H25年度 Sあべまき隊

2014年2月 1日 (土)

モリイコ!S あべまき隊 10回目

2月とは思えないくらい、あたたかく晴天に恵まれた今日、モリイコ!Sあべまき隊の10回目、最終回の活動が行われました。
今日は、モリイコ!Sで一年間してきたことを『誰かに伝えよう』ということで、隊員の家族を招待して行いました。

家族と一緒に活動するのは初めてなので、最初はゲームを行いました。

01dsc_2102 「木の中のリス」というゲームを森っぽくアレンジして、「木の中のアカネズミとキツネといずみ隊長…」長いゲーム名になってしまいました。声を出したり、体をうごかしたりできるので、「暑くなった」という子もいました。

ゲームで緊張をほぐしたら、次は班にわかれて「森たんけん」へでかけました。

02p2015963

モリイコ隊員は、今日は「隊長!」で、私たち隊長は「デカ隊長」。隊長が家族の人を案内しながら、3つのチャレンジに挑戦しました。

04dsc_2125

こちらはチャレンジのひとつ、パチンコです。パチンコのやり方は隊長が教えてくれていました。お父さんたちは、子どもの頃に遊んでいたのかな、上手に的に命中させていました!

チャレンジの中に、ミッション探しもあり、無事どの班もミッションを見つけることができたので、パズルのようになったミッションをつなぎあわせると…
「バウムクーヘンをつくろう!」と出てきました。

バウムクーヘンを作るためには、生地を焼く竹が必要です。
先月の9回目に森から切ってきた竹を使いました。

05dsc_9259

森案内の後は、ノコギリの指導が隊長のお仕事。
家族の人が手をきらないように、「このあたりを切ってください。」

07dsc_2147

「しっかりおさえて、ノコギリの刃を全部うごかして切ったらいいよ」
「見てて!」と家族の人ではなく隊長自ら切ってくれている班もありました。

竹がきれたら、節抜きです。08p2011839

節抜きをせずに、竹を火にのせると、竹の節の間にある空気があたたかさで膨らんできて、爆発します。バウムクーヘンを焼いている最中に、そんなことになったら、大変!鉄の棒を使って、節抜きを行いました。

この後は、隊長と家族の人は別々の作業を行いました。

10p2011162

まず隊長たちは、たき火のやり方の説明を練習です。
話すだけでなく、実際に行って説明することも、くりかえし練習していました。

11dsc_9295

そして家族の人たちには、バウムクーヘンの竹の油抜きをしてもらいました。
竹を火であぶっていると表面から水分や油が浮き出てきます。それを雑巾でふきとって油抜き完了です。

お昼ごはんの時間には、部屋の中より外にいる方があたたかく感じられるほどで、予定していた部屋の中での食事ではなく、みんなで青空の下お弁当を、今日もおいしくいただきました。

お昼からは、バウムクーヘンを焼いていきます。
バウムクーヘンを焼くためには、たき火をおこさないといけないのですが、家族の人はたき火のやり方を知らない人もいるため、隊長たちに「葉っぱと枝の準備について」「マッチのすり方について」「火を大きくしていく方法について」を説明してもらいました。

12p2011871

9回目に練習していたときは、みんな緊張していたのですが、今日は家族の人の前でも堂々と説明をしていました。すごい!

説明が終わったら、実際にやってみます。

13p2011174_2

隊長の説明がよかったのか、どの班もあっという間に火がつきました。

14dsc_9409

うぉー! うちわ名人の隊長さん、さすが上手です!

無事にたき火がおこせて、炭を入れられたら、生地を作り焼いていきます。

最初に竹に塗りつけるときが、重要でゆっくりとそしてしっかり焼きます。
その後、「今、2歳」「今、小学2年生」と年輪を増やし(生地をかける回数)、約1時間くらい焼き続けました。

バウムクーヘンを焼いている最中は、子どもも大人もみんな楽しそう♪

15p2011925

16dsc_2115

焼きあがったバウムクーヘンは、こちら!

17p2011200

18p2019990

19p2019995

20dsc_9491

21p2010004

どれも美味しそう~!

22dsc_9512

ノコギリとナタを使って竹から取り出したバウムクーヘンを、班の人の数にきりわけて、いただきます!

23dsc_9523

お味はどうだったかな???

家族の人も、森たんけんから、バウムクーヘンまで、楽しそうにされている姿がたくさん見られました。みなさんが、「参加してよかったな~」と思ってもらえていたら、嬉しいです。

24dsc_9544

最後に、このモリイコ!Sの一年間の活動の様子を写真とともにふりかえりました。

自分でつかんだ虫をじっくり観察したり、夜の森をたんけんしたり、たき火台を使わず地面の上でたき火を行ったり…10回とも、盛りだくさんな活動だったなぁと、デカ隊長自身、ふりかえってみて思います。
そして、10回中、7回もたき火を行ったのですが、たき火はいつも何かを食べるためにつけていました。ということは、ほぼ毎回、何かを作って食べていたんですね。今年は「食べた」記憶も多い活動だったかもしれませんね。

ふりかえりの時も言ったのですが、モリイコ!の子どもたちのすごいところは、実際に「やったことがある」そして「できる」という自信をもっていることだと思います。

例えば、みんなが大好きなカナヘビでも、カナヘビを見つけることができて(どういった場所にいるか知っている)、つかむことができる、そしてつかんだ後もカナヘビが苦しくない持ち方もできる、多分、全員ができるんじゃないかなと思います。これは、一度だけでなく、何度も森に来て、カナヘビを見て、カナヘビをつかんでいる子を見て、つかめるかやってみて…そういった積み重ねがあってこそ。
他にも、もっとみんなのすごいところはあるのですが、書き出すときりがないのでこの変で。

今日で活動は最後になるのですが、今日でもう、森も終わり!ではなく、ぜひまた森に来て、カナヘビつかんだり、たき火したり、ノコギリ使ったりしに来てください!そしてぜひ、一緒に来ている家族や友だちなどに、やり方を今日みたいに教えてあげてくれると嬉しいです。
森以外の場所でも、森で身に付けた「森力」を発揮できるところがあれば、存分に発揮してください!

今年も、大きなケガもなく1年間活動ができて、そしてみんなのがんばっている姿、とびきりの笑顔を何度も見ることができ、本当に良かったです。
1年間、どうもありがとうございました! yoshi

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年1月12日 (日)

モリイコ!S あべまき隊 9回目

あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いします。

モリイコ!2014年の始まりは、あべまき隊からです!

来月10回目の活動にむけての準備が、今回の大きなミッションでした。

01dsc_2019↑今日のミッションは、竹筒に入っています。モリイコSの子どもたちは、ノコギリの使い方はよく知っているのですが、10回目には、隊員の家族にその使い方を説明しないといけないので、まずは隊長の説明をしっかり聞きます。

説明を聞いた後は、実際にノコギリを使いながら、使い方を確認します。

03dsc_7847↑切る竹をしっかりおさえるのが大切!もちろんおさえる場所も!そして、竹はすべりやすいので、はじめは細かく動かして溝をつけて、そのあとはノコギリを大きく動かして・・・

いつもより、ゆっくり丁寧にノコギリを使っていました。

04p1129896↑切った竹筒から、ミッションが出てきます。なんて書いてあるのかな~?

一つ目のミッションは、森に生えている竹をきりにいこう!でした。

05p1129910↑作業小屋で、竹をなんできるのか?の話をした後、竹林へ移動し、竹をどこの高さできったらいいのか、どっちむきに倒したらいいのかを話して、2人~3人組みになり、それぞれ1本ずつきりました。

06p1129928↑班で協力して、ノコギリの刃が入りやすいように、倒したいほうにおさえてあげます。

07dsc_2070↑きりたおしたら、また協力して竹を運び出します。重たいのですが力持ちの子どもたちは、本当に2人きりで運んでくれました!

運び終えた竹は、枝をはらって1本の長い竹にしてしまいます。
はらった枝は、燃やしてしまうのですが、こんな使い方もできます。

08p1129234↑魔法使いさん☆

全員が、枝をはらえたら、竹の根元の部分は、10回目の活動に使うため束ねておきます。そして今日は、先の細い部分を使って工作をおこないました。

09p1129973↑今日の工作は、自分たちできった竹で、竹鉄砲をつくりました。いつもは竹をわるときに、ナタを使うことが多いのですが、今日はナイフでわりました。ノコギリとナイフをつかえば、けっこういろいろなものが作れるんです!

10dsc_2130↑鉄砲の矢を作成中。矢の部分、ナイフでほそく削るのは子どもたちにとって、難しいかなと思っていたのですが、何度も使ってきている成果でしょうか、みんな上手に仕上げていました。

11p1129991↑鉄砲がつくれたら、的を作成中。
この鉄砲は、矢の先にやわらかい実をさして飛ばすだけでなく、お家では、ご飯の準備で使わなかった野菜の先などを飛ばして遊ぶことができます。今日は、部屋の中で飛ばすときは、サツマイモのヘタ部分を使い遊びました。

午後からは、森の中にいき、森の実をつかって、鉄砲やパチンコで的あてをして遊びました。

12p1120015

↑こちら、自作の竹鉄砲!アオキの赤い実を使って、的を狙います!

13dsc_2041↑こちらは、パチンコ!いつものドングリ以外にも、今日は松ぼっくりやドングリの帽子、森のスーパーボールなどを弾にして、飛ばしていました。パチンコの的は、森にある防火水槽のドラム缶や、竹、太い木など、歩きながら探して、狙いました!

1月ですが、たくさんの実を見ることができ、的あてより、実探しに熱中している子どももいました。

その後は、二つ目のミッション、10回目の準備をしよう!を行いました。

10回目には、ノコギリの使い方とたき火の仕方を、自分の家族や、ほかの友達の家族に教えてあげよう!ということで、今日はその練習として隊長が「素人さん」になり、こどもたちが「隊長さん」に入れ替わって、説明の練習をしました。

14p1120044↑「ノコギリを使うときには、このギザギザの部分が切れる場所なので、気をつけてもってね、そしてノコギリを閉めるときには、手に当たらないように両手で持ってしめてね」

こんな風に文字でかくと、こんなこと当たり前なこと!と思うかもしれませんが、けっこうできていない人が多いのです。こういった当たり前のことから、上手にきるコツまで、ちびっこ隊長たちは、いきいきしながら教えてくれました!

16dsc_7923↑こちらは、たきびの説明。ノコギリは個人で説明するのですが、たき火は説明する量がたくさんあるため、班でそれぞれのテーマにそって説明します。マッチの使い方についての説明では、実践して見せたほうがわかりやすいんじゃない?とシュミレーション中。

今日は、みんなの前で一度発表してみたのですが、みんなの前にたって説明するなんてことは、モリイコの中でも今までしてこなかったので、今まで元気に話していた子どもたちが、緊張でかたまってしまいました。見ている隊長たちまで緊張してしまいました。

うまく説明できる子もいれば、緊張でかたまってしまう子、いつも大きな声なのに、小さな声になってしまう子、こんなしっかりした声聞いたことない!というくらい堂々としていた子、いろいろな子がいました!

隊長たちも、子どもたちが前にたって説明するという場面に立ち会う機会が少なく、みんなと一緒にただ緊張することしかできなかったのですが、10回目はもう少し子どもたちが緊張しないで説明ができるような場をしっかりと作れるようにしようと思います。

17dsc_2086↑最後に、田中隊長オリジナルおやつをいただき、「今年もよろしく!」の乾杯をして終わりました。

今日も、内容盛りだくさんで、あっという間に終わってしまいましたが、残すはあと1回。

きっと楽しい回になるので、風邪などひかないようにして、元気にモリイコにきてくださいね!  yoshi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 1日 (日)

モリイコ!S あべまき隊 8回目

 12月に入りましたが、天気が良く活動のしやすい一日でした。

 今日のミッション探しは、隊長なしで子どもたちだけです!

01pc011113
 地図を持ってミッションのピースが入った木箱を探します。
02pc017947
 予定の道からそれて遠回りしていた班や、木箱をなかなか見つけられなかったりもしましたが、無事に全員ゴールのモミジの林まで辿り着くことができました。
 子どもたちは「簡単やった!」と余裕の表情。

03pc017951
 みんなの集めたピースを合わせてミッション解読
 今日のはじめのミッションは「ツルを退治してリースを作ろう」です。

 森の中で退治しているツルの説明を聞いて、ツルとりに行きした。

05pc011143 採ったツルで縄跳び!みんな上手に跳んでいました

 小屋にもどってリース作りに取りかかります。
 ツルを輪っかにしたら、マツボックリや木の枝、紙粘土で作った星などで飾り付けをしました。
 なにをいくつつけよう?と悩みながらみんな真剣に作っていました。

06pc017970

07dsc_6547
 お昼になっても「まだ作りたい!」と言っている子がたくさんいました。

 午後は、また新しいミッションにとりかかります。
 次は「フユイチゴジャムをつくろう!」
 森の中を探すとイチゴパラダイス!な場所を見つけることができましたが、食べる分だけ選りすぐって摘みました。

08pc011196 たまにつまみ食いをしては「あま~い!」「すっぱい!」

10dsc_6592_2 摘んだイチゴで隊長がジャムを作っている様子をみんなで見守ります。

 出来上がったジャムは、焼いたパンにつけて食べます。
 パンを焼くために、たき火もしました。たき火はこれまで何度も経験しているのでお手のもの。
 パンを焼く姿も決まってます!竹串も自分達で削りました。
 

11pc018015_2

12pc018019_2
 そのままだとちょっとすっぱみのあるフユイチゴなのでジャムにぴったりでほんとに美味しかったです。
 今日は自分たちで森から調達した材料で工作、おやつでした。

 次の活動は年明け!雪は降ってるのかな?
 風邪などひかずに元気に来てくださいね!

綿貫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 2日 (土)

モリイコ!S あべまき隊 7回目

 さて、深まる秋のなか、7回目のモリイコ!Sです。
今回は、たき火を極めよう!ということで、ミッションは「たき火マイスターへの道」です。
一人で様々なたき火に挑戦したり、ちょっとした火で遊ぶことをしてみたり。
午前中はかなりのミッションンに挑戦しました!

20131102_pb025828

 新聞紙だけでスギの割り木に火をつけるミッション。普段よりも簡単ですが、スギの葉がないときにたき火ができるようにと練習しました。

20131102_pb025881 こちらはキャンドルづくり。色のついたキャンドルを作ります。

20131102_pb025866

20131102_pb025798

 こちらは火吹き竹作り。ノコギリで竹をきるのですが、もうお手のものです。

20131102_pb025905_2 完成はこんな感じです!
20131102_dsc_0592

 
 こちらは竹とんぼづくり。火で羽を曲げます。曲げれば、ナイフで軸を削ります。

20131102_dsc_0554

 昼からは、マイスターへの道、最終版。これまではたき火台を使って、アスファルトの上でたき火をしていましたが、今回は、土の上でもたき火ができる=どこでも安全にたき火ができるようになる、なってほしい、いうことで初挑戦です。
まずは火事の心配がないように、燃えるものをどかす、地面を少し掘るなどの作業をします。これも、隊長が子どもたちに指示をだすのではなく、どうすれば安全にたき火ができるのか、子どもたちと相談しながら作っていきます。

 どんな意見がでるのか、少し心配でしたが、さすがモリイコ隊員。
燃えるものがあると危ない、火ばさみとうちわがほしい、石があった方がよい、水は準備しといたほうがいい、などなどてのチェック項目を子どもたちだけでクリアできました!
そうして、子どもたちが自主的に動き始めます。

20131102_dsc_4619

 重たいので、石は一輪車ではこびます。みんなでね。

20131102_dsc_0574

 ある班のたき火の準備です。あれしたら、これしたら、と言っていませんが、子どもたちだけでここまでできるようになっている(枝をわけている、バケツがすぐそこにある等)のがこれまでの成果ですね。ちょっとビックリです。

20131102_pb024537

 さて、いよいよたき火です。この班は4人で協力してたき火に挑戦です。午前中で作った火吹き竹も使います。
20131102_pb024544

20131102_dsc_0628

 頑張った後は、おやつのマシュマロサンドです。ただし、串は削る、お湯は竹で沸かす、マシュマロを作った火であぶる、というものです。そのまま袋から出てくるおやつとは、美味しさもその価値も、笑顔も違います。

20131102_pb024565_2 

 美味しく食べたあとは、大事な火の始末。うちわであおいだり、火吹き竹を使ってしっかりと燃やしきって、ほとんど灰にした状態で水をかけます。そしてまだ石が熱いので、さめるまで待ちます。

 さて、その待ち時間で森に探険へ。お昼の自由時間に森にいったので、どこに行きたい?と聞くと、くさはらでいきものをつかみたい班とサワガニをつかみたい班にわかれました。ので、そのまま隊長達と自由時間コース。
 写真はないのですが、サワガニ班はとっても大きなはさみのサワガニや、5mmほどの赤ちゃんサワガニを発見。くさはら班はクモの卵をあけて驚き&大喜びしたり、コオロギ、バッタ、カマキリなどいろんないきものを捕まえて楽しみました。

 さて、最後はたき火の始末です。水をかけて冷たくなったところに砂をかぶせて完全に消化する、使った石を元の場所に返す、など、最後まできっちりとやりとげることができました。

 これまでたき火は何回もしてきましたが、班で協力してつけることがほとんどでした。今回、一人で何回も挑戦できたので、これまでちょっと自信のなかった子でも、たき火に自信がついたと思います。

「これまでちょっと怖かったけど、もう大丈夫やわ」

と男の子がつぶやいていたそうです。
こんなちょっとしたつぶやきが、隊長にとって嬉しいことの1つです。
                                          出海

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年10月13日 (日)

モリイコ!S あべまき隊 6回目

 さて、深まる秋のなかでのモリイコ!S あべまき隊です。
今日はたくさん森に行くので、ミッション開けは新隊長「綿貫隊長」とドングリ回しで勝てたらミッション開封というルールです。

01pa133782 綿貫隊長、本気モードです!大人の実力を見せつけてます。それでも、同時に3人隊長に勝てたので、無事ミッション開封です。

02pa133816 本日のミッションは「Sラボ!秋の生き物を調べよう」です。ただ単に秋の虫をつかむのは面白くないので、新しい技で虫つかみに挑戦します。傘と、叩く棒を使って、木の上にいる虫を捕まえる方法です。ドングリ虫の親であるゾウムシを狙います!

03dsc_3749  こちらはカマキリ探し。木に擬態している茶色のハラビロカマキリを発見。茶色のハラビロカマキリはスタッフでもあまり見かけない希少種?なのです。

04pa134671 秋なので、ドングリはたくさん落ちてます。ドングリの中にドングリ虫がいるのは知っているので、中身をみよう!ということになりました。

じゃあ、どうする?

竹の棒でつぶしたらいいんちゃう?

よっしゃ、みんなで協力してやろ!

どんぐり地面に埋まる

というオチ付き写真です。

06pa133859

05dsc_3755

07pa133852 捕まえてからは、Sラボ!です。とりあえず、つかんできたいきものをじっくり観察します。
ゾウムシを実体顕微鏡でのぞいてみたり → 羽に毛生えてる!
じっくりと見て絵を描いてみたり → 何でカマキリはスベスベのケースを登っていけるの?など疑問はふくらみます。

08pa134718
 今日のお昼はセンター裏の芝生の上で。みんなでゴハンを食べながら雲の形をみんなで言い合いっこしました。魚やウサギ、ひよこ、恐竜、などなど。いろんな見方があるのをみんなで共有するのも楽しいですよね。

09pa134729_2

 昼からは、「たんけんカードを作ろう!」です。まずは他のチームに出すたんけんカードのネタを探しに行きます。午前中にゾウムシをしているので、穴あきドングリとかどうやろ、など早速今日学んだことをいかしてみます。

10pa133900

  そして、発見で見つけたものを、1.かんたんなもの 2.ちょっとむずかしいもの 3.むずかしいものにわけてたんけんシートを作っていきます。そのときはみんなで相談。

これは根っこドングリをみつけよう!というミッション。班で動くので、誰かが見つけるとクリア。見つけた証拠に写真とっといて~という写真です。

 12dsc_3790

そして、今日のおやつは森の焼き芋!探険に行く前にみんなで包んだやつです。
熾火ででじっくり焼いて、みんなで青空の下で食べる焼き芋は格別!

13dsc_3830 こちら終わった後です。保護者の方が迎えにくるまでは自由時間なのです。今日は最初にやったドングリ回し大会にしました。しかし、大会なので?ついついこれが盛り上がってしまいます。よくあるパターンですが、お迎えがきてもまだまだ遊びが続いていきます。自由に子どもたちが遊べる時間があってもいいよなぁと思う瞬間です。

                                                出海

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月31日 (土)

モリイコ!Sあべまき隊 5回目

天気が不安の中、あべまき隊の5回目の活動が始まりました。
まずは、ミッション探しです。蚊が多いので蚊取り線香を自分らでつけていざ出発!

01_dsc_2703
↑「カマキリみつけた!」
  今回はカマキリをあっちこっちで見かけたり、今年落ちたドングリを見つけました!

さて、今回のミッションは、「夜の森たんけんをしよう!」でした!
いきなり夜の森に探険に行くと迷ったりするので、歩くコースを決めて下見と目印を貼りに行きました。

02_dsc_2738
↑どこを歩くか相談中・・・

コースが決まったら、明るいうちにコースの下見です。

03_dsc_2740
↑「あれ?どっちやった?」

04_dsc_2743
↑「ここにしよう!」
  迷いそうな曲がり角に、夜でも光る印をはっていきます。

コースの下見が終わったら、今度は晩ごはんをみんなで作ります。
メニューはカレー!みんなで手分けして作りました!

05_p8311477
↑こちらはお米係 上手に研げたかな?

06_dsc_0309
↑こちらは野菜係 手を切らないように注意して!

07_dsc_2754
↑こちらはたき火係 火がないとごはんができないのでがんばって!

08_dsc_0325
↑お鍋を火にかけて炒めてからグツグツ煮込んで、「おいしいご飯になりますように」

ご飯ができたらみんなで「いただきます!」

09_
↑みんなで頑張ったご飯はどうだったかな?

ご飯を食べたあとは、夜の森たんけん!
提灯をもっていざ出発!

10_p8311525
↑ちょっと雨宿り・・・
  虫の鳴き声が聞こえたり、ホタルが光っているのを見つけたり、
  途中で雨が降ったりしましたが、なんとか夜の森を探険できました。

11_p8311538
↑夜の森はどんな感じだったかな?

「夜の森はこわかった・・・」という子もいましたが、みんなが一緒だったので探険することができたんじゃないかなと思います。
今回はいつもと違ってお昼から夜までの活動だったので、また違う森の顔を発見できたと思います。
次回の活動は9月です。
どんどん夏から秋に移っていく季節ですが、元気に来て下さいね!

SHINO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月28日 (日)

モリイコ!S あべまき隊 4回目

夏休みらしい好天の中、あべまき隊の第4回目の活動を行いました。

まずは森でミッションさがし!
今日はあまり行ったことがないコースを歩きましたが、さすがはモリイコ!Sのメンバー!隊長が教えるまでもなく、どんどん色んなものを発見していきます。

Dsc_0847
Dsc_0853_2
セミの抜け殻、たくさんの不思議なキノコ、色んな虫たち、、

発見をしすぎて、ミッションは見逃しそうになりましたが、隊長のヒントでさくっとミションも発見!

今回のミッションは「もりの すいぞくかんを つくろう!」です!!

水中の生き物をたくさんつかんで、きれいな水槽に移し、
ネイチャーセンターで展示しようというミッションです。

生き物をたくさんつかむには、アミだけじゃ難しいかと思うので、ペットボトルを使った「モンドリ」を午前中に作りました。

「モンドリ」とは、水中に設置して魚やカニなどを誘い込み、一度入ったら出られなくなってしまう仕掛けです。
今回はペットボトルを使って、1人1つずつの自分の仕掛けを作りました。

ペットボトルをカッターで切るのは、少し難しかったかな?Dsc_0899
さて、この仕掛けにはエサを入れないと効果がありません。

魚が大好きで、森で手に入るものと言えば…

そう、ミミズです!
エサもみんなで森の中に探しに行き、ゲットしてきました!Dsc_0951

ミミズ掘りの道中、なんとフクロウの羽発見!Dsc_0917
偶然の出会いが、プログラムに花を添えてくれます。


前日にハチの巣を撤去していたので、今日はハチの子というスペシャルエサも追加です。Dsc_0974
ミミズやハチの子を触るのをちょっとためらっていた隊員もいましたが、なんとかみんなの仕掛けが完成!
センター近くのハリヨ池に仕掛けに行きました。Dsc_1002
仕掛けていると、すぃーっと大きなコイが登場。
今はつかまえられないけど、後でチャレンジしよう!ということになりました!


ご飯の後は、みんなお待ちかねの生き物つかみです。
水着に着替えて、水辺に出発!!Dsc_2053
普段よりも少し水位を下げていたので、大きなザリガニがたくさん見つかりました。Dsc_2217
全身ずぶ濡れになることも、楽しみの一つですね!Dsc_2115

大きなアミも使ってみると、みんなだんだんと扱いが上手くなり、ひとすくいで魚やヤゴがピチピチとたくさん入るようになります。Dsc_1077

細い水路にも以外と生き物がたくさん!Dsc_1119


いろんな生き物をつかみまくった後は、気になるモンドリの回収です。
さぁ、一体何が入っているのか!?

ワクワクしながら引き上げましたが、、  あちゃー、何も入ってない!Dsc_1145
10個以上の仕掛けのうち、うまくいったのは数個だけでした。
しかたない、じゃあコイをつかまえるぞ!!Dsc_1155
みんなで囲い込んでみましたが、逃げ回るコイ、そして濁る水…
結局最後までコイを捕まることはできませんでしたが、コイ以外の大物をたくさんつかむことができました!

そして完成した展示がこちら。

Dsc_1176
水槽はいっぱいですが、みんなで本当にたくさんの生き物をつかんだので全部は入らず、逃がしたものもたくさんいます。

また、それ以外にも水槽には入れていない生き物がいます。
それは、アメリカザリガニなど、他の場所から持ち込まれて、他の生き物を食べてしまう生き物たちです。

生き物の駆除の話は少し難しいし、かわいそうにも感じてしまうことなのですが、モリイコ!のみんなには、それらを退治することをしっかりと伝えました。

そうして出来上がったこの水槽、次のモリイコ!Sの活動日の8/2(金)までネイチャーセンターに展示しています。
夏休み期間なので、森ではスペシャルクイズラリーをおこなっています。森に遊びに来るついでに、生き物たちの様子もぜひ見に来てくださいね!

それでは、次回の夜の森での活動もお楽しみに。
                                                      Kishi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月19日 (日)

モリイコ!S あべまき隊 2回目

朝はくもり空、昼からは大粒の雨が降り出した今日、モリイコ!Sの2回目の活動がありました。

まずは、ミッション探しに出かけました。
森を歩くのには気持ちのよい季節なので、森を大回りして、いろいろなものを見つけながら探しました。

01p5191009_2↑水辺に到着すると、空から黄色の物体がわんさか降ってきました!!
なんじゃこりゃ~??とみんなで手でキャッチしたり、帽子でキャッチしたり、水の上に浮いているものを見てみると、お花でした。
後ろに写っている、大きなムクノキの花だと思います。こんなにいっせいに、花が落ちてくるのは、隊長達もはじめて見た光景でした。

02p5191016_2↑この森には、セイタカタンポポという名のタンポポが咲いています。花が咲いた時点でも、背が高いのですが、綿毛になるときに、さらに背をのばします。
 誰が一番背の高い綿毛を探してこれるか選手権!一番長い子の綿毛は、60㎝以上ありました!!

他にも、イモムシや、毛虫、アワフキムシや、きれいなお花など、たくさんのものを見つけることができました。

さて、今日のミッションは、
「森の研究者~虫を調べて、何かひとつ新発見しよう!~」です。

午前中に、虫をつかみに行って、午後からつかんだ虫を研究(Sラボ!)します。
まずは、どんな研究方法があるのか説明。

今日の研究方法は、「観察しよう・はかってみよう・大きくしてみよう」です。

03p5190523↑虫つかみに行く前に、大きく見るとどんなふうに見えるのか?隊長達がつかんでおいた虫たちを、顕微鏡や拡大鏡で見てみます。普段は見えないたくさんの毛や模様が見えて、びっくりしていました!

そして、いよいよ虫つかみへ!

今日の虫つかみのルールは、基本手づかみ。つかんだ虫を入れる透明のカップは使ってもOK!網は、飛んでいる蝶やトンボをつかむときだけ!として、はじめました。

04dsc_5950↑はじめは、みんな網をふりたい(大物をゲットしたい)ので、網をふっていきものをつかむ子が多かったですが、そう上手には、つかめません・・・

05dsc_9810↑網で、チョウやトンボをつかまえたのは、数人でした。この子は、3年目のモリイコ!隊員。みんなが網使いを苦戦している中、チョウとトンボを2匹つかまえていました!!

04dsc_5929↑石の下をどけてみると・・・ ダンゴムシや、アリなどが見つかりました!

手でつかめるものは手でつかんで、つかむのがちょっと・・・と思うものは、透明なカップでパカッとはさんでつかまえました。

06dsc_6030↑森の中に入っていくと、木に大量のアリが!! 「さぁ、だれがこのアリの行列のなかに手をつっこむ?」 その会話までは聞いていたのですが、本当に手をつっこんだのかどうかは、わかりません。でも、いっぱいアリをつかんでいた子がいたなぁ・・・

一時間ほどのじかんでしたが、くさはらひろばと、森の中で虫つかみをして、小さなバッタ、イモムシ、黒い虫や、キラキラした虫、ケがたくさん生えている虫や、アリジゴク(ウスバカゲロウの幼虫)など、いろいろな虫をつかむことができました!!

お昼ごはんを食べ終え、次はつかまえた虫の研究です。
いつも話を聞いている、レクチャールームが、Sラボ!(モリイコ!S研究室)に変身!

白衣を着た博士たちに研究方法を教わりながら、自分達でつかんだ虫の研究を行いました。

07dsc_9831↑虫たちの体の形や模様をじっくりとみて、絵を描きました。 博士もびっくりするくらい真剣に虫たちを観察して、特徴をとらえていました。

08dsc_6114↑「はかってみよう」コーナーは、いろいろな道具を使います。大きさをはかるだけじゃなくって、ストップウォッチをつかって、シャクトリムシが10㎝動くのにどれだけの時間がかかるかはかってみたり、レーザーで虫たちの温度をはかったり・・・さまざまな「はかり方」ができました。
09dsc_9873↑顕微鏡で大きく見て気づいたことや、見えたものをSラボ!シートに記入しました。
普通では見えないような、足のとげや、羽の模様などが見えました。なかなかそれを言葉や絵で描くのは難しいようでしたが、たくさんの驚きと発見をしたのではないでしょうか。

10dsc_9879↑最後に、みんなと博士と、記念撮影。ちびっこ研究者がたくさんです!!

今日のミッションは無事終了。終了したのは14時すぎでした。この後は、おやつの時間。今日のおやつは、ウインナーでした。

ウインナーを美味しく食べるにはどうしたらいいかな?

子どもたちが意見をだしあった結果、「たき火であぶって食べよう」ということになりました。

まずは、たき火をつけなくてはいけません。いつもなら、ここで隊長から班の発表があり、じゃあ薪を拾いに行って、マッチつけて、炭を入れて・・・と指示が出るのですが、今日は隊長からの指示はでません。子どもたちが自分達で班を決めて、仕事を決めて、実際に行ってもらいました。

3年生のお兄ちゃんがその場を仕切ってくれて、隊長のサポートも受けながら、班をわけて、仕事を決めました。

11p5190587↑雨が降る中でしたが、薪拾いに行きました。子どもたちには、どんな種類の薪を拾うなどの話はしていなかったのですが、火付けにつかうスギ葉や、枝も細いものから太いものまでカゴいっぱいに集めていました。

12dsc_6160↑こちらは、ウインナーをあぶるときに使う竹串づくりチーム。女の子2人で、11人分の串を作ってくれました。

13dsc_6229↑葉っぱや枝がしけっていたり、拾ってきた枝の仕分けができていなかったりしたので、なかなか思うようには火がつきませんでした。なかなか火がつかなくって険悪な雰囲気を放つ班もあったのですが、早く火がついた班が、種火をわけてあげて、時間ぎりぎりでなんとかすべてのたき火台に火が着火しました。

14dsc_6286↑少しこげて、はじけたよ~ 

このウインナーは生食可のウインナーなので、火がつけられなかった場合は調理せずにそのまま食べようということになっていたのですが、やっぱり火を通した方がおいしいはず!火がついて、炭を投入したら、残りは10分!!大急ぎになってしまいましたが、みんなウインナーを焼いて食べることができました。

今日は、虫をつかむだけじゃなくって、つかんだ虫をもっとよく知る、知りたいと思うきっかけになったらいいなぁと、ちょっと難しいプログラムかなと思っていたのですが、子どもたちはみんなとっても楽しそうに虫たちと向き合っていて、もう少し研究の時間を長くしてもよかったのかな?なんて今更ながら、思っています。

次回は、6月。 季節がまた進み、今日見つけたバッタがまた大きくなっています。そして今日は見られなかった虫や、花も見られるかもしれません。次回も、元気いっぱいきてくださいね! yoshi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月27日 (土)

モリイコ!S あべまき隊 1回目

ゴールデンウィークの初日の今日、H25年度のモリイコ!も初日をむかえました!

まずは、モリイコ!経験者たちのモリイコ!Sあべまき隊からスタートです

今年のモリイコ!Sのメンバーは、去年もモリイコ!Sを経験している子ども、去年、モリイコ!を経験している子ども、一昨年、モリイコ!を経験している子どもが10人集まっています。

森の危険の話や、モリイコ!心構え、隊長の自己紹介をおさらいしたあとは、はじめてのメンバーも多いので、まずは名前のゲームを行い、子どもたち同士の自己紹介を行いました。

自己紹介が終わったら、さっそく森にでかけます!

03p4279895 ↑今日は、とってもいい天気で、青空の下の活動となりました。
ミッションを見つけたら、まずはシェルターの上に登り、ちょこっとクイズを行いました。

04p4279911 ↑シェルターから上を見上げた後は、地面にたくさん咲くタンポポのお花に注目しました。

タンポポの花を見ていると、その上にはピョンピョンと跳ねる、ちびバッタが!
05p4270398 ↑つかまえたよ! 1㎝にも満たない小さな赤ちゃんキリギリスが、くさはらにたくさんいます!子どもたちは、次々に発見して、つかまえていました

07p4270424 ↑森の奥に入っていったら、今度は、「あそこにいるぞ!みんなで囲めぇ!」の声が・・・

08 ↑やっぱり、今年も大人気!カナヘビです! カナヘビは、囲って追い込むとつかみやすいので、子どもたち同士が円になってカナヘビに迫っていっていました!!

今日、はじめて会った子も多いのですが、カナヘビや森の雰囲気のおかげで一気に仲良くなりました!

09p4270447 ↑森たんけんの中にも、少し考えるようなゲームも取り入れました。『みどりさんをさがせ!』といって、3色の緑色をさがすゲームです。
 その3色を色の明るい順からくらい順に並び替えるのですが、まずは一人で、次は二人で、最後は四人で行いました。
 どんな雰囲気になるかな・・・?と少し心配していましたが、子どもたち同士で、この葉っぱは明るいなぁとか、こっちのほうが濃いんじゃないか、など話し合って考えていました。

10p4279992

この、葉っぱさがしを通して、この季節の緑色の多さに気づいてくれたらいいなと思っているのですが、ちゃんと伝わっていたらうれしいです。

11p4270476 ↑今日は、天気も良いので、本当の森の中(くさはらや、水辺ではなく、上に木がたくさんある場所)でお昼ごはんを食べました!「ピクニックみたい♪」と、子どもたちも隊長もとっても楽しかったです。

お昼ごはんの後は、カナヘビやニホントカゲさがし、シートの上でお昼寝、など、のほほ~んとした時間を過ごすことが出来ました

お昼からは、新たなミッション、「よもぎ団子を作ってお家の人にもってかえろう!」です。

まずは、持ってかえるためのお皿と、よもぎ団子を刺す串作りをおこないました。

12p4270490 ↑竹のお皿をつくるために、ノコギリで竹をきります。ノコギリを大きくひくことや、しっかり押さえることも、上手にきるためのコツです!

13p4270533 ↑こちらは、串をつくるために、ナタで竹を割っているところ。ナタは危ないということをきっちりと説明し、子どもたちに使わせます。いくら説明したとしても、近くで見守る隊長は、ドキドキでした。割った竹は、ナイフを使い細くとがった串ができあがりました。上手に切る子、何度も手を切ってしまった子、いろいろいましたが、無事みんな作ることができました。

お皿と、串ができあがったら、今度はよもぎをつみにいきました。
森の中でも、まだ新しく柔らかい葉っぱが出ている場所で、よもぎの葉っぱの部分だけをつんで帰ってきました。

16dsc_4446 ↑つんできたよもぎのチェック!「この葉っぱ違う!」と、クサイチゴの葉っぱがまざっていることに気づいたり、「いきものはいないよね・・・」と、葉っぱの裏側までしっかりチェックしました。

17p4270061_2 ↑よもぎを茹でて、お水で冷やし、水を切り、包丁で細かく刻み、すり鉢でつぶす。全ての行程を子どもたちとおこないました。

モリイコ!の心構えで、「仲間と協力していろいろなミッションを行う」というのがあったのですが、子どもたち同士、協力し合って、今日のミッションはできた気がします。

18dsc_4474

18dsc_4478

よもぎ団子をこねているときは、手にくっついてベタベタしちゃいましたが、子どもたちはみんな楽しそうでした。やっぱり「食べる」ということと、「誰かのために」ということは、やる気がわいてくるのですね!

次回は5月、今日よりも森全体、緑色が濃くなっていて、草の花だけでなく、木の花などもたくさん見られるようになります。次回も、元気いっぱいできてくださいね! yoshi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

2014年度 Sあべまき隊 2014年度 Sくぬぎ隊 2014年度 あらかし隊 2014年度 こなら隊 2014年度 ならがしわ隊 2014年度 モリイコ! 2015年度 Sあべまき隊 2015年度 Sくぬぎ隊 2015年度 あらかし隊 2015年度 こなら隊 2015年度 ならがしわ隊 2015年度 モリイコ! 2016年度 Sあべまき隊 2016年度 Sくぬぎ隊 2016年度 あらかし隊 2016年度 こなら隊 2016年度 ならがしわ隊 2016年度 モリイコ! 2017年度 Sあべまき隊 2017年度 Sくぬぎ隊 2017年度 あらかし隊 2017年度 こなら隊 2017年度 ならがしわ隊 2017年度 モリイコ! 2018年モリイコ!S 2018年度 Sあべまき隊 2018年度 Sくぬぎ隊 2018年度 あらかし隊 2018年度 こなら隊 2018年度 ならがしわ隊 2018年度 モリイコ! 2019年度 Sあべまき隊 2019年度 Sくぬぎ隊 2019年度 あらかし隊 2019年度 こなら隊 2019年度 ならがしわ隊 H23年度 あかねずみの日 H23年度 あらかし隊 H23年度 くぬぎ隊 H23年度 こなら隊 H23年度 ならがしわ隊 H23年度 モリイコ! H24年度 Sあべまき隊 H24年度 Sくぬぎ隊 H24年度 あらかし隊 H24年度 こなら隊 H24年度 ならがしわ隊 H24年度 モリイコ! H24年度 モリイコ!S H24年度 あかねずみの日 H25年度 Sあべまき隊 H25年度 Sくぬぎ隊 H25年度 あらかし隊 H25年度 こなら隊 H25年度 ならがしわ隊 H25年度 モリイコ!