでちぎれたりしませんでした。自然ってすごい。そして、何ででも遊べてしまう子どもってもっとすごい!

そして今日はとても暑かったので水辺で一旦お茶休憩。
05_1
ほっとしたいのですが、やはり先に行きたい子はうずうず。
捕まえていたカナヘビをいじったり、水辺の方に行ったりとなかなか休みません。それでもガマンしてベンチの近くにいてくれるのは助かりますね。
そうそう。水辺と森の中でオオスズメバチの女王に出会いました。久しぶりに出会ったせいかちょっとビックリしましたが、全員じっとできていたので、しっかりとスズメバチに出会ったときの対処をできていました!
ちなみに、今の時期は巣を作ることに集中しているので、余程の事がない限り襲ってくることはないので、他の場所で出会ってもじっとしていてくださいね。
07_1
森の中にはタンポポやハルジオンなどの春の花がたくさんです。
カラフルな森は視覚的にも楽しいですね。
そして、右手の草は「ヤエムグラ」というひっつきむし。こいつは他のひっつきむしに比べるとはがしやすいので比較的かわいいやつです。アレチヌスビトハギとかはすごくいやです…
06_1
タンポポは花だけでなく、綿毛もありました。ふーっと息を吹くとふわふわ~っと飛んで行きます。しかし、中には強情な綿毛もあってなかなか飛んで行きませんでした。

午前中は森たんけんだけで終了。1時間半ほどのたんけんもあっという間に終わってしまいました。
暑い中行ったのでちょっと疲れましたが、お茶がすごくおいしく感じました!
お昼ご飯はくさはら広場で食べました!風が通るのでそんなに暑く感じなかったです。お昼休みは鬼ごっこをしていた子もいたので、「午後に体力を残しておくこと」をルールに遊んでもらいました。

午後からは初ミッションです。
見つけた子は「オレはじめて見つけた!」と大喜びでした。肝心のミッションは「よもぎもちをつくろう!」です。

まずはよもぎもちの段取りを確認です。
大きく分けて行程は3つ。1、ヨモギを摘む。2、竹のお皿を作る。3、おもちを作る。

ヨモギを摘みに行く前に、お皿の作り方をレクチャー。
久しぶりのノコギリです。刃の出し方から初め、切り方、そしてお皿の作り方を教えました。
08_1
ノコギリはみんな使ったことがあるので、悪い見本を見せてもちゃんと訂正できていました!ケガなく使えそうですね!
お皿の作り方を教わったら、ヨモギを摘みに行きます。
09_1
くさはら広場にはヨモギがたくさん生えています。また、河辺いきものの森は農薬などは使わずに全て人が刈っています。なので、安心して食べる事ができるんですよ!
ちなみに、ヨモギの裏は白いのが特徴です。「これヨモギ?」と確認しながら、ザルに入れていってくれました。

ヨモギが摘めたら今度はお皿作りです。
10_1
二人一組になって竹を切り、ナタで半分に割ればだいたい完成。仕上げに養生テープで中の皮をはがせば完成です。
11_1
摘んできたヨモギは3班に分かれて選別をします。
ここで手を抜くと、名前も分からないような雑草が入ったり、アブラムシがたくさんついたヨモギを食べる事になります。え?アブラムシ!?と思うかもしれませんが、おいしい植物には虫はつきもの。むしろ、このヨモギはおいしいんだなと思った方が、気分的にお得かも知れませんね。
12_1
なぜ背比べ?と思うかもしれませんが、とある仕事をするために背比べをしました。
その仕事とは、さきほどの選別したヨモギを茹でる仕事です。各班一人お湯をはった鍋にヨモギをいれるのですが、「背の高い子の方がいいかな?」と言ったら写真の状況に。
3人ともだいたい一緒だったので、結局じゃんけんで決まりました。
13_1
茹でていくと、どんどんヨモギの香りが部屋に広がります。どんどん色が濃くなるヨモギを見て、何を思ったのでしょうか?おいしいそう
と思ってくれたらいいなぁ。

茹でた後は細かく包丁で切るのですが、ヨモギは繊維質なため隊長が包丁で切りました。その間する事がなかったのでヨモギについて色々話していました。最後の方に、「ヨモギ汁は体にいいんだよ」と言ったら「飲みたい!」と言われてしまいました。「残念ながら流してしまいました~」と返したら、「そんな話したら飲みたくなるに決まってるやん!とっといてや!」と怒られてしまいました(笑)
そこまで気が回らなかった…反省です。

15_1  
そんな話をしている内に細かくなったヨモギが登場。
すり鉢とすりこぎでみんなでごりごり小さくしていきます。どうしてすりつぶすのかというと、あとで餅米と一緒に混ぜるので、小さくしていた方が混ざりやすいんですね。
ヨモギをすりつぶすのと同時にもう一つお仕事が。
14_1
あんこを20gずつに分けてもらいました。今回はよもぎ餅を予備含めて30コ作る予定なので、男女両チームあんこを15コわけてもらいました。
「20gぴったりは難しいから22gとかでもいいよ。」というと、「23は?」と聞かれたので、「22が限界かな?」と返すと、「じゃあ22gにしよ!」と。なかなか賢い子がいるなぁ。多く食べたいなら正しい判断ですね!
16_1
餅米が蒸せたので餅つき機に入れます。ただ、入れる前に餅米を試食。「おいしい~」という感想が聞こえました。
そして、餅米とすりつぶしたヨモギを少しずつ混ぜていきます。大きな塊のヨモギを入れてしまうと上手に混ざらないので少しずつ入れていきました。
「どんどん緑になってく~」とみていると面白いです。しかし、一旦ふたをしてつきました。その間に一応手を洗ってきてもらいました。
そしてここでアクシデント発生!
「あれ?おもちは?」「おもちがなくなってる!!?」という声が聞こえました。「ふたをした餅つき機から餅がなくなるわけないだろ」と思いながら確認すると、本当になくなっていました。
なんと、お餅が全部混ぜ機の下に潜り込んでしまっていました。最初は驚きましたが仕掛けが分かってしまえばなんてことない。一つ言えることは掃除が大変(泣)ということだけです。
みんなの取り分がなくならないでよかったと一安心です!

17_1
そんなアクシデントもありましたが、なんとかおおもち作りに入ることが出来ました。
隊長が一度見本を見せた後に自分達の分を作ります。自分のが作れたら予備のおもちを作ってもらいました。
そして作ったおもちは竹のお皿にのせて半分完成。
どうして半分なのかというと、仕上げにモミジの葉っぱを添えます。これを添えるだけで、ただのよもぎもちからちょっと高級に見えるよもぎもちになるのです。
モミジを取りに行くときに、「モミジじゃないとダメなの?」といわれたので「何でもいいよ」というと、思い思いの葉っぱや花を集めていました。ただ、取りすぎると大変なので「一人5枚まで」と決めました。

取ってきた葉や花を添えて完成!
18_1
最後はみんなで記念撮影です。
どの子もおいしそうにできています。そして食べているところに突然のインタビュアーが!「おいしいですか?」の質問に、「おいしい」とか「はい、おいしいです」とか、首をこくんとしたりなど様々な対応を見せてくれました。
自分たちでつくったよもぎもちは美味しかったことでしょう。春の森をたんけんで楽しんだ後に、春の森を味わったのだから贅沢な一日を過ごせたかなと思います。

次回のモリイコ!Sくぬぎ隊は、6月9日(日)です。今日ですでに30度に達したので、次回はもっと暑いかもしれません。ちょっと暑さに慣らしておいてくれると隊長としても助かります。
それでは、次回も楽しみにまっています!

もちづき

| | コメント (0)

2019年5月 4日 (土)

モリイコ!Sあべまき隊 第1回目

2019年度もモリイコ!が始まりました。
最初の活動はSのあべまき隊です。今日はとても良い天気でしたね。お昼ごろには事務所の外にかかっている温度計が30度を示していました。
そりゃあ暑いわけだ。

まず最初に、隊長たちの自己紹介とモリイコ隊員の心構えを確認しました。
それらが終わった後には、みんなに自己紹介をしてもらいました。

そして自己紹介の後はいよいよ森たんけんです。
一回目は午前中はずっとたんけんです。「え?たんけんしかしないの?」と思われるかもしれませんが、子どもたちはたくさんの発見をするので、これでも時間が足りないくらいでした。
01
センターを出てすぐにいきもの探しが始まりました。
上の写真はカナヘビを捕まえたところです。今日は何匹捕まえられるかな?
02
手を伸ばして取っているのは、小さなカタツムリ。
枝にひっついているのを見つけました。さすがはSの隊員、目が森に慣れています。
このセンター前だけでもだいたい10分はいきもの探しをしていました。色んな所に出てくるので見ているだけでも楽しいです。
そしてくさはら広場へ向かいます。
03
くさはら広場にはみんな大好きシェルターがあります。
上に登っても良し、下で休んでも良し。上に登った子は、下に向かって帽子や落ち葉を落としたり、下にいる子はそれを拾って投げ返したり。子どもたちはすぐに面白い遊びを思いつくのでいいですね。
また、シェルターの下に潜んで写真をとってもバレてしまいます。結構しっかりと下を見ているんだなと思いました。
ちなみに、シェルター付近にもカナヘビは大量にいました。楽しい時期が来ましたね。
04
こちらは「丸太のベット!」といって寝そべりました。感想は「痛い」とのこと。
ちなみにこの丸太は、年明けから4月までの間に伐った木です。萌芽更新と言って、詳しくは省きますが、木を伐ることによって森が若返ることができます。隊長たちや遊林会のボランティアさんががんばってこのエリアの萌芽更新を行いました。今日来た隊員の中にも、萌芽更新を手伝ってくれた子がいますので、ぜひみなさんも作業日の第二土曜日は河辺いきものの森に足を運んでくださいね。詳しくは遊林会HPかTELください。
05
どこにでもいるカナヘビは、子どもたちのアイドル的存在。そのため、「ほらほら。顔に乗せた!」と言って見せてくれました。私は耳をかませるのが限界かなぁ。顔には乗せられるけど…って感じです。
06
こちらはカエルを捕まえたところ。実はこのカエルを捕まえるのに10分程格闘していました。
でも諦めずに最後まで頑張ったので、カエルを捕まえることができました!諦めてしまいそうなのに諦めなかったのは本当にすごいと思います!
07
そんな格闘をしている間、前を歩く組はアオキの葉で草笛をしていました。
この時期のアオキの若葉は柔らかく、草笛にもってこいです。なので、みんなすぐに草笛をマスターしていました。
草笛は「ブーブー」いうので、「隊長のおならくさい~笑」などとなるのはまぁ当然ですね笑
でもみんな楽しそうだったので今回は良しとしておこう。
08
こちらは、森に1本しか生えていないヤマツツジの蜜を吸っているところ。
私も小さい時は、マンションの花壇のツツジの蜜を吸ったことがありますが、ヤマツツジは吸ったこと無いなぁと思いました。どんな味がするんだろう?今度吸ってみようかな?

たんけんが終わったらお昼ご飯です。
お昼はシェルターの上の小さな日陰で食べました。
ちなみに、シェルターからの風景はこんな感じです。
09
今はとても新緑が綺麗なので、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

午後は初ミッションです。ミッションはなんと!
10
「よもぎもちをつくろう!」です。
実際に森に生えているヨモギを使って、よもぎもちを作ります。
この森は、農薬などは一切使わず、草刈りも手刈りか機会がりなので安心です。なので、自宅の近くのヨモギで作るさいは農薬などが使われていないか確認してからにしてくださいね。

早速ヨモギを摘みに行こう…の前に、よもぎもちの作り方を確認しました。
全員に一枚ずつ工程の紙を渡し、どういった順番でするのがいいのかを決めました。
おおまかに3つで説明すると、1つ目はヨモギを摘む、2つ目は竹でお皿を作る、3つ目はおもちを作る、です。

ということで、今度こそくさはら広場に出発です。
11
「ヨモギを摘む時は上の部分だけとってね」という隊長との約束を守って、みんな上の部分だけ取ってくれました。
どうして上の部分だけなのか?それは、上の部分だけならヨモギは成長して、また新たに葉をつけるからです。

そして次はモミジを取りに行きました。
このモミジは、お皿に添えることにより高級感をだすためのものです。
しかし、隊長はすっかり忘れていて帰ろうとしたところ、「あれ?モミジは?」と教えてもらって慌てて取りに行きました。
12
あの一言がなかったら、本当に危なかった…ありがとう!

次はお皿作りです。
2~3人で竹を切ってそれを割るだけです。
13
上級生が下級生の面倒を自然に見てくれていたので、隊長はとても助かりました。
こうやって自然に面倒を見てくれるのは、「さすがS!」といったところです。面倒見がいい子が多いので、隊長たちは本当に助かっています。
お皿ができたら次はヨモギの選別です。
14
ヨモギ以外の葉っぱや虫付きのヨモギなど、よもぎもちに使えないものははじきます。使えるものだけザルに入れて、後は新聞紙に置いといて最後に森に返します。
一番面倒くさくてつまらない作業かもしれないですが、いちばん大事な作業です。虫入りのおもちになるかならないかはここにかかっています。
選別が終わったら水洗いをして茹でます。そして茹で終わったら包丁で細く切ります。包丁は隊長がやって、みんなにはすりこぎで更に細かくしてもらいました。
15
一人が潰している時は一人が持つ。それを順番にしていてしっかりしていました。
そして手の空いている人がいたので、あんこを20gずつに分けてもらいました。

細かくなったヨモギは、もち米と一緒に餅つき域のなかに入れていきます。
だいたい15分ほどしたらお餅の完成。今回のおもちはとてもやわらかく、すぐに手にくっついてしまったので大変でした。
16
でも、みんな自分であんこをつつむことができたので良かったです。
できたお餅は竹のお皿においてモミジを添えて完成!

食べる時はみんなで外で食べました。
「いただきまーす!」
17
おいしそうに食べていました。
感想が聞こえてこないので聞きに行くと、「おいしい!」「うん、おいしい」とばっちりな出来でした。
自分で一から作ったものは美味しいものですよね。

一つは自分たちで食べて、一つはみなさんの手元に行ったと思います。
お味はどうでしたでしょうか?おいしかったらいいなと思います。
私も食べましたが、とても美味しかったです。ほのかにヨモギの香りがしました!

次回の活動は6月1日(土)です。
今日でさえ夏日だったので、次回はもっと暑いはず。タオルと着替えは忘れないようにしてくださいね。
それでは、来月もまた会いましょう!

もちづき

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

2014年度 Sあべまき隊 2014年度 Sくぬぎ隊 2014年度 あらかし隊 2014年度 こなら隊 2014年度 ならがしわ隊 2014年度 モリイコ! 2015年度 Sあべまき隊 2015年度 Sくぬぎ隊 2015年度 あらかし隊 2015年度 こなら隊 2015年度 ならがしわ隊 2015年度 モリイコ! 2016年度 Sあべまき隊 2016年度 Sくぬぎ隊 2016年度 あらかし隊 2016年度 こなら隊 2016年度 ならがしわ隊 2016年度 モリイコ! 2017年度 Sあべまき隊 2017年度 Sくぬぎ隊 2017年度 あらかし隊 2017年度 こなら隊 2017年度 ならがしわ隊 2017年度 モリイコ! 2018年モリイコ!S 2018年度 Sあべまき隊 2018年度 Sくぬぎ隊 2018年度 あらかし隊 2018年度 こなら隊 2018年度 ならがしわ隊 2018年度 モリイコ! 2019年度 Sあべまき隊 2019年度 Sくぬぎ隊 2019年度 あらかし隊 2019年度 こなら隊 2019年度 ならがしわ隊 H23年度 あかねずみの日 H23年度 あらかし隊 H23年度 くぬぎ隊 H23年度 こなら隊 H23年度 ならがしわ隊 H23年度 モリイコ! H24年度 Sあべまき隊 H24年度 Sくぬぎ隊 H24年度 あらかし隊 H24年度 こなら隊 H24年度 ならがしわ隊 H24年度 モリイコ! H24年度 モリイコ!S H24年度 あかねずみの日 H25年度 Sあべまき隊 H25年度 Sくぬぎ隊 H25年度 あらかし隊 H25年度 こなら隊 H25年度 ならがしわ隊 H25年度 モリイコ!